人気ブログランキング |

カテゴリ:倫理( 35 )

無関心を発信するメディア

今日は5月15日 40年前の今日

米国に占領されていた沖縄が、日本に返還されました

朝からちらほらとテレビを見ていたけど

見事に報道されない


新聞には特集記事が掲載されていたけど

テレビなどの媒体は、全くの無視

テレビほど影響力のあるメディアはないのに…


日本のマスコミは、忘れてはならないことを忘れさせ

覚える必要のないことを、しきりに騒ぎ立てる


その結果、日本人の良心に訴える内容は欠落して

卑しき野次馬根性や人の不幸を喜びたがる覗き見趣味ばかりを

刺激し続けているようです


夜は夜で、つまらん芸人が主役の下らん番組が

ゴールデンタイムを占拠して、視聴者をひたすら愚民化する


これが一年前に東日本大震災と福島原発事故を経験した

同じ日本人なのかと目を疑います


…といって嘆いたところで、何が変わるわけではない

だから自分だけでもしっかりと意識を堅持していようと腹に決めました


公約の真反対を突き進む卑劣な民主党政権と

それをあざ笑いながら官僚主義行政を浸透させる省庁役人

何の役にも立たない野党勢力

ここでもやるべきことはできるだけ後回しにして

今しなくても良いことを急いでやろうとする


これじゃ震災や原発事故で、命や財産を奪われた方々が浮かばれません

国民は政府と官僚のための家畜じゃないってことを

行動で示さなくてはダメでしょう


あらゆる意味で「無関心」は

人間から良心を消し去り、疑問心や好奇心を奪い

人間らしい人生から喜びや共感を

とりわけご先祖や周囲への感謝心を根こそぎにします


無関心からの「思考」とは、目に見えない他人の思考に誘導されてしまう

家畜の思考なのだということを覚えておいた方がいいでしょう

by MUKUZAIKENKYU | 2012-05-15 16:51 | 倫理

自分の目と良心に従って

ゲインは九州は福岡を拠点に活動している企業です

ニッポンの木材を、より多くのユーザーさんに利用していただきたい

もっと日本の森林のことを知ってほしい

そして無垢の木を利用することの利点を伝え

その結果、日本の自然と共生する人間社会を

ここ日本で実現したい


そんな想いは、実際にはごく限られた点のような存在だけど

決して非力ではない

必ず理解していただける良心と正義に満ちた方はいる


拠点は福岡だけど、日本全国の良心的な木の産地とタッグを組んで

多種多様なニーズに、より完璧に応えられるように活動しています


森林に、木の産地を豊かにするためには

行政的なことや社会運動的な方法もあります

関心を喚起するという意味ではいいでしょう


でもね、この世は生身の世界 しかも資本主義社会です

生きなければならない

お金がなければ何にもできないのです


だから我々の役目の重要な部分は

経済的な還元なのです

これができなければ、何をやっても、ただの「ほら吹き」でしかありません



ちょっと話は変わりますが

昨年の3・11の際に発生した「福島原発事故」後です


この事故によって、ただでさえ震災被害の只中にある福島県民は

放射能汚染という絶望的な人災事故を押し付けられました


日本全国から支援や応援の手が上がりました

“絆”という言葉が巷に溢れました

表向きは、…


でも実際には、応援する振りをして

震災瓦礫の受け入れを拒否する

福島周辺の野菜や生鮮品の不買につながりました


そんな中で、あこぎな商売も増えました

関東向けに九州産の野菜を販売することを

「放射能汚染の心配がない」ことを売り文句に、です


そんな商売人は、震災復興や支援には関心を持っていない

この機に乗じて、大儲けをしようと企んでいるだけです


本当に震災被災者を応援したければ、経済的還元をこそ最優先しなければならない

つまり汚染されていないことを証明する手助けをする

同時に、東北の野菜や生鮮品を優先的に購入して、

より多くのお金を被災地に還元することが肝心だと思います


そんなこともせずに、自分の地域の利益になることを優先するならば

便乗商法であり、人の不幸に付け込む卑怯千万なあってはならない商売だと思いますよ
by MUKUZAIKENKYU | 2012-04-01 14:39 | 倫理

正念場

負けてたまるか!

今は、そんな気持ちでいっぱい

今は、開き直ったせいか、妙に冷静な気分に浸っています


えええ?何が?って?


