福岡から送るエールのひとつの形

決して忘れてはならない


いつも心は共にあること

そして心を砕くこと


世間が3・11のことを忘れたかのように振る舞い

マスコミやメディアの紹介度が少なくなっても

そんな時流に流されてはならない


スポーツは、日常の出来事だ

撫子ジャパンから始まって、水泳も、そして高校野球も


日常は失ってはならないが

鎮魂と応援の心は、ひとつの形を成さなければならない


ちゃんと被災者に届く形で

寄付でも支援でも

他者に委託するのではなく、直接語り合えることで

自分の意思を届けたい


ゲインの現在の活動は、従来どおりの活動に

被災地の無垢の木を、一人でも多くの人に利用していただこうと

更にパワーアップしています


真剣に聴いてくれる人がいれば

他人事のように、いまだに中国製品の廉価品に手を出す人もいる


「あんたの言うとおりだ。そうしなきゃならんね。でも予算がね~」

すべきこと、したら貢献できることは分かっていても

二言目に、できない理由を付け足す時

沈黙の乖離が生まれてしまう


何も要らないんだよ。ちょっと前に出る勇気を出すだけ

それだけで世界は一気に変わるのだ

被災地そのものでなくてもいいじゃないか

被災県を応援すれば、必ず被災者にも届くのだ


被災地の、被災県の特産品を、全国規模で流通させることも

立派な応援になるのだから

あこぎな商売人も確かにいるし、増えてもいるが

だから引くのではなく

その真偽を見抜いてだまされることなく、自分のしっかりした眼で

信じることを、絆という火を燈すことです


福岡でも、多くのユーザーさんや建築家に、

岩手のクリとから松、そして南部赤松を指名していただいています

ありがたいことです

福岡市内外で、すでに十数件

北九州が、なしか弱い。…文化度が違うのかな(ちょっと残念です)

もし北九州で心ある方がいらっしゃれば、被災地を応援するつもりで

岩手の無垢の木を、どんどん利用してやってください



まずはお問合せください

住まいの木案内舎ゲイン
[PR]
by MUKUZAIKENKYU | 2011-08-03 10:17 | 不況克服
<< 豚肉の効用 花火大会 >>