人気ブログランキング |

九州の「お伊勢さん」?

前回からのつづき

拝殿の横を登ります

d0015306_10243835.jpg



苔むした石階段には、数百年の年季を感じます


いよいよ伊野天照皇大神宮の本殿

d0015306_10262648.jpg


お伊勢さんの本殿は、直接拝観できませんが

ここではサラッとオープン

造りは「唯一神明造」を模していますが、外に立つ御柱が特徴です

ただちょっと細い… それに屋根の勾配が強すぎるような…


5年前までは、お伊勢さんと同様に20年に一回の式年遷宮を行っていたということです

15年後の遷宮の予定はないらしい


お伊勢さんでは、来年が式年遷宮の終結となります

来年は、最近の「お伊勢詣り」は一種のブームらしく

通年の2倍近い参拝者?観光客?が殺到しているそうなので

私は人が少ないときを狙って参拝する予定


…ただね、御垣内参拝ができるのは、通常の時間帯のため

行列の中に立たされてしまうでしょう これが苦痛なんよねえ


その前後では、導かれるままに、ある場所を訪問します

ある人が、お伊勢参りをするときは、家を出るときから正装して

そのまま参拝して戻ることと、確信を込めて喋っていました


実際には、そんな必要はありません 多分威張りたい人間の言葉を

鵜呑みにして、自分を他人に威張って見せたかったのでしょう


威厳のあるものに対して、そんな周辺にたかる人間は必ず発生します

無知無教養な連中が、受け売りで見栄を張る…心の貧しい世界ですね


一番大切なことは「気持ち」 どんな氣を持つのか持って訪れるかが全てです

ただ崇敬する神前に立つのですから、そのときは身なりからも気をつけるべきですけどね


私は「外宮」と「内宮」は、もちろん参拝しますが

その前に訪れるべき場所が何箇所かあるのを知っています

まずはそこからお訪ねして、心身の禊を済ませて参るつもりです


明日から12月

2012年12月…、ここにも数霊の意味があるようです


ホームページはこちらから
by MUKUZAIKENKYU | 2012-11-30 10:56 | 木 無垢材 自然
<< 九州の「お伊勢さん」? 博多の守り神かな? >>