時々やってくるのです


何か得体の知れない圧力が

自分ひとりの非力さに

先が見えない不安さに…


しかし思い起こします

私がたった一人になってもやり遂げると決意したときを

どんなことがあってもあきらめない

心ひそかに「正義は、我に在り」と自分に誓ったことを


奇跡などは期待するものじゃない

この世に偶然なんてありえない

すべては「我が鏡」 すべてが自分が引き寄せたもの


幸も不幸も、すべて必然なのだ

ただどんなことがあっても生きていかなければならない


家族の物心両面の幸せを実現するために

疲弊した産地に経済的な豊かさを少しでも多く還元するために

それが実現できる自分を造る 磨く 鍛える


その過程には、想像だにしていなかったハプニングやトラブルもある

そんなときは試されているのです

神様に ご先祖様に 

ここが本領の発揮のしどころなのです


逃げるのではなく

戦うのではなく

無論何かのせいにするのでもない

真正面から受け止める そんな覚悟ができてこそ

乗り越えられると思います


さあ素晴らしい天気の朝です

太陽が眩しく 暖かい

太陽は分け隔てなくどこまでも公平に照らします

今日も「ありがたい、ありがたい」と感謝しながら邁進します


ホームページはこちら
by MUKUZAIKENKYU | 2012-03-29 10:00 | 倫理

鎮魂の祈りを捧げます

うばい合えば足らぬ

分け合えばあまる

うばい合えば争い

分け合えばやすらぎ


うばい合えば憎しみ

分け合えば喜び

うばい合えば不満

分け合えば感謝


うばい合えば戦争

分け合えば平和


うばい合えば地獄

分け合えば極楽


相田みつを


今日は祈りの日。
2万人の魂への鎮魂


♪ 一年前の悲劇を 予想し その後の 歩みを 示唆してくれる歌です。



上の相田みつをの詩は、今朝FB友の投稿から引用しました

私は、どちらかというと、相田みつをさんの言葉には

ある点から、少し抵抗を持っていた人間です


でも今日は、そのまんま素直に受け止めることができました

一年前に起こった日本人の悲劇

図らずも命を奪われた被害者の方々に

鎮魂の意を捧げます


そして今なお政治と行政の無能のために

苦渋を強いられている方々に

私なりの精一杯の「お役に立てられる」ことを実行し続けます



無垢の木 住まいの木案内舎ゲインのホームページはこちら
by MUKUZAIKENKYU | 2012-03-11 10:55 | 倫理

利によりて行えば怨み多し

正月気分も、当の昔に抜け、連休が明けた途端に大忙しの毎日


引合や打合せ、それに施工アドバイス

見積作成や、注文に段取り、資料や書類の作成とサンプル郵送

先週から、毎日がこのパターンの繰り返し


今日も同じパターンで、昨日作成していた書類を郵送するのが最後の仕事

ついでに給油とオイル補充に、近くのスタンドに向かいました


給油を終えて、道路に出ようと、目の前の車列が切れるのを待っていたら…


面白いことが…ていうか、何とも苦笑いせざるを得ないシンクロニシティ

こんな偶然ってのは、まさに皮肉というしかない


実は一昨年の秋辺りに、二人の人間と縁が切れた

その二人は、それぞれ無関係だから、一緒に行動することはあり得ない


何気なく流れる車列を眺めていたら、まず最初にYが、…おやあ珍しいと思っていたら

3台後に、今度はWが…両方とも一瞬私に気づきましたが

バツが悪かったのでしょう。そのままスルーでした


同じ時期に縁が切れた二人が、仲良くっていうか偶然にも

同じ車列の前と後ろを走っていて、私からはひとつの画に見えました


ワクワクするようなシンクロなら楽しかったんだろうけど

その反対で、同じような動機で縁を切った二人が連続して

目の前を通り過ぎるってのは、一体何をサジェストしてるんかいな?

感情的には「皮肉」「イロニー」やな、ヤッパ…



二人とも、かつての「友人」でした

でも友人と思っていたのが、私の甘いところでした


一人は半ば商売的な付き合いもあったため、彼が他所の業者に浮気したために

私も仕事の紹介をしてあげるのを止めて、縁が切れた

たった数千円をケチって、数十万から百万単位の受注を彼は逃すことになりました

付き合い期間は18年


もう一人は、どこまでが友情なのか、どこまでが打算なのか分からなかった

結局私に出資させといて、途中で放り投げてしまった

けっこう個人的にも親しく付き合っていただけに残念でした

(私は友人であっても、一旦お金が絡むなら、プロとしての自覚と責任を求めます。なあなあは許さない。大人であれば、個人的な価値観以上に社会的な生き様の方が優先するものです)

