人気ブログランキング |

<   2010年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

時間がなくて、秋元神社第二弾

日本の住まいを良くする無垢材研究会(日本フォレス党)

                 住まいの木案内舎ゲインのゴトウです



 今日は、11月の月末ですね。

 だからというわけではないけど、滅茶苦茶に忙しい日です。

 高千穂小旅行日記の続きをお知らせするつもりでしたが、あいにく時間がありません。


 早朝から福岡市南区の「公園前の家」上棟で、その立会いに向かいます。

 その流れで、市内の建築家との打合せが3件。

 多分昼飯抜き、・・・


 北九州に戻ってからは、たて続きに2件打合せが待っています。

 最後は、野暮用も入っています。

 いつ夕飯にありつけるか分からない、・・・これもけっこう辛い。


 だから小旅行のアップは、ゆっくり時間が取れてからになります。

 ちょびっと秋元神社の小景を掲載します。

d0015306_1936235.jpg


 何か分かりませんが、何かの容器?簡易手水舎?苔生していて、銀杏の枯葉に包まれて風情がありました。

d0015306_19364995.jpg


 やっぱり社と鳥居の向きが、微妙にずれています。

 向きが違う神社は、どこにでもありますが、ここは意図的ですね。

d0015306_19371997.jpg


 秋元村は、上の写真の右奥にあります。


 正面の山々の先が、宮崎県諸塚村。産直住宅という名で、一所懸命に、九州の木を活性化させようと頑張っている方がいらっしゃいます。

 オビアカという種類の杉です。これだけなら、九州どこでもあるので、何の個性もありません。

 でも一徹な努力は、乾燥方法にしても、南宮崎では人工乾燥が主流なのに対して、自然乾燥にこだわって頑張っている本物の方がいます。


 あなた!知っておいた方がいいですよ。

 人工乾燥は、たしかに木の狂いを少なくするのと乾燥時間が短くてすむので便利だけど、杉の肝心の樹脂成分が、水分と一緒に抜けてしまう。

 堅くなるだけで、パサパサ。艶は、完全になくなってしまうので、本当の意味での杉の価値は半減してしまっています。


・・・
 旧道を走ると、クルマの離合ができる場所は、ほとんどありません。

 川の反対側に新道ができていて、そこを走ると、途中から「天翔大橋」という名の新しい橋が架かっていました。

 そこから先は、やはり結構細い道を走ります。最後の2キロメートルは、運転に自信がある方なら大丈夫。

 自信のない方は、1キロメートルほど手前で、適当なところに(もちろん村の人の許可を得て)駐車して、後は徒歩で登るしかないでしょう。

 私は、どこまでもクルマで行きました。一の鳥居前にある小さな駐車場に停めることが出来ました。

 
 次こそは、次の目的地である天岩戸神社についてアップします。


住まいの木案内舎ゲイン
by MUKUZAIKENKYU | 2010-11-30 06:55 | 木 無垢材 自然

高千穂の最初の目的地、秋元神社

日本の住まいを良くする無垢材研究会(日本フォレス党)

                 住まいの木案内舎ゲインのゴトウです


d0015306_928619.jpg

 今回の小旅行は、行きと帰りのルートを変え、往きは57号線から、阿蘇の南回りルートにしました。

 上の写真は、阿蘇五岳のひとつ猫岳。朝日に照らされて、存在感ある荒々しい姿が神々しく見えます。

 でも熊本の山の道路は、想像以上に整備されていました。

 予定より30分早く到着したのは、最初の目的地「秋元神社」

d0015306_9284629.jpg

 この写真、見ていて、何か感じませんか?

