人気ブログランキング |

2010年 01月 26日 ( 1 )

森林農法のコーヒーは実に美味い

日本の住まいを良くする無垢材研究会  木の住まい案内舎ゲインのゴトウです


 今朝は、早くからスケジュールが満載で、更新は日が暮れてからになりました。

 
 北九州や福岡を走りました。いつもなら、博多駅や天神、大名を歩くと、私自身も氣をもらったようで、俄然やる気になるのですが、今日は何かしら皆不安げな顔に見えました。

 これがミニバブルが弾け跳んだ後の福岡の雰囲気なのかと、若干氣が滅入ったのですが、それと同時に自分を振り返ると、まあ何てパワフルなのだろうと、手前味噌ながら自信が湧いてきました。

 まあ自分で何もかもしなければならない立場だから、人に頼ることなんか毛ほども思っていない。旨く行かすも、失敗させるも、すべて私の意志と考えと行動の結果だから、不安がっているヒマなんかありません。


 それに最近瞑想をしながら分かってきたことですが、自分自身の欠点というか弱点というか、かなりはっきり見えてきました。

 逆にいうと、自分がこれからやるべきことが鮮明になってくると、同時に「何が足らないか」「何を強化すべきか」が透けて見えてきたのです。

 目標が高ければ高いほど、ハードルの数も多くなるし、その高さもかなりのモンです。でも自分で決めたのだから、どんなことがあっても、どんな高さもクリアし、ハードルすべてを越えなくては、目標にたどり着くことはできません。


 見せ掛けではなく、ホンモノの意思でつながること。毎日が、自問自答と試行錯誤です。

 自惚れなら独りでもできますが、魂を磨くには師と仰げる人や書物、そして同志がいなくてはならない。仕事であれば、さしずめ良い意味のお客様にたくさん恵まれることです。


 一昨日のてんつくマンの運動というのかどうか分かりませんが、「天国はつくるもの」を観て、その後のトーク、会場を出るとき、商品の販売が行われていました。

 何気なく見ると、北九州の西に当る水巻に会社がある「ウィンドファーム」さん。しっかりしたポリシーの元で、オーガニックコーヒーを作っているとのこと。

 寄付金込で、200グラム1000円。まあヨカでしょう。一袋で、地球上に一本の木が植えられるそうです。私は、このフレーズに弱い、・・・


 挽き豆を買って、本日来社されたお客さんに出して、一緒に呑みました。・・・コクといい、香りといい、濃度といい、美味い!

 ブラジルの森林農法(もちろん無農薬)で取れたコーヒー豆を、ここ九州で独自のスタイルで焙煎してできた「ワン・カフェ」。やっぱり良いモンは良い、グラム当りが200円高かろうと、この美味さには替えられません。

 それに何か地球の緑化にちょびっと貢献していると思うと、コーヒーがなおさら美味しく、また愛おしくなりました。


 まだ棚には、近くのスーパーで買った〇コーヒーの挽き豆が300グラム残ってはいますが、とにもかくにもジャカランダ農場の「カルロスさんのコーヒー」を飲んでみたくて、水巻まで走ってしまいました。


ホームページ→ http://www.h3.dion.ne.jp/~yamaiti/
by MUKUZAIKENKYU | 2010-01-26 18:47 | スローライフ