ニッポンの木を愛してください

毎日、暑いですねえ

福岡は、この数日間、日中は35度前後、夜も26度を切ることがありません

そんなときクルマで移動すると

車中は猛烈な暑さ、クーラーを入れても、すぐに降りるため

体力だけが消耗するばかり


めげても仕方ないので、黙々と仕事をこなします


皆さん、同じ境遇でしょう


頑張りましょう!


さてゲインは、言わずと知れた「国産無垢材の鬼」と呼ばれて十数年

ジワジワと浸透してきました

でもゲインの想いがどこまで届いたかというと

まだまだ心許ない


そんな不足感や未達成感を抱くとき

自分自身の非力さや鈍足さに絶望的な感情に襲われることがあります


しかしゲインのこれまでの活動をしっかりと理解していただいている方もいます

最初はゼロから出発しました

ゲインの無垢の木たちを知る人は皆無でした

それを一歩一歩伝えて歩いて、少しずつではあっても

ゲインの製品を指定してくださる方々が増えていきました


ゲインは表現的には「無垢の木」の床壁材や木材を販売しています

だからそれだけでは周りの「材木屋」や「建材屋」と変わるものではありません


でも実際にゲインの製品を知ると

このような品質のいい無垢材は、今まで見たことがないと

ありがたい感想をいただいています


この決定的な違いを伝えることが、一番難しいのです

でもそれを個別に紹介説明する活動を通して

ひとつひとつ理解していただいてきました


延べ1000件は訪問しました

ゲインの製品を認めていただいた建築家やユーザーさんは100件以上

でもリピート指定をいただいているところは、まだまだの状態です


いまだにコスト優先で廉価品に流れることがあります

またゲインの製品の優位性を説明しても

これまでの「付き合い」から脱却できない人もいます

これは、私の力量不足なのでしょう

販売量のアップダウンが激しくて、いまだに安定していません


絶望的な気持ちに陥ることもあります

でもね、ここで旗を降ろすわけには行かない

今までとは異なる次元の知恵を出す 活動を展開することが必要になっているのかも知れません

やるだけ、ですね


ゲインの無垢の木に対する想いは、日本の森の叫びでもあると思っています

経済原理によらない

日本人としての自然への感情と美意識こそを

無垢の木を通して伝えて活きたいのです


私は、日本と日本人が大好きです

いろんな企業や人がいます 中には犯罪的な人もいますが

日本の底流が汚されることはないと確信しています



ホームページはこちらから
[PR]
by MUKUZAIKENKYU | 2012-08-01 18:22 | 木の家 国産材 無垢材
<< 木の外壁は、ヒートアイランドを... 今年の後半に入って、何か焦る自... >>