人気ブログランキング |

2010年 11月 30日 ( 1 )

時間がなくて、秋元神社第二弾

日本の住まいを良くする無垢材研究会(日本フォレス党)

                 住まいの木案内舎ゲインのゴトウです



 今日は、11月の月末ですね。

 だからというわけではないけど、滅茶苦茶に忙しい日です。

 高千穂小旅行日記の続きをお知らせするつもりでしたが、あいにく時間がありません。


 早朝から福岡市南区の「公園前の家」上棟で、その立会いに向かいます。

 その流れで、市内の建築家との打合せが3件。

 多分昼飯抜き、・・・


 北九州に戻ってからは、たて続きに2件打合せが待っています。

 最後は、野暮用も入っています。

 いつ夕飯にありつけるか分からない、・・・これもけっこう辛い。


 だから小旅行のアップは、ゆっくり時間が取れてからになります。

 ちょびっと秋元神社の小景を掲載します。

時間がなくて、秋元神社第二弾_d0015306_1936235.jpg


 何か分かりませんが、何かの容器?簡易手水舎?苔生していて、銀杏の枯葉に包まれて風情がありました。

時間がなくて、秋元神社第二弾_d0015306_19364995.jpg


 やっぱり社と鳥居の向きが、微妙にずれています。

 向きが違う神社は、どこにでもありますが、ここは意図的ですね。

時間がなくて、秋元神社第二弾_d0015306_19371997.jpg


 秋元村は、上の写真の右奥にあります。


 正面の山々の先が、宮崎県諸塚村。産直住宅という名で、一所懸命に、九州の木を活性化させようと頑張っている方がいらっしゃいます。

 オビアカという種類の杉です。これだけなら、九州どこでもあるので、何の個性もありません。

 でも一徹な努力は、乾燥方法にしても、南宮崎では人工乾燥が主流なのに対して、自然乾燥にこだわって頑張っている本物の方がいます。


 あなた!知っておいた方がいいですよ。

 人工乾燥は、たしかに木の狂いを少なくするのと乾燥時間が短くてすむので便利だけど、杉の肝心の樹脂成分が、水分と一緒に抜けてしまう。

 堅くなるだけで、パサパサ。艶は、完全になくなってしまうので、本当の意味での杉の価値は半減してしまっています。


・・・
 旧道を走ると、クルマの離合ができる場所は、ほとんどありません。

 川の反対側に新道ができていて、そこを走ると、途中から「天翔大橋」という名の新しい橋が架かっていました。

 そこから先は、やはり結構細い道を走ります。最後の2キロメートルは、運転に自信がある方なら大丈夫。

 自信のない方は、1キロメートルほど手前で、適当なところに(もちろん村の人の許可を得て)駐車して、後は徒歩で登るしかないでしょう。

 私は、どこまでもクルマで行きました。一の鳥居前にある小さな駐車場に停めることが出来ました。

 
 次こそは、次の目的地である天岩戸神社についてアップします。


住まいの木案内舎ゲイン
by MUKUZAIKENKYU | 2010-11-30 06:55 | 木 無垢材 自然