神社と鎮守の森

あまりに凄いスピリチュアルに満ち満ちた写真

FB友の「東条英利」さんがアップしたものです



彼は「神社人」というブログを主宰されていて

今回の写真は、伊勢神宮を参拝しての帰途に撮ったということです

d0015306_1924224.jpg


皆さん、この写真に映し出されているモノが見えますか?

私には龍神が二体、それにククリ姫の様なお姿が…見えます

それだけじゃありませんよ


彼のこれまでの業績を喜んでいらっしゃるようです


かくいうワタクシは、お伊勢さんを中心にして

日本全国の神社にある鎮守の森をこよなく愛するものの一人です

…鎮守の森がない神社もありますが

明治政府が神社の統廃合の名目で、多くの神社を取り潰しました

その時代的な背景もあるのでしょうが、実に残念なことです


換言すると、鎮守の森のない神社には

人間の念が積み重なるばかりで、清浄化されない

生命の漲る力がない


でも鎮守の森があれば良いというわけではありません

やはり神主さんらが定期的に手入れをしてこそ

森は更新されて、澱みが浄化されていくものです


だから社務所がない神社は、…どうしても…ですね


お伊勢さんは、2000年以上の歴史の中で、最大の鎮守の森を持ち

そこではすべての生命の生成死滅が繰り返されています

神が宿る森には、すべての生きとし生けるものへの慈愛があふれています

時々怒ることもありますが、それは「目覚めさせる」ためであって

滅ぼすためではありません


ホームページはこちらから
[PR]
by MUKUZAIKENKYU | 2012-09-14 19:03 | 木 無垢材 自然
<< 建築家のインテリジェンスとは 最近流行のフローリングに思うこと >>