人気ブログランキング |

カテゴリ:コラム 政治・経済・社会( 50 )

新米(しんべい?しんまい?)国大統領が決まりましたね

トランプさん、元民主党で、最近共和党に鞍替えして、大統領選挙に打って出た。

非常識と無知のなせる破廉恥な言動と大衆迎合主義、そして豊富な資金と行動力で、大統領の座を射止めました。

ヒラリーさんは、残念ながら長い民主党政権の政治に飽き飽きしていた国民から、愛想を付かされてしまいました。

それに体力面の不安と対照的なトランプの驀進力に、多くの米国民、とりわけ時代に取り残されつつあったプアホワイト層が、熱狂的に応援したようです。

トランプさんの言動から推測すると、彼はレイシスト(人種差別主義者)であり、白人優越主義者であり、結果相当な排外主義者でもあります。

日本に対しては、TPPは批准しないと明言し、日米安保条約の内容を知らないようで、一方的に「もっと金を出せ。出さないならば撤退するぞ。」といい、「日本も韓国も、核武装すればいい」とまで言い放ちました。


ここで大喜びしたのが、我が日本の総理大臣安倍さんは、早速トランプとの直接会談を企画しました。

体質的には、安倍さんとトランプは共鳴し合う関係と言えます。

自民党は、元々共和党との政策一致が多いのです。

そして安倍さんの政権を維持するためにも、維持している間に、自主憲法の制定、軍事的自立、アジアの盟主としての復活を実現したいのです。

岸信介を祖父に持つ人ですが、岸氏ほどの器量は持っていません。そこら辺で平気で嘘を吹聴する、そしてそれを全く意に介さない人物です。福島原発事故に関するコメントには、呆れました。

