ちょっとコーヒータイム 健康その9に入る前に

 当会ではウッドデッキを販売しています。
 人体にはほとんど影響しない薬剤で防腐処理をした針葉樹製です。タイプ別にプレカットして、お客様の住所に直接お届けしています。

 別に宣伝ではないのです。最近のデッキ材として採用されているいろんな木について、どうも納得できないことがあるため、少しコメントさせてください。

 そのひとつがバツという木です。正式にはセランガン・バツと呼びます。他に似た木でバツ・メラという木もありますが、バツと比べて耐久性がはるかに落ちますので注意した方がいいでしょう。

 このバツという木。非常に硬くて重い木です。そして耐候性も高いため外部のとりわけ傷みやすい部分であるデッキの床材に多用されています。

 バツ製のデッキ材は、供給する側である材木屋や工務店にとっては、割れたり狂ったりしにくいためにクレームが発生にしにくいところに最大のメリットがあります。

 これを別の角度から見てみると、悩ましい問題点が浮かんできます。
 それは硬すぎる点です。

 公共施設などのように多くの不特定の人々や建築物が建てられるところにあっては、とにかく強度や耐久性が最優先されるので、バツより更に強く粘りのある木が求められます。
 ウリン、イペ、ジャラといった南米材や南洋材がそれに当るでしょう。これらはすべて広葉樹です。

 バツという木は粘性においてはそれらの木よりも若干劣りますが、とにかく硬い木です。硬さだけでいえば、最高級の部類に入るでしょう。
 そういう性質の木が一般家庭のデッキの床に使用されるとどうなるでしょうか?

 デッキには耐久性も大切ですが、それより以前に、人がデッキ材に求めるのは、くつろぎなどの癒しではなかったのではないでしょうか?
 それがハンマーさえ弾くほど硬い木で床が作られているとしたら、その上を歩く人やペットはすぐに疲れてしまうのではないでしょうか?

 一般的に建築家も工務店も材木屋も、全く疑いもせずに指名して採用していますが、ホントにそれでいいのでしょうか?どうもいぶかしい。

 塗装しても、デッキなどに長時間使用すると、雨や紫外線の影響を受け、表面は次第に劣化します。これは鉄でも同じ結果になります。最近は産廃のプラスチックを廃材の木に粉砕溶融させた合成「木材」?「プラスチック」?なども出回っていますが、笑止千万です。

 木の成分であるセルロースとリグニンを接着剤代わりに利用して成形したプラスチック製品といった方が正確だと思います。感触は破砕されたセルロースがプラスチックのテカリをなくしていますから、それと分からないように出来上がっているのです。

 さてバツという木で仕上げられた床材は、野晒日ざらしのもと、次第に劣化していきます。生命資源ですから、どんなものでも劣化する運命から逃れようがありません。その結果どうなるか予想できるでしょうか。
 合板に使用されている木は一般的にはラワンです。これも南洋材です。最近では違法伐採があまりにも多くなり日本でも輸入規制が強化されつつありますが、これらの南洋材は毛羽が立ちやすい木です。
 合板を持ち運びするとき、エッジの部分で錐バリが刺さることがよくあります。

 製品としては鉋で表面を仕上げてきますので、そのときは艶がありツルツルです。しかしこれが劣化していく過程で、表面は少しずつ繊維の結合状態が緩み、毛羽が立つようになります。
 ホンの小さなものならばそれほど気にもならないのですが、デッキなどはペットはもちろん、人も裸足で歩行することが多く、地肌にその毛羽が直接当ることになります。

 劣化が進行すると、毛羽は大きくなります。いわゆる錐針(すいばり)になります。これが足の裏に刺さる可能性が高まるということなのです。
 土足専用ならまだしも、家庭のデッキには不向きなのです。

 ほとんどの人はテレビや雑誌に紹介されているから大丈夫だと思い込んでしまいますが、同じデッキ材でも使用環境や使用目的に応じて木の性質を考慮しないととんでもない結果を惹き起こすことになるのです。

 硬すぎる木には、人を癒す効果は期待できません。

 一般家庭での裸足で歩く可能性の高い床材には、耐久性をある程度犠牲にしても、足が疲れない、そして経年劣化しても表面のめくれが起きにくい木を使用しなければならないのです。

 そういう意味からも、水質に強く、繊維がしっかりと締まった、更に適度な弾力性と軟らかさを持った木という意味で、日本の杉や桧、ヒバやサワラ、ネズコ、高野槙などの国産材が最適なのです。

 これからデッキ材を探す際には、重要な条件ですので、しっかりと覚えておいてください。

http://www.h3.dion.ne.jp/~yamaiti/
 
[PR]
by MUKUZAIKENKYU | 2006-06-17 19:38 | 木 無垢材 自然
<< 家・住まいの健康 その9 家・住まいの健康 その8 >>