ゲインの立ち位置って?

連休も実質最後の日になってるようですね?

今の時点で、九州も交通事故も相俟って、九州道では十数キロの渋滞が

複数あるようです

気をつけてお帰りください…っていうか、親父さんお疲れ様でした…


昨日はから一人ひとり、エクセレントな建築家をご紹介していくことにしました

第一回目は「陶山設計工房」さんでした

さて次の回は「有島忠男設計工房」さんを予定しています


ゲインでは、どうして建築家とのお付き合いを大切にしているか!


それは打算や損得勘定に走るのではなく

ユーザーさんの想いを実現するために、何が最善かを熟慮して

提案できるのが(工務店ではなく)建築家なのです


もちろん建築家というか一級建築士にはいろんな立場の方がいます

工務店所属の方もいます

下請け専業の方もいます

建築士であっても、実際は不動産屋であったり保険屋であったり

斡旋専業で仲介屋であったりと

その実態はユーザーさんにはまず見抜くことが出来ないのです


また私はニッポン全国の木の産地を訪ね歩き

これは素晴らしいと思える無垢の木を生産しているメーカーさんとだけタイアップしています

これは実際に産地を知り、そこの人となりを知り

さらにその想いと技術力を知り

初めて皆様にご紹介できるようになりました



どうすれば本当の意味で人の役に立てるのだろうか

中間マージンを掠め取るだけの「材木屋」では絶対にできないことは

業界のヤドリギで生きるのは楽だけど

あえて茨の道に入り、真に人や建築の役にたつことができるために

材木屋という存在は、どうあらねばならないか

いつも自問自答しながら、何があっても神のオタメシと感謝しながら

これからもじっくり、しかし不退転の決意で

進んでいきます

by MUKUZAIKENKYU | 2013-05-05 19:00 | 材木・建築業界
<< エクセレント建築家ご紹介、第2弾 エクセレント建築家ご紹介第一弾... >>