中国の尖閣諸島への軍事的侵略行為と同じく、米軍が沖縄から撤退すれば、それこそ安倍政権の思う壺なのです。

自民党以外では、当分の間は政権を担う資質のある党派はありませんから、やりたい放題が可能になります。

これも国民が選挙で選出した結果ですから、良くも悪くも正面から受け止めなければならないでしょう。


予測不能なトランプ新米大統領です。彼が選挙期間中に吹聴した言質は、実行しなければ嘘を言ったことになります。

実行しなければ、今度は彼を信じて投票した多くのプアホワイト層が、間違いなく叛乱を起こすでしょう。



by MUKUZAIKENKYU | 2016-11-12 11:04 | コラム 政治・経済・社会

つれづれ その3 政治と震災その他

かつて右寄りの国会議員が言っていたことを思い出した。

大災害が起きるときは、そのときの政権が正当でないときに、よく発生するというものだった。


かつて社会党の党首が首相の座に座ったとき、阪神大震災が発生したといい

民主党政権になったときは、東日本大震災が発生したと、

これは「神国」である日本の神が怒って、大地を揺らしたのだと言い切っていた。


そんな不見識しか持ち合わせていない者が多い政党である。

良識や高い倫理観を含む哲学を持たずに

金と権力ばかりを欲しがるため、いつも権力者の太鼓持ちを買って出る。


そのため日本に自主憲法を求め、核武装と原発を推進し

憲法の頂点に掲げる道徳規範は、純粋な神道とは程遠い

国家という名の下に権力による統治を目指すアナクロな「国家神道」主義者たちである


これはかつて日本が太平洋戦争に敗北した際に

当時の同盟国のドイツと異なり、まともな反省と総括をせずにやり過ごした結果

政治家は何を言っても良いという下卑た特権意識と媚びる選挙民ばかりを

同調圧力の下で醸成してきたものだ


そして今は自民党が多数を取り政権の座にあるが、

この政権も、小泉さん以降は、すべてナンチャッテ日替わり総理が

文字通り三交代した。民主党も、その後を追ったのだが、


今の安倍政権下で発生した災害は、その当時よりはるかに多く発生している

水害は全国で発生し、熊本地震も発生してしまった

激しい火山噴火も、圧倒的に多くなった


そして最近は権力の延長(自民党党首の任期3年間二期まで)を変更して

三期の9年間まで延長しようというものだ


総理大臣という最高権力者の任期を、本来の民主的な手続によらない方法で

政権党内だけで変更できるとしても、日本の議会制の致命的な欠点といわざるを得ない

こんな無節操な権力の集中と延命が、果たしてどんな結果をもたらすだろうか


それこそ大地が怒り、大災害を惹き起こすカウントダウンが始まったのではないか
by MUKUZAIKENKYU | 2016-10-22 11:24 | コラム 政治・経済・社会

