ゲインのヒノキ

日本の住まいを良くする無垢材研究会 
 
                     木の住まい案内舎ゲインのゴトウです


 
d0015306_1354464.jpg


 近く販売を開始する予定の、ゲイン特選のヒノキ。その原木です。

 一般の建材市場に流通しているヒノキと比べて、はるかに赤身が多く、また深い紅色(虹彩色)をしています。しかもここのヒノキは、ゆっくりと育つためもあって、年輪の幅が狭く密集しています。

 またここの産地の方々は、誰もが自然と森林を大切にされています。だから間伐材といって粗末に扱うことなく、集成のボードや家具の生産に振り向けているため、無駄なものがありません。

 桧の産地として有名な地域は、西から熊本(球磨)、東濃、美作、吉野、尾鷲、木曽などが挙げられます。


 その地域を走ると、桧の製材所がたくさんあります。でも不思議と、製品がどこで流通しているのか、またエンドユーザーが、どこから購入できるのか、ほとんどの方が知りません。

 それはいわゆる木材業界が建築業界の一部として取り込まれてしまっているからで、そのため生産者とエンドユーザーとの間に、多くの障壁(中間業者)が立ちはだかっているからです。

 またその中間業者が、木材のプロばかりならまだいいのですが、そのほとんどが木を知らないブローカーばかり。そのため同じヒノキでも質の悪い製品と良い製品がごちゃ混ぜに流通してしまっているのです。

 とりわけ日本では、その代表樹種のスギとヒノキの流通が、実に分かりにくいシステムになっていて、良質の製品が買い叩かれたり、低質の製品が高い値段で住宅に利用されていたりしています。

 良いものは高い?いえ、想像以上に安く手に入るのです。でもこのブラックボックスのような流通システムが、それを不可能にしています。

 どことはいえませんが、ある業者などは、仕入原価の3倍もの値段で販売していたりします。とんでもないことです。暴利を貪っています。


 これはユーザーにとっても不幸なことです。もちろん産地の方々にとっては死活問題であり、正当に評価されにくい商流構造では、数世代にわたって育て続けている林業関係の方が、山を放棄せざるを得なくなっているという現実があります。

 私たちゲインでは、このような理不尽な流通システムを排し、産地とユーザーさんを直接結びつけるだけでなく、上質の製品をお手頃な価格で販売できるようにしました。

 それを実現することで、疲弊した産地にお金を還流させ、ひいては地域地域の山々を甦らせることができると考えています。

 下の写真は、ゲインのヒノキの床です。その価格を建築家とユーザーさんにお知らせしたら、皆一様に驚かれていました。材木屋から聞いた値段の半額だったのです。

d0015306_1444550.jpg


 その材木屋を名乗る業者は、産地とは縁もゆかりもない製材機械の販売業者でした。機械の利益設定は知る由もありませんが、相当な利益を取って販売していたのでしょう。

お問合せはホームページから→ http://www.h3.dion.ne.jp/~yamaiti/
by MUKUZAIKENKYU | 2010-04-14 14:46 | 木の家 国産材 無垢材
<< ゲインのヒノキ 2 ゾーンに入ること選ばれること >>