人気ブログランキング |

2010年 01月 14日 ( 1 )

雪だらけの日々でも、星は美しい

日本の住まいを良くする無垢材研究会  木の住まい案内舎ゲインのゴトウです


 今朝ウォーキングをしながら見た空は、火星と土星が支えるようにして、恒星のレグルス、アークトゥルース、スピカ、ベガがきれいに浮かんで見えました。

 新月一日前の夜空は、余計な光が少ないため、くっきりと星を見ることができます。

d0015306_1318742.jpg


 スピカは、いつ見ても美しい。


 昼前から、怒涛の綿雪が降り注ぎ始めました。

 奥様の誕生日にと、黒崎の「ドイツ菓子のカワグチ」に行って、一番人気のアップルパイと、二三のショートケーキを買いに行ったのですが、駐車場からアーケードに入る50メートルの間に、みるみる全身雪だらけになってしまった。


 雪だらけというと、昨日は飯塚の幼稚園の現場に行きました。

 ゲインのオリジナル杉床“あかつるぎ30D”平板仕様と壁材の「北の赤松」が、産地から直送で到着する日だったため、検査を兼ねて車を走らせました。

 北九州市内は、ちらほらと雪が舞っていたのですが、市外に出るや否や、突然雪が猛烈に降り始め、周囲の山から田んぼすべてが真っ白。

 行けば行くほど、雪はドンドン増えてきました。何とか材料の検品を終えて帰ったのですが、すでに夕方の5時を軽く回っていました。

 スモールランプを点灯して走るも、暗くなったためライトを点けました。…ところが、車の前が明るくない。周りのクルマと比べて、全然光度が足りません。

 故障したのかと不安になりながら、小一時間かけて事務所に辿り着いて、クルマの前を見ると、ライトからナンバープレートまで、雪が凝結して氷になってへばりついていました。

 光が氷に当って乱反射して、前方に光が行かなかった。氷を落とすと、生き返ったかのように光が前方を照らしました。


 こりゃ、人の人生のようなものだなあ。遠くを目指して頑張っていても、いつの間にかいろんな余計なものが付着して、氣が散ってしまって、目指す方向が見えなくなってしまうことがあるものです。

 人生は一回こっきりです。いつも順風満帆ではありません。障害になるまで気がつかなかったら、それを乗り越えるにも、相当な力が必要になります。

 そうならないためにも、心だけでなく身の回りや考え方を見直して、普段から整理整頓、掃除を怠らないようにしたいものです。

 曇る前に磨く。磨いては、また進む。進んでは、振り返る。振り返って掃除をしたら、後は一心不乱になって努力する。その繰り返しです。


ホームページ→ http://www.h3.dion.ne.jp/~yamaiti/
by MUKUZAIKENKYU | 2010-01-14 13:55 | 木 無垢材 自然