つれづれ その2 豊洲市場問題他

豊洲市場問題は、小池都知事の誕生なくしては語れない

小池さんは、知事選前から、都政の闇の部分を知っていたのでしょうね


もしこれが自民公明が支持した「増田」さんや

突然野党が慌てて統一候補とした「鳥越」さんでは

絶対に日の目を見なかったでしょう


この十数年間で、やっと都民はまともな判断をしたといえます


豊洲の地下空間を、誰が指示したのか、明らかにすることは

都庁の担当者を尋問するか、あるいは設計事務所に問合せれば

簡単に判明する問題です


にも拘わらず、都庁は「確認中」という回答しか出さない

設計事務所は「守秘義務」を楯に、回答を拒否している


人物や部署を特定できないということは、そこに問題が潜んでいるということです


ある意味、すでにあぶり出しができているということです


豊洲の地下空間を、一度も視察していないのは自民党都議団だけです

そしてそこに都庁の行政を影からコントロールしている権力の存在があります


政治というのは、金と権力を求めると、

必然的に本来の政治活動(地域行政と福祉、環境整備)には無関心になります


無関心という意識が蔓延すればするほど

都庁は判断停止という風土が充満して

それを利用して、権力を行使して、あらゆる不正や不義がはびこるようになるものです


小池さんは、この病源を知ったからこそ、あえて自民党に予め伝えることなく

除名覚悟で、単独で旗を挙げたのだと思います

小池さんを、都民は元より、国民も皆で応援しましょう
by MUKUZAIKENKYU | 2016-10-05 11:36 | コラム 政治・経済・社会

所感 つれづれに・・・トランプ氏

最近思うことがあります。

流せば、それで済みますが、これ以上知らん顔をするのは、人としての良心が痛みます。

そのためふたつのことについて述べます。

ひとつは米国大統領候補のトランプ氏の人間的資質について

もうひとつは、東京の豊洲市場移転問題における不思議です


トランプ氏は、一体どうやって共和党を代表する大統領候補になれたのか不思議で仕方ありません


イスラム教への偏狭偏見

国防や外交での基本的無知

麻薬問題に関する被害妄想等々


共和党といえば「ティーパーティ」という圧力団体を利用していますが、

彼らは、この組織の実態が「白人優位主義」「キリスト教至上主義」であること

そしてその構成員の多くが、いあわゆる「プア・ホワイト」と呼ばれる

白人の貧困層、とりわけ田舎出身で学歴もない人が多いということです


そんな人々は、過激な言動に唆されやすいため、米国式自由主義を合理化しています

そんな彼らの弱点をトランプ氏は利用しています


無知が無知に伝えるものは、うそとデマ、それに妄想と排外主義になります

だって元々客観的な根拠がないことを訴えるのだから、それは自動的に

恐怖と不安の感情を触発するだけで、相互の疑心暗鬼を増殖します


昔からたちの悪い為政者が使う常套手段ですね

最終的には確実に暴力に訴えるものです


トランプ氏には、そんな素養が100%溢れています

そんな人間が、バンバン報道されるためか、海外にも波及して

コピー人間が生れなければと危惧していましたが、やはり生れてしまいました

フィリピンという国では、そのため国内の恐怖政治と

本来絶対に付き合ってはならない中国への秋波を飛ばしています

中国は腹の中で笑いながら取り込むことでしょう


日本の安倍首相は、フィリピンに海上警備艇の譲渡を約束しましたが、

時期尚早でしょう。
by MUKUZAIKENKYU | 2016-10-01 18:35 | コラム 政治・経済・社会

結局薬局・・・

サヴァ?フランス語では「御機嫌よう」だけど、

今日のサッカーUAE戦では、コート上は11対12でしたね。


三流(あるいは身びいき露骨)レフェリー(とはいえ、コート内では最大の権威者)のお蔭で、1対2で負けましたが、実際は4点をレフェリーから失いました。

ホントは4対1で、間違いなく勝利してたはずなんだけどね~、・・・

ヤッパレフェリーの質が低いと、折角のゲームは台無しにされてしまいます。

節穴アホというより、相手が中東なのに、何で同じ地域の中東出身のレフェリーを選ぶのか理解できません。
by MUKUZAIKENKYU | 2016-09-01 21:49 | コラム 政治・経済・社会

今夜は中国に関するお話

いつも本業の「無垢の木」屋のお話をと思いながら

ついつい脱線することが多いのが、ある意味当ブログの個性と

思っていただければ幸いです


今日のニュースでインドネシアの新幹線発注先は「中国」にしたとのこと

その理由が、元々予算を支出できる能力がないとして一旦は中止になっていた案件です


やはり近代化するにはお金がかかる

しかしそんな大金を拠出する余裕がないからという理由に対して


日本は只で行うわけには行かない物件ながら

ほとんど借款金利なしという只同然での条件を出していたら


突然中国が借款ではなく返済無しの融資をネシアⅡに提案?

これって融資した金はいつか返せば良い、まずは鉄道を作らせる

っていう「金で転ばない者はいない」と、中国らしいオファーをしたのです


只でお金と高速鉄道が手に入ると、

インドネシアは一発で転びました


インドネシアの転びを見て、習さんとやらは

「中国ほど高速鉄道の経験と技術の厚さは比類ない」と表明しました


・・・この嘘つきであり詐欺師である中国のトップの厚顔無恥!

自国で運行した途端事故を起こし、事故車両を埋設してごまかし

その上で、何ひとつ原因を解明せず、自然を破壊しても

人のせい周りのせいにしながら、恥知らずなことを強行する


果たしてこんな国が全うなビジネスを実証できるのかと疑わざるを得ない

南沙諸島での暴虐の限りといい

こんな金儲けと権力の奪取にしか興味がないような国と

良い関係が構築できる国や組織があるとは思えない


まあしかしインドネシアは、「タダほど高くつくものはない」ということを

近い内に思い知らされることになるでしょう

そのときにニッポンを頼るのは二重の卑怯になるということを

肝に銘じていなければならないでしょう

by MUKUZAIKENKYU | 2015-09-30 21:36 | コラム 政治・経済・社会

政治マンガ その2

前回につづいて、今回も「政治マンガ」です

滑稽極まるショーが、9月3日に中国北京で開催されました。


「抗日勝利70周年」と称して、軍事パレードが行われましたね


その際トップリーダーである習近平さんは、中国共産党が、当時の日本軍と戦って勝利したと言っていました

当時の中国の政権党は、国民党で、共産党ではありません

習近平さんは「正しい歴史認識」が必要だと、日本を揶揄しましたが、

そのコトバはそのままお返ししましょう


歴史を捏造して歪曲するものや隠蔽する国は必ず滅びると

ある歴史学者が言っていましたが、果たしてどちらに向けられることに成るでしょうか


ましてや時の指導者である毛沢東氏は、敗戦国の日本に対して「謝罪する必要はない。日本が介入してくれたお蔭で、中国は独立できた。」とまで言っています。

国民党との内戦で勝利した共産党ですが、現在は「正しい歴史認識」ができている人が居なくなっているようですね

金がたくさん稼げると、人間は変質するものですが、国家も同様のようですね


次にもうひとつ不思議な光景を目の当たりにしました

このパレードに参加した韓国のパク大統領さんです


前も述べましたが、それとは別の角度でいいます

韓国は65年前に朝鮮戦争で、北朝鮮と中国軍と戦っています


現在も休戦状態で、戦争が終結したわけではありません

その意味では、韓国にとっては敵であっても味方ではないはずです


それなのに、中国と「通貨スワップ」協定を締結するは

今度は「抗日70周年」行事に参加?ですか?


