人気ブログランキング |

2009年 02月 11日 ( 1 )

不景気など、どこ吹く風よ。わが道を行く

木の住まい案内舎ゲインのゴトウです。

 昨日は予定を変更して、急遽鍼灸院に飛び込みました。整形外科に通院していたのですが、やることはリハビリとして電気治療とストレッチのみ。そのときは確かに痛みは軽減されるのですが、翌日は元の木阿弥。

 わが奥様に勧められて鍼灸医院に行きました。そこでは面白い診断をしていました。耳に針を当てて、どこが患部か探り当て、その重症度まで判断できるということです。

 古傷など、伝えていないことまで、かなりの確率で診断できるのには驚かされました。それから治療にかかりました。

 年齢に比べて、かなり若い体質をしていますねといわれ、嬉しいことを言ってくれるじゃんと思いきや、でも腰は長く患っているのは分かりきっていましたが、左肩から首筋にかけてと、右脳の記憶野にちょっと引っかかるものが・・・といわれ、気になり始めました。

 小一時間ほどで治療は終了、木曜に2度目の治療予定。今は痛いだろうけど、あなたのはそれほど重症ではないから、2週間以内に完治するだろうといわれました。

 事務所に戻って、小倉のS金属本社にて折衝事案をこなしました。製鉄関連は、自動車産業がドツボなために、減産は余儀なくされていて、それに応じて発注量も減るということです。予め予測できていたことなので、それに対応する形で話し合いが進みました。


 事務所に戻る途上、T建築研究所に寄りました。そこのTさんと話しているうちに、確信することがありました。

 たしかに景気は一気に冷え込んでいるけど、需要と供給の内容をしっかり分析すれば、景気が悪い部分はあっても、すべてが不景気に覆われているわけではないと分かりました。

 ゲインと懇意な建築家も、昨年よりは確かに減ってはいるが、喰っていけないほど激減しているわけではないし、ゲインとしても、今年は1月5日から25日までに、連続受注。今春から秋までに5件以上の物件が生まれました。

 腰痛を治し次第、第2次営業展開が待っています。そこでも間違いなく多くの指定採用が決定するでしょう。ゲインは一般的な景気にはあまり左右されません。不景気と呼ばれる時期には、逆に突出することが多いのです。相対的なことなので、当たり前っちゃ当たり前!

 ゲインには亀の甲羅主義という発想があります。ゲインのコンセプトが壊れるような無理な受注活動はしません。アヴァンからアプレまで、そこで交わる建築家、施工工務店、利用者であるユーザーさんそれぞれに応じた対応をキチンとすることが最重要です。

 だから相性がとても大事なのです。お互いに中身のある、気持ちのいい時間を共有していなければ、信頼関係は醸成できないと考えているからです。

 多欲・貪欲は「懐の蒸れ」を惹き起こします。そんな企業を沢山見てきました。その結果がどうなったかも知っています。

 景気がどうなろうとも、ゲインには関係ありません。でもそのままでいいということはありません。自分の価値を高めるために、いつも発明や発見には貪欲に挑んでいます。


 ・・・再び腰痛が・・・今度は場所が移動しました。左脚の付け根辺りが強烈に疼いてきました。・・・何でかあ!まじめに治さんとおおごとするバイ(苦汗)


ホームページ→ http://www.h3.dion.ne.jp/~yamaiti/
by MUKUZAIKENKYU | 2009-02-11 11:25 | 不況克服