人気ブログランキング |

高級ホテルの食品「偽装」と息子の不始末

一週間ぶりのアップになります

元々の予定では、「こころざしの企業 4」

そして「営業車買換え物語 2」でした


準備はある程度出来上がってはいますが

今回は、どうしても気になる「事件」が発生したため

そのコメントを出して、皆さんにどう思うか尋ねたくなりました


そのひとつは「阪急阪神ホテル」のレストランメニュー

内容改ざん事件

もうひとつが「みのさんの去就会見」での異常な光景です


「阪急阪神ホテル」のレストランメニュー<改ざんについて

社長らの釈明会見が行われている動画を見ました


質問する記者たちの無責任な追及にもうんざりしました

彼らは昨日まで普通の民間人だった人を

報道という手段で、世間のさらし者にして

日銭のネタにして喰い散らかします


でもそれ以上にびっくりしたのが

社長と思しき男性が、この事件が起きたのは

誰かから告発されたものでないためにかなり強気でした

しかしその責任を現場の担当者の「無知と無自覚」のせいにしました


唖然としました

じゃあ組織のトップに立つ者の「責任への自覚」は

どこにいったのでしょうか?

現場の動向を把握せずに、何かあったら社員の責任と押し付けるなら

経営者などするべきじゃありません

こんな経営者の下で働く社員は不幸ですね


次は「みのさん」ですが

次男坊の刑事事件がきっかけになったとはいえ

いろんな報道から公開されているご自身の不明については

ほとんど何も釈明なしだったようですね

長年報道番組の頂点に立つと、灰汁が出るものですよ

っていうか、MCとしての権力を悪用してしまったのでは

いつか隙が出たときには、逆襲や復讐をされるものです

その「パンドラの箱」を、今回は自分の身内に開けられてしまった


最も皮肉な結果だといえるでしょう

でも最後まで、自分が降板しなくてはならなくなった原因は

息子の不祥事にあると言いたかったのでしょうが

その立ち居振る舞いは醜くはあっても、正義とはかけ離れたみすぼらしさでした


社長と社員 親と子

似てはいるけど、まるっきり異なる事件ですが

共通したことを教えています


阪急阪神ホテルの不始末は、一種の利用者に対する裏切りであり詐欺行為です

それを認めない限り、現場からの腐った組織の腐臭が

何度でも発生するでしょう


自分の人生の変化を、自分の外部の人間や環境のせいにしている間は

同じようなことが、必ず何度も起きるのです


見えない存在が、生きている間に乗り越えろと

貴重な暗示を示唆してくれているのです/font>
by MUKUZAIKENKYU | 2013-10-27 16:56 | 倫理
<< 宣伝によらないホンモノの木を選... こころざしの企業 3 >>