こうも一貫性のない、その場の損得勘定だけで政策を考えるのは

果たして将来にわたって国を維持できるだろうかと

他人事ではあっても心配してしまいます

by MUKUZAIKENKYU | 2015-09-05 16:19 | コラム 政治・経済・社会

たまには「政治」マンガでも

韓国のパク大統領さんが

中国の「抗日戦争勝利70周年」のパレードに参加すると報道されていますね

たしかにパクさんは、日本に対して「従軍慰安婦」問題で執拗にこだわり

まるで坊主憎けりゃ袈裟まで憎いを地で行っています


そういう意味では「反日」の象徴的な政治家ですが

今回中国の招待を受けてのこととはいえ

抗日記念パレードに参加するのは、はっきり言って筋違いです。


先の戦争では、韓国は日本の植民地化にあったこともあり

日本とは戦っていませんし、むしろ日本軍として一緒に

連合軍と戦った本来「同士」のはずです


でも日本が敗戦した後、時の李承晩政権が

どさくさにまぎれて領海線を、連合国が認めていないのに

勝手に線引きして、竹島を占領するという暴挙に出た経緯があります


とはいえ、韓国には中国の招待を断れない事情があるのは知っています

これまでは日本と「通貨スワップ協定」を組んでいたのですが、

2年余り前に突然協定国を中国に変更してしまった


これが「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」と感情に走った結果でした

それが今後どういう結果になるか、十分想像できることです

これで韓国経済は中国の掌に乗ってしまったのだからですね


もうちょっと見識を持って誇り高い対応をしてほしかったと思います



次に本日「維新の党」が分裂しました

当然といえば当然でした

早いか遅いかの違いで、元結いの党の江田さんが党首を辞めた段階で

秒読みが始まっていたと思います

維新の党は、橋下さんは絶対に国会に乗り込むべきでした

そしてあくまで地方自治のあり方を追求すべきでした


それを橋下さんの色んな言動に触発されたのは良いとしても

その本当の意図するものを理解できない連中が徒党を組んでしまった

更に勢いの尻尾に乗るだけのお調子者を多く生ませてしまった

人選に甘かった点が、維新の党のアキレス腱になってしまいましたね


「日本創新党」から始まり、大阪府知事として実績を積み上げてきた橋下さんが

合流することで、大きな潮流を作ったのは良かったが

橋下さんの多少のブレ(石原慎太郎と組んだこと)も災いして

その思想の純粋さは失われてしまいました


まあ、この結果喜ぶのはだれかじっくり見極めたいと思います

by MUKUZAIKENKYU | 2015-08-27 18:40 | コラム 政治・経済・社会

原発と太陽光発電はよく似ている

11月に入りましたね。今年はあと2ヶ月の残すのみとなりました。

政治経済の問題として、心に刻んでおかなくてはならないと思える

ことを羅列してみたいと思います


日本のエネルギー源としての電力は

2011年3月の福島原発事故後、原発は一基も稼働しないまま

3年が経過しました


その間電力会社とその族議員が

このままでは日本経済に深刻な打撃を与えるからという理由で

原発再稼働のキャンペーンを張りました


その後どうなったでしょうか?