付き合い期間は、実質的には5年間


友人ってのは、やっぱり根底にあるのは「思いやり」だと思います

それに「打算」があっても笑い飛ばせるような信頼関係です

相手を必要以上に褒めたり、無理矢理何かをプレゼントしたりする関係じゃありません


だからかな、私は友人に対してはしっかりと批判します

赤の他人だったら、馬鹿馬鹿しいので批判などしません

Wには商売上の打算があったので、そのまま縁切り

Yに対しては、まだ友人という想いがあったので批判しました


でも私がそう思っても、それが通じるかどうかは相手の器次第です

Yは私の批判を受け容れませんでした


『論語』に、こんな言葉があります

「利によりて行えば怨み多し」

人生はそれでもやってはいけるでしょう

でもその度に、心は痩せ貧しくなっていくものです


どんな事情があっても、表の「親切」に、裏の「見返り」を欲しがっていては

誰も永くは付き合ってはくれないでしょう


へんてこなシンクロニシティを経験して

ついいろんな想いが連なって現れた夕暮れ時のひとコマでした
by MUKUZAIKENKYU | 2012-01-11 18:44 | 倫理

人間にとっての永遠という肉体

12月は、毎度のこととはいえ、やはり超忙しい

毎日を、分刻みのスケジュールで、何とかこなしています


ただ先週は不覚にも風邪を引いてしまった

只でさえ貴重な時間が、風邪から回復するのに二日間要してしまい

その分のしわ寄せが、今週に…


そんなときは狙いすましたかのように、スポット的な用件が飛び込んでくる

もう大体分かっているから、それ用の予備時間はしっかり確保しているが

お蔭で、どんどん睡眠時間が少なくなってしまった


でも予定のスケジュールを、ギリギリの時間調整でクリアする都度

何ともいえない達成感を味わえる


この忙しさは、普段の3倍ぐらいだけど

不思議と全く疲れが来ない

好い調子です!



今、宇宙物理学と素粒子物理学の世界は、滅茶苦茶面白いことになっている

137億年前に起きたビッグバン以降の物質とは何かという問いに

新たな可能性が見えてきているようです


ヒッグス粒子と呼ばれる、見えない認知されない粒子

あらゆる空間に「在る」ということです

これは物理学の発祥当時からいわれていた「エーテル」と同義語ではないかな?

「エーテル」の構成「物質」が「ヒッグス粒子」なのか?

遍満するヒッグス粒子が存在するならば、空間は均一ではなく

物質とは、その粗密によって質量を初めて持つことになる


宇宙科学は、面白いですね

「志業とはその行き詰まりを見せずして一生を終るを真実の心得となす」

「命には終わりあり。芸には果てあるべからず」


私は今の仕事をやっていなかったら、間違いなく宇宙物理学に没頭していたでしょう

そこで想う「命」を考えると

宇宙と比べたら、人間の命は瞬間でしかない

でもその瞬間の命が、宇宙の永遠を捉えることができる

瞬間の中に永遠が宿る

だから人類は奇跡的に成長を遂げているのかもしれない

今一人の人間が生まれるために要した両親の数は

ほぼ1兆1千億人がいたことになる

その先端に、今私がいる

そしてこれから先、更に連綿として受け継がれていく命です

そう考えると、今存在している命は、すべて掛け替えのない奇跡といえます
by MUKUZAIKENKYU | 2011-12-15 08:09 | 倫理

「放射能」ビジネスってか?

住まいの木案内舎ゲインのゴトウです


毎日が計画通りに進まない…

なぜか?

長い間待ちに待った懸案物件が、次々と決まり、問合せや見積依頼が殺到

外回りの仕事もしなきゃならんのだけど

見積や製品の手配は待ったなしなので、どうしてもそちらが優先して

気がつけば、通常の訪問もまともにできていない


若干焦る気持ちがあるにはあるが、もう仕方ないと腹を括るしかありません

でももっと工夫の余地はあるはずです

何とか飛び込みの要件に左右されないように

スケジュール管理を見直します



…最近、なしか「米」にこだわっています

米種もさることながら、むしろ無農薬栽培を前提に

全国の米を検索

インターネットはホント便利です

大体5kgで、3,000円から5,000円近いものまであります


スーパーで売っている普通の白米は、今は5kg、1700円からが当たり前

だからほぼ倍近い値段ですが、農薬だらけの米には正直警戒してしまいます


無農薬とは別に、今「胚芽米」にシフトしつつあります

白米の美味さは捨てがたいけど、胚芽米のコメ本来の栄養分に関心があるのです

栄養豊富というだけでなく、人間の健康維持のための栄養素が沢山含まれています

ある意味、胚芽米を食べてれば、おかずにあれこれ気を使わなくてもいいような感じがします


できれば九州産がいい。確かに新潟や秋田のコメは美味い

でもね、送料が高いのはむかつくので、西日本のコメにこだわる

今、あれこれ試しているので、後々いろんな報告ができるでしょう


最近あるネット通販のHPを見つけました

キャッチコピーが「放射能汚染」のない野菜とコメって宣伝している

何度も「放射能」という言葉が出てきて、九州の野菜の安全性を強調していました


…なんかちょっとおかしくない?

