人気ブログランキング |

2010年 01月 28日 ( 1 )

一日30時間は欲しい

日本の住まいを良くする無垢材研究会  木の住まい案内舎ゲインのゴトウです


 今朝も、雨上がりの空の下、ウォーキングを楽しみました。

 でも最近は、やり方が変化してきました。というか、もっとこの時間を意志的にしたいという想いから、ある言葉をひたすら唱えながら歩くことにしました。

 昨年末に体験した、ある修行方法で得た秘訣の一部分だけですが、それをウォーキングに応用することにしました。すると、朝一番から考えることややることへの集中度合いが、画然と高まってきたのです。


 人生は、如何にして集中する時間を多く確保するかが決め手ではなかろうかと思うようになりました。漫然と過ごす時間は、何も生まないし、周囲とのつながりが希薄になります。

 集中するということは、何かに向かって、常に働きかけていることでもあります。

 朝の5時から、びっしりとスケジュールで一杯なのですが、そのためかちょっとでも油断すると、えええ!もうこんな時間!ということが頻発します。

 でもこれで良いのです。どうして?何が?と、いつも反省して、毎日少しずつではあっても、確実に改善でき、集中する中身が益々濃くなり、時間も多く確保できるようになりました。

 過去のことや「未来知られず」の先のことを憂う=油断の入り込む余地などなくなってきました。

 でもね、一人でやることって、ある程度量が決まっているのです。だから目標が高いほど、当然やるべきことが多くなるのですが、それを確実にこなすには、やはりもっと時間が欲しいのが本音です。

 仕事の内容も、多岐にわたります。これをすべて処理するには、今の私の能力では、最低でも一日16時間以上は欲しい。その上、健康を維持するためにウォーキングや食事の時間。意志をより高めるために行う「瞑想」タイム。

 そればかりではありません。人とのつながりにおいては、ある程度柔軟な時間の振り分けが必要になり、最初は1時間と決めていても、大体その倍以上の時間がかかってしまうものです。ビジネス然り、プライベート然り、・・・

 そうやってしばしば煩悶しながらも、今日も少し幸福な前進を遂げていければ、まず好しとしなければならないでしょう。


 今夜は倫理法人会のナイトセミナー、明日は施工現場に朝早くから打合せと立会いです。

 ゲインの杉の浮造り床(今回施主さんがフラット面が良いということで、浮造り前の平板で納品)と、壁に「北の赤松」が取り付けられています。

 明日は、これに木材用オイルと木蝋ワックスの塗装工事です。

 浮造り杉ではないものの、床をご覧になったオーナーが、「杉っちゃ、こげん赤かとね?・・・美しかあ!」と、驚きながら喜んでいただきました。

 ゲインのお届けする杉の床は、そこら辺に流通しているような(樹齢が低いために白太ばかりの)杉床じゃありません。樹齢70年以上にこだわり、産地の特性を活かした杉床は、赤白込みとはいっても、ビックリするほど赤かとです。

 杉の美しさは、その赤味と杢目にあります。これを表現できなかったら、ただの材木になってしまいます。ホンモノには、ホンモノの理由が表現されてこそだと思っています。


ホームページ→ http://www.h3.dion.ne.jp/~yamaiti/
 
by MUKUZAIKENKYU | 2010-01-28 10:40 | リッチな人生