人気ブログランキング |

6月のオープンハウスの主役は…

北九州で久しぶりのオープンハウスでした

小倉は足立山の麓でした


設計は陶山設計工房さん

想いがひしひしと伝わってくる良い家でした



d0015306_2262595.jpg



まず一階の床には「オーヒノキ」が採用されました

なかなか予算がタイトだったのですが、諸々脳みそに汗をかいた結果

何とか12mm厚、90mm幅の上小の床が、何とか収まりました

針葉樹でも広葉樹でも、使う材の厚さが薄くなればなるほど

芯材は遠のき、どうしても白太が多くなってしまいます


白太が多くなると、杉や桧では品質が劣化する傾向にありますが

ゲインのお届けするものには、そんな心配は無用です


写真を見て分かるように

オーヒノキの白太部分は、九州のヒノキのように真っ白ではありません

生成りなのですね

だから床全体が優しく包み込むような柔らかさに満たされます



他にもご紹介する写真がありますが

今日のところは、ここら辺で失礼します



ゲインのホームページはこちらから
by MUKUZAIKENKYU | 2013-06-27 22:02 | 木の家 国産材 無垢材
<< 月の中日は榊を替えて、お参りし... 木賀設計の服巻(はらまき)さん... >>