TPPで、政治家の役目とは

住まいの木案内舎ゲインのゴトウです



TPP、…どこに行ってもティピーピー

日本の農業を代表して?農協が大反対

日本の保険や医療制度の崩壊を招くといって、医師会も大反対


ところが経団連などの、主に輸出企業は大賛成


その言い分、双方共に良く理解できる

だから政府は、双方の言い分が通るようなTPP交渉をするべし

それしか国民全体から支持を得ることは、ほぼ不可能でしょう



実際のところ、米国の風景や人をレポートした番組を見てると

あの「肥満体の街」は、一種異様です

最近では、日本にもそんな光景が散見されるようになってきてますが…


あの「肥満体」の国である米国の主食はパンと肉

しかもほとんどすべてが「遺伝子組み換え」食物ばかり

BSEの問題にしても、畜牛が食べる餌に原因があると指摘する人もいます


だから日本には、絶対に米国の穀物や食料は受け入れるべきではありません

マックにしても、米国産の肉や穀物を使うことは許されていません


それがTPPで、米国の思惑通りになれば

マックやその他の米国出身の食品産業は、

日本国内から原材料を仕入れる必要がなくなります

間違いなく、米国産の穀物や肉の方が安いからです


そうなると、この日本であっても、瞬く間に「遺伝子組み換え」食品だらけになることは火を見るより明らかです



…しかし戦後の日本を復興させ成長させてきたのは、いうまでもなく輸出産業です

鉄であり、自動車であり、電化製品であり、ハイテク産業です

ところが現在は韓国や中国の進出を前に受身になっている


たしかに品質においては、他国は真似ができない日本の製品です

でも市場というのは、品質という使って見なければわからないものは二の次です

同じ目的で、同じ仕様であれば、値段は安い方が売れるし売りやすい


また売買金額の多寡でいえば、輸出産業が圧倒しています

国の貿易黒字に貢献できるのは、輸出産業だけだから、です

日本国内の貧富の差は広がるかもしれないが

日本全体の経済的底上げには、間違いなく貢献できるのです


だからどんな無理矢理でも

日本の政治家は、日本人の食と健康を守りながら

同時に輸出産業が成長できるように交渉するしかありません


この二点を両立できないならば、日本という国に未来はありません

命懸けで、両立を図るしかないのです

そのことをしっかりと伝え、TPP交渉をやり遂げることができれば

全国民が諸手を挙げて支持してくれるでしょう


後は、政治家の度量と勇気だけが問題なのです


ホームページはこちら
[PR]
by MUKUZAIKENKYU | 2011-11-10 10:21 | 不況克服
<< 週末は本を読もう 鰯(鯖)のぬか味噌炊きは、古く... >>