元々あるネット通販では、そんなことは強調していません

この業者、日本人同士としての惻隠もないし、デリカシーに欠けている

原発事故で、どれだけ多くの人が不遇を強いられているか

その土地の農業者や酪農業者の苦悩を思えば、こんな宣伝で商売するなんザ

人の風上にも置けないってことにならないか

人の世は表があれば裏もある、仕方ないのかもしれないけど

「放射能ビジネス」は人の恐怖心や不安感を煽るという意味で

最も卑劣で賤しいナリワイだと思いますよ


ホームページはこちら
by MUKUZAIKENKYU | 2011-10-20 08:05 | 倫理

書籍「内部被曝の真実」を読みましょう

住まいの木案内舎ゲインのゴトウです



福島原発事故から7ヶ月が経過しました

もちろん東日本大地震からも同じ日にちが経っています


この間に、私たちは絶対に忘れてはならないものを、沢山知り、また自覚したと思います

でも人間というものか、はたまた日本の社会が作る

大切なことやどうでもいいことをまぜこぜにして情報として垂れ流すメディア


私たちは、そんな情報洪水と誘導の中で、いつの間にか感性を鈍らせてしまうことが往々にしてあります


しかし将来の日本のために、

またそれを担う今の若者たちを救うために

絶対に忘れずに、肝の銘じておかなくてはならないことがあると思います


そのひとつに、東大教授の「児玉龍彦」氏の国会での警告があります

一時期、you tubeで、相当数アクセスされ、またメディアでも話題になったので、知っている方は多いと思います

でも児玉氏が、国会でどんなことを語り警告したのか

あなたは今でも覚えていますか?


またその時の質疑応答については、殆ど知られていません

児玉氏の怒りの告発のみが注目され、もっとデリケートな言質は無視されているようです


それらの全部を、子を持つ親としては、是非とも知っておかねばならないのではないか


ただでさえ、今の日本の労働条件は劣悪になりつつあり

人間としての健康で将来に期待を持って働ける労働環境が激減している

「格差」社会は、日本でも十分に遍満しています

日本は、米国ほど情報公開が進んでいないため、圧倒的多数の日本国民は知らされていないだけだと思います


マスコミやメディアは、オチャラケや覗き見趣味的な話題は、何度でも「報道」しますが、

ある真実を公開することで、社会的インパクトが強いと

自分の責任回避とある方面からの圧力を怖がって

意図的に「報道」しない体質を持っています

だから垂れ流されるニュースやコメントは、絶対に鵜呑みにしてはならない


まあ、これはもうひとつの課題として、まずは

単に放射能汚染から自分だけが助かろうといった了見の狭い考えではなく

日本国民全体が同時に考え対処すべきこととして

先の児玉氏が上梓した

以下の書籍を皆さんがお読みになることを強くお奨めします


内部被曝の真実 (幻冬舎新書)

児玉龍彦 / 幻冬舎



※この記事は、数日間反復して公開する予定です

ホームページはこちら
by MUKUZAIKENKYU | 2011-10-18 08:00 | 倫理

山にもない、マサカという坂

やっぱり月末が近づくと、いろんなことが起こるものです

上り坂、下り坂、そしてマサカ



昨日の朝から、その対応に追われ、同時に規定のスケジュールを

きっちりこなし、事務所を出たり入ったり

北九州から福岡を行ったり来たり

やっと一段落したのが、今日の5時半でした



アンビリーバブルなこと、…



ゲインのお届けした「樅の木」は樹齢150年から500年という稀少材

ユーザーさん自ら、ゲインの事務所に訪ねてこられ

いろいろ検討した結果、最高級の「樅の木」に決定


諸々の経過があって、やっと工事に入りました

床工事が終わり、次の日は塗装工事という段取りになっていました


ところがユーザーの旦那さんからメールが入って

「床に節の抜けた跡が、何箇所かあるんですが、…」


早速写真が送られてきて、良く見ると、…

そう何度もよくよく見ました。んんん?

床の表面は、どうみても裏面にしか見えない


まさか、やろ~!

