大阪ダブル選挙の結果とは

住まいの木案内舎ゲインのゴトウです



大阪のダブル選挙では、見事な結果が出ました

ある意味当たり前といえば当たり前です


橋下前大阪府知事は、まるで何かが乗り移っているような

鬼気迫る迫力がありました

当選しても、すぐに市庁舎の官僚や国会に対する

けん制を忘れていませんでした


この智慧者橋下さんは、既成政党の弱点を熟知しています

それに選挙期間中、対抗勢力による紙爆弾にも耐え抜いた


個人的には、平松さんは嫌いじゃないんだけど

彼に集る政党が、民主党から自民党、公明党、さらには共産党まで

このえげつなさが、ある意味大阪っぽいんだが

今回はえげつなさを通り越して醜悪でしたね


橋下さんに対するネガティヴキャンペーンは

紙媒体を利用しての、凄まじい攻勢でした


そのバックにいるのが、右から左までの既成政党だから…

日本の政治が、如何に官僚とグルになって腐敗しているかを

まざまざと見せ付けた格好になってしまった


人の過去や周辺をあることないことで

スキャンダラスに追い落とす手法は、米国では当たり前

でも日本で、それをやると、「おまえ、それでも人間か?」となります

卑怯卑劣な世論誘導は、今の日本では通用しません


そこまでやられた橋下さんは、いよいよ腹が座った

既得権益にしがみつく官僚と既成政党に対して

鮮明に、しかし巧みに宣戦布告しました


これから民主党や自民党から、「維新の会」に合流する政治家が

ぞろぞろ出てくる可能が高いでしょう


官僚が国民を搾取して、挙句の果てには莫大な浪費をする

搾取も浪費も、官僚が族議員を利用して作った法律に守られているから

始末が悪い

この膠着した社会制度を変えるには、本当の政治の力が不可欠です


地方では、志高い政治家が生まれつつあります

その力を合流させ、不合理な行政や制度に風穴を開ける日が近づいているようです


ホームページはこちら
[PR]
by MUKUZAIKENKYU | 2011-11-29 08:01 | 不況克服
<< 未来完了形な物語 先週の印象、その一 >>