人気ブログランキング |

2009年 08月 05日 ( 1 )

本物と呼べる無垢の木は、宇宙のエッセンス?

木の住まい取扱説明書 木の輝きはリッチの源!

日本の住まいを良くする無垢材研究会   木の案内舎ゲインのゴトウです


 やっと梅雨が明けました。早速台風が南の海から上陸を狙っているようです。この晴れ間は1週間は持つかもしれませんが、その後がどうなることやら、・・・近くのユニクロに行ったら、夏向けのシャツが少なくなっていた、値段も上げたような・・・

 昨日は、昼過ぎから、小倉のK設計事務所さんから、案件のリフォーム内装材に、ゲインのあかつるぎ30 デフュージョン版と肥後クリ、腰壁には赤松を推薦しておいたからとの、ご連絡が入り、・・・いよいよ動き始めたぜえ!と・・・ハートが何かをフォーカスしました。

 そういえば、福岡市の東にある久山の案件、1ヶ月前から、ゲインさんの床壁を使いたいけど、予算がなさ過ぎて、どうなるか分からんと、安心できないお知らせが入っていたのですが、もうそろそろでしょう、今日はその結果を確認するべく、午後から走ります。


 世の中、不景気のオンパレードで、建築関係は奈落の底状態みたいですが、そうはいっても、あちこち家は建っています。そのほとんどが、団地用土地買占めから分譲できる大手ハウスメーカーのものが70%ぐらいはあるでしょう。

 自宅の近くでも、西王子という場所には、かつてプリンスホテルの社員用駐車場があったところに、1年前から土地を削って造成された団地ができつつあります。赤土を盛り土して仕上げているので、土地が締まるまで、1年以上は寝かさなくてはならないはずですが、もう着工していました。

 この1ヶ月の間に、すでに10棟建ち始めています。どれも上棟とはとても呼べない中途半端な建て方です。どれこれも皆似たような形の家ばかりが並んでいます。こんな家並みだったら、たしかに餅蒔きをする甲斐もなかろうと思いました。

 まさにお客さんの施主さんは、巻き網漁の魚みたいなもの。鉄骨プレハブの家が、坪60万円以上の販売価格ですが、それでも買い手がいるというか作るというか、宣伝と土地買占めで成立しているセ〇〇〇ハウスは、大した営業力と感心しました。


 確かに世の中は下降気味の様子ですが、良くも悪くもゲインの世界はニッチそのものなので、ほとんど景気の影響を受けることがありません。動いたら、それに比例した結果が出ます。

 金なし、人なしの企業だから、豊富な資金で宣伝して、一気に知名度を上げることはできませんが、確実に認知度は上昇しています。時間はかかりますが、その分いつもFace to face,Heart to heartの熱い想いが直接伝わっていきます。

 鉄骨プレハブの家には、工業製品という以上の価値はありません。が、そこに住まざるを得ない方には、是非とも内装材だけでも、本物の無垢の木を使っていただきたい。それだけでも、後の生活スタイルが、本当の意味での健康的で心豊かな住み方に向上していきます。

 あんなものに、坪60万や80万の大金を費やす資力があるのだから、資力に見合った選択眼を持って欲しいと、つくづく思います。


 時代の趨勢に敏感でなければ、おそらく企業は存続できないでしょう。「販売なくして事業なし」ですから、その時代に適応した商品を開発して、それを大きなトレンドに載せること。

 電気屋といっても、電球をずっと売り続けることはできません。時代とそのときの人々が求めるモノを先行して開発していかなければ、企業の存在価値はありません。

 とはいえ、見た目は100年以上の老舗で、売っている商品も、当初からほとんど変わらないという店もあります。でも見た目は同じようでも、少しずつアレンジしているから、現代的風味を持たせた伝統商品になりうるのだと思います。

 そしてそれは時代がどう変わろうとも、変わることがないコンセプトがあればこそ為しうることだと思います。

 何か目には見えないけど、宇宙自然の法則に則った価値観というか、そのような人間社会の常に移り変わる価値観を、はるかに凌駕した北極星のような指針があるから、いつの時代においても顧客から喜ばれるのではないでしょうか。

 ゲインの販売している商品は、無垢の木の床壁材と構造材、そして健康に貢献する自然塗料だけです。

 樹齢が50年のものがあれば、500年のものもあります。自然と宇宙に直結した木の製品を、みなさんにお届けできるだけでも幸せです。

 でもこの20年(ホントは50年)、あまりに似非商品が多くなり、こういった住まい手を騙すような製品や人から、一人でも多く気づき、被害を受けないようにしてもらいたい。そんな気持ちが、つい前面に出てしまうこともあります。


 ゲインのワン&オンリーの在り方が、ほんの少しですが見えつつありますが、まだ風が吹けば吹っ飛んでしまうような存在でしかありません。今後も、修行の一環と思いながら、商品=ピカッと光る、何かに通じている想い=伝える=利用していただく=納得の善循環を創り上げていきます。
by MUKUZAIKENKYU | 2009-08-05 17:48 | リッチな人生