人気ブログランキング |

シュヴァルツ・プロジェクト推進中

木の案内舎ゲインのゴトウです。

 やっと、ついに、待ちに待ったウォーキングを、本日より再開しました。

 この1ヶ月間は、腰痛治療のために「死んだ」振りをしていました。おかげでウェストが1センチ増えてしまい、もうちょっとで女房に「不経済の肉塊」と指弾されるところでした。(冷汗)

 まだ若干左脚の付け根は違和感が残るものの、歩行はほど正常化したので、意を決して、今朝ウォーキングスタイルに着替え、夜明け前の暗闇を闊歩しました。

 いやあ、やっぱ良いもんです、戻って分かったのですが、背中がスカッと伸びて、脚全体に力が漲ってきました。脳みそも、実に軽い。軽快に回転しています。


 昨日はSクラブの建築家Yさんに依頼されていた塗装サンプルの制作に取り掛かりました。当初は450㎜角ぐらいのパネルを3枚作る予定でしたが、突然お客さんがその上で歩行感を確かめたいとのことで、急遽縦900㎜横1800㎜の大きさに変更。

 ここまで大きくなると、もはや私の手に負えません。隣の友人の取引先の大工さんに来てもらって、バタバタサンプルパネルを制作してもらいました。私がすれば、間違いなく半日はかかるところを、わずか1時間足らずで完成。さすがプロです。感心しました。持ってる道具から違うからなあ・・・

 出来上がったパネルは、北海道産イタヤカエデの無垢フローリングです。淡い白とベージュ色の織り交ざった色相で、多彩な杢目が一際目を惹きます。

 これに提案中の塗料を塗装して、来週にユーザーさんの自宅に持ち込みます。提案塗料は、桐油とロハスコートの2種類。前者は油性なので、素材の色合が強調され、またイソパラフィンが含まれているため、適度な滑り止め効果が期待できます。

 後者の塗料は、水性なので、色相の強調は期待できません。また油性特有の滑らかさも出にくいため、ここら辺がユーザーさんの好みが分かれるところです。ただこれは無公害で、9年間塗り替え知らずという高耐久性なので、シックハウス対策やランニングコストを大幅に低減できます。

 塗装サンプルの完成は、当初3月4日いっぱいの予想でしたが、今朝すでに一回目の塗装を行ったので、二回目の塗装完了まで、この分ではおそくても3日にでもお届けできそうです。

 さて下の写真はゲインのカラー壁板、シュヴァルツ・ウォールです。

d0015306_1010128.jpg


 色は漆黒風の黒ですが、光が反射すると、キラキラと銀色に輝きます。つややかな木肌が高級感抜群の壁板です。内装にも外装にも使用できます。(お問合せは、直接ゲインまで)

 シュヴァルツ、すなわちSchwarzは、シリーズ化しています。エクセレント・ウッド・ブロックが原点ですが、ユーザーさんの要望に応え、ゲインの浮造り壁・杢精に特殊な塗装を施して、現場塗装の手間を省きました。プレ塗装品なので、塗り斑がほとんど発生しません。

 
 名称:シュヴァルツ・ウォール

 内容:杉 無垢 浮造り板壁  内装用・外装用

 種類:S・W・F 4000㎜×12㎜×135㎜ 節有  7枚入り  艶あり・艶なし

     S・W・J 2000㎜×10㎜×90㎜ 上小節 20枚入り 艶あり・艶なし



 シュヴァルツ・ブロックは、好評につき、随時生産中です。受注生産品で、納期は最低でも3週間をお待ちいただいているのですが、予定注文もあり、生産が追いついていません。絶対に品質を維持して、さらに向上させるために、もっと知恵を絞り、もっと手を動かさないと・・・焦っています。

 ゲインのポリシーは、当たり前のことですが、「絶対に手を抜かないこと」「どんな問題でも、真正面から取組み、克服すること」です。

 この当たり前のことが、実際には全然遂行できていないのが、材木業界であり、メディアマーケティングに現を抜かす自称「材木屋」です。こんな存在がいやだから、ゲインはゲインとして旗揚げしたのですから・・・。


ホームページ→ http://www.h3.dion.ne.jp/~yamaiti/
by MUKUZAIKENKYU | 2009-02-28 10:36 | 成功と裕福
<< 偽りの政治 翻弄される経済 偽... 自己変革は命懸けだけど、楽しい... >>