無関心を発信するメディア

今日は5月15日 40年前の今日

米国に占領されていた沖縄が、日本に返還されました

朝からちらほらとテレビを見ていたけど

見事に報道されない


新聞には特集記事が掲載されていたけど

テレビなどの媒体は、全くの無視

テレビほど影響力のあるメディアはないのに…


日本のマスコミは、忘れてはならないことを忘れさせ

覚える必要のないことを、しきりに騒ぎ立てる


その結果、日本人の良心に訴える内容は欠落して

卑しき野次馬根性や人の不幸を喜びたがる覗き見趣味ばかりを

刺激し続けているようです


夜は夜で、つまらん芸人が主役の下らん番組が

ゴールデンタイムを占拠して、視聴者をひたすら愚民化する


これが一年前に東日本大震災と福島原発事故を経験した

同じ日本人なのかと目を疑います


…といって嘆いたところで、何が変わるわけではない

だから自分だけでもしっかりと意識を堅持していようと腹に決めました


公約の真反対を突き進む卑劣な民主党政権と

それをあざ笑いながら官僚主義行政を浸透させる省庁役人

何の役にも立たない野党勢力

ここでもやるべきことはできるだけ後回しにして

今しなくても良いことを急いでやろうとする


これじゃ震災や原発事故で、命や財産を奪われた方々が浮かばれません

国民は政府と官僚のための家畜じゃないってことを

行動で示さなくてはダメでしょう


あらゆる意味で「無関心」は

人間から良心を消し去り、疑問心や好奇心を奪い

人間らしい人生から喜びや共感を

とりわけご先祖や周囲への感謝心を根こそぎにします


無関心からの「思考」とは、目に見えない他人の思考に誘導されてしまう

家畜の思考なのだということを覚えておいた方がいいでしょう

[PR]
by MUKUZAIKENKYU | 2012-05-15 16:51 | 倫理
<< お米の保管は万全ですか? 沖縄、あれから40年 >>