人気ブログランキング |

2010年 08月 12日 ( 1 )

止むに止まれず衝いて出る言葉

日本の住まいを良くする無垢材研究会 
 
                     住まいの木案内舎ゲインのゴトウです


 外は土砂降りの雨、風が強くて、窓も開けられません。台風4号は、今韓国の南端を通過していますが、小型の台風であっても、相当なものです。

 というわけで、本日は外回りはすべて中止となり、必要な連絡や打合せは電話で済ませました。

 盆休みに読む本は、すべて注文済み。13日には着くでしょう。

 明日は、台風一過の晴天が待ち受けています。心置きなくご先祖の墓掃除に集中できそうです。


 そこで今日は2度目のアップと相成りました。

 私は、木の専門家です。でもどうしても胸の奥から突いて出てくることがあります。

 皆さんに、日本の無垢の木について、よく知っていいただくことが、これからの日本の本物といえる「木の家」を底上げすることにつながると信じています。

 いい家に住むなら、木のことを熟知した上で、ご自分の好みで択び、納得して、いい住まいを手にして欲しい。

 世間では、いろんな情報が溢れていますが、どれも受けを狙ったキャッチコピーが先行したり、いかにも「木にこだわっている」かのように見せて、その内実はただの木材ブローカーということが少なくありません。

 はっきりいって、うんざりします。

 とりわけ自称「材木屋」を名乗るサイトは、昨日教科書から引っ張ってきたような陳腐な専門用語が並んでいたり、「町の材木屋」を名乗っては、ただの「建材運搬業者」であったりと、正直ひどいもんです。

 こんな材木屋と取引している工務店さんが可哀相になってしまいます。


 この世では、生きる上で必要なことは、打算や駆引きではありません。商売には、これは付き物だという人もいるでしょう。

 でもはっきりいって、それは間違っています。

 自分の得になるなら、相手を騙してもいい。こういった考え方は、本来日本にはありませんでした。これは欧米や中国の発想です。『為さざる無きなり』

 ガツガツと目の前の欲得に溺れるように、何でも有りを行う商売は、私から言えば非道であり、無節操です。


 本当の世界は、まず『為さざる有るなり』から始まらなければならないと考えています。そしてその先に、初めて『為す有るべし』だと思います。

 これは学問の話ではなりません。商売という人間の生き様に係わる問題です。

 商売と聞くと、あなたはいわゆる営利事業と連想すると思います。商品を販売することを通して得た利益を、もっと人のために役立つことに投資することの繰り返しが商売です。

 自分(自社)だけがいい暮らしをすることしか考えていない者は、元々商売をする資格なんてありません。でもそんな動機で「商売」をしている業者が、全体の内、多数を占めることは事実です。

 だから、つい「ショウバイ」という言葉を聞くと、いかにも汚らわしい卑賤の輩の世界という連想が付いて回ってしまう。


  なかには、中身もないのに、お金だけは先払いを要求して、中身を問い質すと、「心配しなくていい。付いて来ればいい。」なんていう商売もあります。自己啓発系のセミナーに、特に多い。これって先物取引の仕掛け人と同じです。

 ここには、ウィン・ウィンも倫理もありません。相手を端から見下しているからです。見下すことは、そのまま相手を騙すことにつながります。相手の無知や弱気を餌にしているからです。


 私は、本物の商売のあり方は、人間の納得できる生き方を体現することだと考えています。人間としての誇りや道徳、倫理、愛和、共感、ウィン・ウィン・・・を実現することを通じて、お互いに豊かな暮らしを創造することです。

 でなければ、自分に恥ずかしいでしょう。

 見下しもしなければ、見上げもしない。そこに本当の信頼するに足る誠があれば、相手を裏切ることなど有り得ません。だからこそ水平の目線からこそ、良い関係が生まれるのです。

 まただからこそ、自分のスキルや知識、経験を一所懸命に向上させることができるのだと思います。

 すでに取引のあるお客様のためだけではありません。これから出会うであろう、まだ見ぬお客様に、いつ出会っても良いように、普段から鍛えていなくてはなりません。

 そういう状態を、私は「献身」と呼ぶのだと思っています。


 私は、ある意味「ショウバイ」には向いていないのかも知れません。でもね、その商売を通じて、多くの人々と交わり、喜ばれ、信頼され、また啓発され、感動して、より豊かな人生を実現できると信じています。


 最後に、佐藤一斎の言葉です。「自らを欺かず。これを天に事(つか)えるという」

 これができてこそ、自分の器を以て、その商売の真のリーダーシップが発揮できるのだと思います。


住まいの木案内舎ゲイン

魂の在り方
by MUKUZAIKENKYU | 2010-08-12 09:13 | リッチな人生