人気ブログランキング |

デジカメと引き寄せの宇宙

木の住まい取扱説明書 木の輝きはリッチの源!

日本の住まいを良くする無垢材研究会   木の案内舎ゲインのゴトウです


 朝から明るい日差しの中、ウォーキングをすると、実に気持ちが良いものです。10分も歩くと、ジワジワと汗が出始め、終わる頃になると、全身から汗が噴出してきて、シャワーを浴びても、容易に退きません。

 でもその代わりに味わえる爽快感は、何ともいえない。

 それに1ヶ月前に買い込んだ一枚690円のユニクロTシャツ、ローテーションで使い分けていますが、何回洗っても生地がヘタリません。肌触りの良好なので重宝しています。

 盆の間、ちょっと呑みすぎた酒を体から排出してしまえば、後は今年の4ヶ月間半を一気にやり切るだけです。やることは決まっています。しかも単純。


 宇宙自然の法則と一致する、または一致しているか確認しながらのゲインの事業には、一点の迷いもありません。

 実際にやっていることは、現実的な地道なことばかりです。でも今私がやっていること、やろうとしていることは、宇宙の意志とつながっているか、つながっているなら時空をワープ(正しい発音は、ウォープ)して、即結果を引き寄せるはずです。

 そんなときは、つながっていることが分かります。つながっているときは、私の心の中は、一種の真空状態の空間が広がっているのが分かります。そしてその空間は、閉じているのではなく、何かとんでもないところとつながっている。

 今年に入ってから、いろんな不思議な経験をしましたが、8月からはいよいよ迫真の不思議体験の連続です。


 下の写真は、右側が“水性ナチュラルホワイト”(2回塗り)の塗装面。石膏ボードに直接塗れます。水性なので乾きが早くて、夏場なら一日で2回可能でしょう。左側は“アラバスタねんど”。若干薄いベージュ色ですが、落ち着いた壁を演出します。

d0015306_1031410.jpg


 でもいまいち写りが良くない。5年間使ってきたデジカメ、キャノンのパワーショットで、ファインダーが独立しているので、重宝していたのですが、CCDが劣化してきたようで、どうやっても光を拾いません。ファインダーの部分落ちが頻発して、赤くなったり、暗くなったり、…。

 昨日から、買い替えのために近くのベスト電器やヤマダ電機で、実物をチェックしまくりました。やはり色味が良いのは、FINEPIXでした。F200EXRにするか、最近発売されたF70EXRにするか迷いましたが、結局F200EXRに決定。

 70の売りは、ボケ味ですが、実際に見ていると、フィルムカメラの広角レンズでできるボケ味以上ではありませんでした。強度を調整できますが、反って画質が汚くなって、私としてはダメでした。ボケ味の作り方は、望遠レンズが基本でしょう。

 CCD比も、200の方が安定しています。グリップ感は70の方がいいし、デザインもグッド。でも肝心の画質とノイズの抑えを考えるならば、やはり200の方が安心できそうです。
by MUKUZAIKENKYU | 2009-08-17 17:53 | リッチな人生
<< FINEPIXの写り具合と無農薬野菜 8月15日に想うこと >>