裏面は表面に影響のない程度の小さな節はあります

でもこの床、浮造り仕上げっていって、表面を冬目を残して

わざと凹凸に仕上ている床なのだが、凹凸がひとつもない


それからどう対応したかは割愛しますが、本来納期が一ヶ月かかる製品です

新たに揃えるだけでも大変なのです

それをメーカーと必死で交渉した結果

他にまわす予定の同材を優先的に回してくれることになったのです


これだけでも大変だった

竣工検査は一週間後でしたが、当然延期となりました


その職人さんは、長年床工事専門でやってきたとのこと

なのに「表面が凹凸だったんで裏面かと思った」と言い訳こいた

もはや怒りを通り越して、脱力してしまいます


この工事に入る前に、どこの工事業者がいいか依頼されました

現場のすぐ近くにいい仕事をしている中堅ゼネコンがありました

またそこを良く知っている建築家とも懇意にさせていただいていた

渡りに船でした


建築家の紹介で工事業者も決まり、工事は恙なく進行していくはずでした


そんなこんなの経緯なのです


ゼネコンさん、こんな場合は、事情がどうであれ、

ゲインにこれ以上付けを回すのは筋違いですよ

本来なら不可能なことをやってのけたのです

それもこれも、現場がどうであれ、施主さんを絶対に失望させてはならない

その一点でやり切ったことなのです


感謝の言葉ひとついただいていません

なのに、ああそれなのに、…


新規に入れた材料を安くしてくれとか

支払いは1ヶ月繰り下げさせてくれとか

私は、逆に仕事の紹介料をいただいて良い立場なのですがね


仕事はお互いプロ同士、情に棹差す部分は、ここでは必要ありません

たとえ一見不可能に見えても、智慧を絞って、苦境を突破する

自分自身への誇りと現場への気配りを全うする

お金は、そうした後から筋の通る形で動くのでなければならんでしょう


月末は、お金を扱うたくさんの事務作業が集中します

そんな中、いろんな問合せや資料請求に応えながらの数日間でした

さすがに、今日はドッと疲れが出てきた



明後日登る計画の山が、東に見えます

今日は暑いながらも、空と空気はすっきり澄んでました

こうなりゃ何が何でも、気分一新のために、トレッキング実行です



まずはお問合せください

住まいの木案内舎ゲイン
by MUKUZAIKENKYU | 2011-07-29 18:01 | 倫理

講演会の参加作法

「無垢の木」についてのお話は、来週からということで、

今日はゲインは基本的には「お休み」です



明日、倫理法人会の会員さんが自費で開催する講演会があります

1ヶ月前ぐらいから、会員間で参加募集していました

最初の2週間で、ほぼ600名の応募があったそうです


講演会のテーマは「子どもたちへ伝えたい美しい日本の心」

講師は「金美齢」氏

私は元々シンパシーがあるため、当然参加するつもりでした


でも異常に応募が速く多い…何と主催者が自腹で開催するということ

よって参加費は無料…

無料は諸刃の剣です。無料だから来るという動機の方が多いと、

間違いなく会場の雰囲気が崩れるからです


しかも聞くと、無料だからという理由で、ある水商売の経営者が

頼まれてもないのに、主催者のスポークスマンのように振る舞い

片っ端から募集していたとのこと

…おいおい、酔っ払いを誘ってどうするの?


こういう「要らん世話」の行為は「投影」というのです

講師の人格や立場を十分に知っているならともかく、下手をすれば

自分の売名行為と引き換えに、講師の人格を貶めることになりかねません


人を誘うことはあっても、ネットなどで公開することは、

やりすぎを超えて、はっきりいって越権行為でしょう

もしまともな神経を持っているならば、飽くまで個人的に声をかけるぐらいに限定するべきです

それが礼儀です


応募は無料でも、主催者は高額のお金と準備に時間をかけているのです

身勝手な行為は厳に慎むべきでしょう

これが無料講演会の怖いところなのです

無料というと、ハードルがないと勘違いしてしまうからね



講演会に出席する際には、私なりのもうひとつの作法があります

それは著書を出しておられる方であれば、とにかく一冊でもいいから読んでおく


それはある意味、その人の人となりを文章を通して理解することで

講演内容が格段に理解しやすくなるということと親近感を持って臨むことができます

もし話すチャンスがあれば、しっかりと問題意識を持って質問することもできます


言葉というのは、その場の雰囲気に左右されやすいものですが、

文章は、作者が自分の世界を客観的に形にしているため、世界観が確実に伝わってきます


もし高名で著作が多い人の講演を聴くなら、こういった所作をお奨めします

講演の参加料が安く感じること間違いありませんよ
by MUKUZAIKENKYU | 2011-06-18 18:35 | 倫理