月の中日は榊を替えて、お参りしましょう

d0015306_14204124.jpg



上の写真は、福岡市東区に鎮座する箱崎(八幡)宮


日本三大八幡宮とは、まず総鎮守である中津市にある「宇佐八幡宮」と、京都にある「石清水八幡宮」、そしてこの「箱崎宮」です

ここを訪れると、いつもホッとします

なぜか、何かに見守られている感じがするからです

しかし意識をしっかりと持っていないと、容赦なく咎められます

神社は、多くの方が「何かのお願い」をする場所と思われていますが

実は「感謝」を奉じる場所です

少なくとも、私はそう思って参拝しています


また気力を弱くして依存心の方が強い状態で参拝すると

神社の神域は、そういうヒトを跳ね返してしまいます

神域に認められる気の状態を持ちながら入域しなくてはならない


何で今日そんなことを書いているのか?

本日は15日です 月の1日と15日は神棚の榊を替える日です

ちゃんとした神社ならば、必ず神事を執り行う日です


そんな日だから、私は今から宗像大社に参拝に行きます

前回の伊勢神宮の式年遷宮の際に配られたヒノキ材で造った

二宮 三宮と祭事が行われている高宮をお参りします


明日からの私の使命感が、そのまま自他共に真の豊かさを実現できることを信じて

そして私の家族全員が幸せに成ることを信じて

日本の建物に、本物の無垢の木が少しでも多く浸透し普及することを願いながら

確実に前進していきます

[PR]
by MUKUZAIKENKYU | 2013-07-15 14:21 | リッチな人生
<< 樹と大地の織り成す影の語ること 6月のオープンハウスの主役は… >>