この3年間で、電力不足で社会や産業が混乱したでしょうか

日本には原発がなくても問題ないことが証明されています

一部の権益会社が、自身の利権を守るために大金を投じて

世論誘導を図ったことだけが明白になっただけです


ただし将来的な見込みを考えたら、やはり再生エネルギーの

開発は絶対不可欠です


そこで次の問題としてサスティナビリティを前提とした

エネルギー開拓で、いろんな提案がなされました


水力発電や地熱発電は実績があるので

そのまま継続利用されていましたが、新たな設備として

「太陽光発電」が取り沙汰されて、すぐに換金できるという旨味もあって


多くの企業が「太陽光発電」事業に飛びつきました


表の自然エネルギーを利用したクリーンエネルギーと聞こえは良かった


そして九州電力が先鞭を切って、買取中止を表明した挙句

条件付で戸建発電などの微細電力については買取を再開しました

これは政府と行政の無策を突いたしたたかな商取引といえるでしょう


しかし本当の問題は、原発誘致と同根の深刻な悪影響にあります

それは原発が立地するところは、

決まって疲弊しきった過疎僻地自治体ということです


太陽光発電は、メガソーラーなどの大規模設備では

平地の遊休地や放置地を開拓します

しかしその事業主体の多くは、地元の企業でもなければ自治体でもありません

一企業のビジネスであり、そこには地域に還元されるものがありません


森林バイオマスとは次元が違うのです

市域の活性化やサスティナビリティではなく、投資としての事業です


投資が悪いわけではありませんが、その地域と何の関係もない

企業が、広大な土地を買い取ることで、お金が動くことは

それが循環しなくては意味がありません


ところが太陽光発電用地では、半永久的に植物などの成長が排除されます

それはひいては山間地での自然の循環が削除されるだけの自然破壊になります


自然エネルギーを利用するために、大地の自然を破壊するとは皮肉なものですね


原発建設と稼動が、過疎地を永久にお金で溺れさせて、

地域の地力を奪い取ってしまうのに対して

太陽光発電は、直接的に土地の再利用や利用転化を不可能にしてしまう

その意味では、地域にお金を還元しない分、もっとたちが悪いと

いわざるを得ません

by MUKUZAIKENKYU | 2014-11-02 10:18 | コラム 政治・経済・社会

その動機、善なりや?私心なかりしか?

東京電力福島原発事故は、いまだに原因すら究明できていないまま

そして避難者への保障は、経済的にも精神的にも耐えられなくなった被災者を優先する

きわめて犯罪的な「差別」と「分断」を繰り返している


すでに国の管理下に置かれていながら、その国が東電の官僚体質を是正できないために

被災者たちが一方的に二重三重の苦痛を背負わされています


もし今後原発事故が起きた場合の対策としての事故収束作業と近隣住民への保障は

福島原発事故が最初のベースパターンにしなければならないはずです


それができもしないうちに、他の原発の再稼動を目論むのは

人間としての、この地球と人類へのきわめてたちの悪い背任行為と断言できます


良心をなくし、倫理を踏みにじる商業行為は

以前の水俣病やイタイイタイ病を発生させた企業より

その歴史に学ぶ時間があるだけに、更にたちが悪い確信犯といえるでしょう


日本は、今後の人類のお手本になるべきなのです

その運命を背負わされていることを自覚できないならば

国家公認の独占企業は悪にはなっても善になることはあり得ません


私は自称「右巻き」の人々よりも、はるかに日本という国を愛している一国民であります

自称「左巻き」の人々とは比べ物にならないほど、日本のことを知っています

そして日本人であるないとは別に、良心という存在を何よりも大切にしています


経済的動機や政治的動機などは、所詮損得勘定に支配された卑しい感情に過ぎません

もしひとりひとりが人間としての良心とそれに基づく知恵をつけることができれば

日本と日本人は、真に地球上で最も尊敬されるリーダーに相応しい存在となります

その目には見えないけど確かな流れに逆行するならば

日本は致命的な没落の道に迷い込んでしまうように思えてなりません

by MUKUZAIKENKYU | 2013-05-28 22:28 | コラム 政治・経済・社会