人気ブログランキング |

<   2008年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ガソリン国会の行方

 原油の高騰は1年前の2倍以上に跳ね上がりました。生産調整と産油国にとっては、将来の枯渇に備えた措置の一環ではありますが、供給側としても石油メジャーによる収奪に抵抗するためには止むを得ない流れではあります。

 しかしこの石油にほぼ100%依存している国にとっては、燃料だけではなく、すべての生活物資のコスト上昇を促し、企業活動や国民生活に悪影響を与えることは必至です。

 実際にその傾向は現実となって、国民経済のあらゆる場面に反映されつつあります。とりわけクルマの燃料であるガソリンや軽油は、企業の運営コストに当り、運送会社や納品を前提にした企業にあっては、強烈なダメージになります。

 そこで格差社会の中でもっとも顕著な傾向が都市と地方の問題です。

 ガソリンといえばクルマ、クルマといえば道路、道路といえば道路財源としての直接税になります。施行後34年間も経過している「暫定税率」とは、もはや「暫定」とはいえません。これは既成制度化されてしまっています。34年間・・・この間誰も取り上げてこなかったこの税金は、バブルが弾けたときには撤廃されていなければならなかった体のものです。

 国土全体のインフラとしての道路拡充の財源としての税金は、どこからか捻出しなければならないでしょうが、これまでの出もとの曖昧な税金は、そのほとんどが官庁の役人のための、遊興費も含めた福利厚生費として消化されて来た歴史があります。

 そのうえで都市と地方とでは、この道路とクルマに対する依存率が歴然と違います。高速道路の利用金額は地方は都市の3倍ということです。インフラとしての交通機関の充実度が異なるためですが、それだけ道路網の充実は地方の念願でもあると思います。

 そのため地方の県知事や一部の国会議員は、暫定税率の廃止に強く抵抗しています。即自的、感情的な反応としては分かります。

 でもこの暫定税率から得られる税が、地方の交通網の拡充のために100%利用されていればの話で、実際には道路公団の福利厚生費として消費されている事実があります。本末転倒の事実です。

 今は、眼前の窮境を救うことの方が焦眉の課題なのではないでしょうか?

 地方の交通網の充実のための税収は、他にも方法はいくらでもあるはずです。
 暫定税は暫定税としてきっぱり廃止して、地方のインフラ整備費は、国の特別会計からいくらでも支出できます。
 特別予算の大半は、省庁の天下り組織のために湯水のように消費=浪費されいるのが事実です。国家予算の仕組みと流れを変えることこそ、今の国会議員に課せられている使命なのではないでしょうか?

 なのにほとんどの国会議員たちは、どういうわけか暫定税にこだわっています。第3極の選択肢もあるはずなのですが、やはり裏で国交省の役人が糸を引いているのでしょうか。
by MUKUZAIKENKYU | 2008-01-25 09:12

2008年のテーマ

 明けまして、おめでとうございます。

 昨年のシンボル漢字は“偽”でした。
 私たちが国産無垢材を推奨しているのは、単に日本の自然環境を守るため、とりわけ森林の荒廃を防ぐことばかりに目が向いていたのではありません。

 この世では、どこの世界にも背反するものがありますが、“偽”の対極にあるものは何でしょうか?“真”でしょうか?おそらく違うと思います。

 “偽”の対極にあるものは“誠”だと思います。本当のことを本当にやり通すこと、それ以外にはないのに、それを自分の価値を地に落として、人を欺く仕事の結果を、今年の漢字として“偽”といっているのですが、それはマスコミなどのメディアが「偽装」という言葉を蔓延させすぎた結果ともいえます。

 一般的には偽物の対極にある言葉は本物ですが、じゃあ何が本物なのかと探してい見ると、偽物以上に発見しにくいものです。本当に的を得た漢字としては、それは“偽”ではなく、“欺”だと思います。

 商品などのものが嘘をつくわけではありません。それを作り扱う人間が故意に嘘をつくのですから、欺く行為そのものを問うのでなければ、ことの本質を見誤る可能性があります。

 たとえば昨年の“欺”の主役のほとんどが建築と食品でしたが、生産する者、それを販売する者、商品を購入する者、その流通を管理監視する者という四者のあり方が著しく歪んでしまった結果といえると思います。

 とりわけブランドを創り上げた企業活動の真偽が問われたのですが、自社の力量を超えたブランドというものはありません。それまで命を削って作り上げてきた自社ブランドにも拘らず、地から足が離れた瞬間に、それまで構築してきた信頼もろとも奈落の底に投身してしまうのです。

 生産者であっても、その発売元であっても、自社製品に欠陥や品質低下が発生しているにも拘らず、それを放置して、馴れ合いの関係に陥り、販売現場でクレームが発生しても対応せず、会社内で販売店や生産者の責任に転嫁したり、またはクレーム原因から逃げるかのようにサッサと取引を撤収するような行為をする。

 こんな会社には誠意の欠片もありません。またそういう会社に限って、自社ブランドだけには固執する傾向が強いのです。これはもはや責任ある企業としてのあり方を自ら否定しているようなものだと思います。
 こんな会社は早晩瓦解してしまうでしょう。

 自社ブランドを築き上げるには血のにじむ苦労を乗り越えてきたはずです。少しずつ、決して弛むことなく前進し続けて、やがて素晴らしいお客様とめぐり合い、信頼という架け橋を届けていただいて、初めてブランドといえる価値が生まれたはずです。それが“感謝”する心を失ったために、一夜にして崩壊させてしまう。

 自社ブランドを守るためには、常に築き上げつつあるという未完の意識を持っていなければならないはずです。そうであってこそ反省能力が培われ、日々良い緊張感を持って仕事に生き甲斐を持てるのではないでしょうか?

 クレームには誠実に対応すること。決して他者の責任に転嫁しないこと。むしろ自分が今までやってきたことを総点検できる機会を与えてもらったと感謝できる心を養える絶好のタイミングなのです。

 そしてもっとも大切なことは、自社の商品を購入していただく顧客を慎重に選択することです。一旦ブランドができると、欲に目がくらみ、より多く販売しようとして、自分の力量を超えて、見せかけに走るという陥穽に陥ることが多いのです。周囲からちやほやされて、つい天狗になってしまって、自分を見失うことから始まるものなのです。

 顧客を選びそこなうと、単なる価格競争に巻き込まれたり、または馴れ合いの関係に陥り、ブランドの要たる商品の品質低下に気づかなくなるものなのです。

 それは無意味な背伸びをしたり、自身の質の劣化に気づかないため、自ら築き上げたブランドそのものから返り討ちに会う羽目になります。

 “欺(偽)”に陥ることなく、自社ブランドを発展進化させるためには、信頼という鏡と初心の魂、そして身の丈を超えない自重心(謙虚)があってこそ成し遂げることが出来るものだと思います。それが本物のあり方といえるのではないでしょうか。
 
by MUKUZAIKENKYU | 2008-01-01 11:01 | 木 無垢材 自然