COPDの怖さを知っておきましょう

d0015306_9561579.jpg


今朝の空気は、一面霧の中です

雨が降りそうではないが、ちょっとヒヤッとする朝でした

今日も頑張ってまいります!


ところで、COPDってご存知ですか?

喫煙者特有の肺疾患のことで、以前は一括りで「肺気腫」と呼ばれていました

実は、今年の1月下旬に、これが原因で、知り合いが亡くなりました

まだ60台半ばだったのですが、この数年間は酸素ボンベなしには生きていけない状態だったそうです

最後には、「肺気腫」と「間質性肺炎」を併発して、呼吸不全となりました



私はそんなことは知らずに、今年の元旦から禁煙を実行していました

不思議なことに、禁断症状なしに、まるで憑き物が取れたみたいに

あっさりと禁煙に成功しました…と思っていた


禁煙を始めて2月半が過ぎた頃から

何かおかしい、何か体調に違和感が生まれてきたのです

すると、再び何か別物の存在が取り憑いたかのように

心臓を握りつぶされそうなほど実体感のある「うつ」が襲ってきたのです


これには正直死ぬほど苦しみました

まさに世間で聞く「鬱」症状が波状的に襲ってきました

それから2ヶ月が経ちましたが

その間いろんなことが入れ替り立ち代りに起こって

半ば強制的に、この「うつ」から抜け出せたのです


心臓の症状は、心理的反応の結果でした

もっといえば脳の発信した信号が、心臓に出たといえます

その心臓の受け止め方が分からないと、「うつ」に対抗することは出来ません


喫煙習慣により、健常者が当たり前に行う脳のドーパミン発生が極端に抑制されて

喫煙なしには気分を正常に維持できなくなった肉体は

やはり普通ではなかったのですね~


私の場合はニコチンガムを利用しながらの禁煙でうまくいきましたが

でも精神変調に対する予防あるいは心構えは必要でしょう


禁煙で発生する「うつ」は精神病ではありません

脳が健全化する過程に発生する過渡期の一時的症状として

事前に理解しておくことが一番いいのだけど


その上で「どっからでもかかって来やがれ」と腹を決められれば

必ず禁煙に成功するだけでなく

精神面も更に蘇生強化できるはずです



今日のテーマとは関係ありませんが

ホームページはこちらから
[PR]
by MUKUZAIKENKYU | 2013-04-18 09:56 | リッチな人生
<< 春真っ盛りですね! 4年前のブログから >>