エクセレント建築家「ALP建築工房」さんです

皆さん、如何お過ごしですか?

私は何かイマイチ煮え切らない仕事ばかりで

でもやってしまわなきゃ、いつまでも追っかけてくるので処理するしかない

あまり楽しいことではないことも、やるしかないですからね


…おっと若干愚痴ってしまいましたが

今回はエクセレント建築家のご紹介第3弾です


これまでのお二人は福岡在住の方でしたが

今回は北九州の建築家「ALP建築工房」さんです


「ALP建築工房」の主宰は柳さんです

鹿児島は甑島出身の方です


住まいに限らず、福祉施設の設計が中心ですが

どんな場所であっても、そこに住むのはヒト

ヒトの感性を大切にされている

だからニッポンの無垢の木にこだわりを持たれているのです


障害者向けの施設が多いため

硬すぎず、しかしある程度の耐久性があり

それだけでなく手触りや香り、見た目の印象等々

それらを総合的に判断していただいて


ゲインの「皇杉」

そして「北のから松」

この二点に集中していますね


お付き合いの長さではダントツです

大分では、プレカットの図面打合せを任され

プレカット込みの構造材も納品させていただきました


ゲインはオリジナルといえるほどの高品質の無垢の床壁材を供給していますが

実は木造図面を描画することもできます

そのため一時期は、木造住宅に不慣れな建築家には

図面指導もしていました


あまり宣伝してきませんでしたが…商売っ気がないのかな~…

図面打合せでは、思わず前のめりになってしまうのですよ

プロ意識に火が点いてしまうのです


「ALP建築工房」の柳さんは

いい意味で、私のプロ意識を尊重していただいていると確信しています

だから絶対に手を抜けないのです(当然今までどんなところでも手を抜いたことはありませんけどね)

設計段階から、ゲインを思うように利用していただければ

建築家の方も相当助かると思いますよ


ホームページはこちらから

[PR]
by MUKUZAIKENKYU | 2013-05-18 20:24 | 建築家
<< 今日まで、そして明日から ゲインの立ち位置とは >>