人気ブログランキング |

ビジネスは感謝に始まり感謝に終わる

木の住まい取扱説明書 木の輝きはリッチの源!

日本の住まいを良くする無垢材研究会   木の案内舎ゲインのゴトウです


 今朝は、早くから超多忙。

 金曜の朝は倫理法人会のモーニングセミナーですが、脚の調子がいまいちで、違和感がかなり強くて、今日は欠席でした。

 無理をして良いことはありません。が、無理をしなきゃ越えられないこともあります。

 でも肉体にはスペアがありません。大事を取りました。といったものの、今日は打合せと見積作業、それに病院の定期検診、それが終われば午後2時来訪予定の建築家との話が待っていました。

 それに建築家のMさんからは、「ゲインさんは、オリジナル商品がたくさんできたんで、整理した価格表が欲しい」というリクエストをいただいていて、昨夜は夜中までかけて「商品メニュー」を制作していました。

 本当は3時間もあれば完成するのですが、昨日は7時前に、知り合いのKさんが、突然会社を訪ねて来られました。いろんな話に花が咲き、気がついたら、午後10時になっていたため、それからの作業と相成ったわけであります(汗)

 
d0015306_1793914.jpg


 上の写真は、尾鷲桧の節有無垢の床。本州の北まで植林されている桧ですが、育つ地域によって、全く個性が異なります。

 木曽ヒノキや尾鷲ヒノキは、赤みがピンク色で、何といっても樹脂(ヒノキオイル)が多い。だから当然香りも強く、半年もすると、木の中から油分が滲出してきます。

 ヒノキも、ピンからキリまであります。単にヒノキが欲しいと、近くの材木屋や工務店に依頼すると、とんでもないモノが届くことがあるので、要注意です。

 もっと知りたい方は、ゲインのホームページから問い合わせてください。


 さて昨日は、ある工務店の社長から、信じられない問合せをいただき?ました、・・・。

 私としては、あまり付き合いたくない相手です。いわゆる金払いはいいのですが、やることなすこと、あまりに非常識。金を払う立場が一番偉いと頑なに信じているお方で、お金を見せて、動かないやつはおらんと思っておられる。

 思うままにならなければ、10年以上付き合っていた業者も、平気で替える。その思うままの動機は、すべて金額です。見積の中身など、まず見ることがありません。自分の指定した金額どおりになる業者だけがお相手で、単価の常識的な知識ひとつ持っていません。

 最近メディアに出張っている、ある建材商社の「音響なんたらかんたら木材」を、「施主が欲しがっているが、その商社に尋ねたら、断られた。何とかならんか」とのこと。

 「同じようなモンで、効能?が同じやったっら、何でもいいんやが、持っとるか?」・・・やはりこの社長、建築を知らない、木を知らない、それ以上に人との関わり方を知らないようです。

 「持ってはいますが、それだけを求められても、弊社では販売できません。こういった無垢の木を求められる施主さんは、全体で考えているため、一部分だけを揃えたからといって、満足することは絶対にありません。

 ましてや、他の正体不明の建材と混ぜて使用されると、何らかのクレームが起きた時、原因解明が困難になります。もし弊社の製品を使用したいならば、家全体の構造材まですべてまとめてお求めください。」と答えておきました。

 昨日のお話の続きは、明日以降に延期です。

ホームページ→ http://www.h3.dion.ne.jp/~yamaiti/
by MUKUZAIKENKYU | 2009-06-12 17:39 | 木の家 国産材 無垢材
<< 木の文化 日本人の心 感謝報恩です 九州木の産地バサラ化プロジェクト >>