 社の横に佇む御神木の大銀杏は、直径が1メートル以上。そのすぐ後ろにあるのは杉でした。

 境内は、銀杏の落ち葉に覆われて、一面どこもかしこも黄色に染まっていました。


 今では「秋元神社」は、かなり有名になっているようで、朝早くから観光客が来ていました。

 でも彼らは、社の中でぐちゃぐちゃお喋りをするばかりで、肝心の磁場の強さには無関心でした。


  社の裏の奥の方では、折りしも神楽舞いの最中でした。まさにタイムリー。

 途中で道を尋ねたおばあちゃんの親切な言葉が、まるで山の女神様に出会ったような優しさに満ちていました。いつの間にか心が山々に溶け込んでいました。


 この大銀杏は、秋深くなって、水の吸い上げも止まり、温かく和みの氣を放散していました。

 そしてよく言われるように、社の向きと鳥居の向きが微妙にずれていて、社は天岩戸神社に向かっていました。

 天岩戸神社から見れば、南西の裏鬼門の位置にあります。天岩戸神社の方向から、目には見えない強い光で一本につながっていることが分かります。

 ここでもうひとつの有名なものが「ご神水」と呼ばれる湧水です。

 呑んでみると、実に旨い。それだけではなく、飲むと一気に体中に浸透していくのが実感できました。電圧というか、かなりエネルギーが高い水ですね。

 ありがたく水タンクに入れて、次の目的地に向かいました。

 続きは、また明日。


住まいの木案内舎ゲイン
by MUKUZAIKENKYU | 2010-11-29 09:29 | リッチな人生

高千穂のとある場所はすごいですよ

日本の住まいを良くする無垢材研究会(日本フォレス党)

                 住まいの木案内舎ゲインのゴトウです



 今日は、早朝に起きて、行って参りました。

 神々の生まれた場所、高千穂。


 これまで何度もお参りはしてきましたが、今回は特別の想いを携えて、・・・

 12月を残してはいるものの、今年一年の「禍事罪穢(まがことつみけがれ)」

 すべてを「祓い」に行きました。


 まだ今年を回想するには早すぎます。

 時機が来たら、そのときゆっくりやります。


 今回は、お祓いと感謝の気持ちを捧げるだけで、お願い事は一切しません。

 
 久しぶりに、何ゆえかおみくじを買う気になり、天岩戸神社と弊立神宮の二箇所でいただくと、・・・

 おおお~!ふたつとも「大吉」ではありませんか。

 今年最後の神域旅行は、最高の結果となりました。


 しかもこの地域で、奇跡のような出来事が三件連続で起きました。

 ある意識を持って臨んだら、心と身が一気に軽くなった途端に、もうすごいのなんのって、・・・


 「禍事罪穢」がないわけではなかったけど、ここに来てすべてクリア。

 身に覚えのない「いいがかり」のような事件が、二三発生しました。

 でも私には、ある強力な武器があるため一切動揺することなく、がっちり対処したため、

 すべて私の勝利!


 でも別のある面では、どこか油断があったのでしょう。

 ギリギリセーフでしたが、おおごとでした。

 冷汗も出たけど、お蔭でガッチリと改めて心構えを再構築できました。


 馬鹿馬鹿しいような禍に巻き込まれましたが、私が、それを「受け取らなかった」ため、それは相手にそのまま戻っていきました。

 自分で投げた石が、自分の頭に当る。・・・滑稽ですね。


 明日から、撮って来た写真をアップします。

 ものすごい神気が放たれている写真もあります。

 お楽しみに。


 往復500kmのドライブは、いい事尽くめではあったものの、流石に疲れます。

 心を鎮め、そして正し、ゆっくり休みます。



住まいの木案内舎ゲイン 
by MUKUZAIKENKYU | 2010-11-28 18:08 | スローライフ

明日は日本の神々の源へ

日本の住まいを良くする無垢材研究会(日本フォレス党)

                 住まいの木案内舎ゲインのゴトウです



いい天気が来ましたね。

今日はお休みですので、ゆっくり読書に耽っております。

目からウロコの書物ばかりで、今日は脳みそがフル回転しています。


・・・

明日は、九州の真ん中辺にある神社にお参りに行くつもりです。

目標は、天岩戸神社。

これまでに何度も行って来ましたが、行く度に新鮮な気持ちに戻れます。

西宮ばかりが注目されますが、今回は東宮も訪問する予定です。


ですが、もうひとつの訪問地があります。〇〇神社、・・・

ホントは、その神社をお参りするのが目的です。

そこでは、日本一の御神水が湧き上がっています。


天岩戸神社より、かなり前に弊立神社がありますが、そこではありません。

知る人ぞ知るの場所です。

天岩戸神社の裏鬼門を守護しています。


今回の目的は、今まで生かしていただいた神々に感謝の気持ちを捧げることです。

そして、自分自身を癒すためです。

心から、心底から洗い直すために、これまでに積もり積もった穢れた想いを一掃します。

心の中を、一旦白紙にします。

そこでは「お清めの祝詞」を唱えます。

そうしてご神水をいただきます。


明日は、朝4時過ぎに、北九州を出発。

肉体的には疲れそうですが、心を清めた方が、この先いろんな意味でベターでしょう。

幸福の在り処をしっかりと胸に刻み込んできます。


住まいの木案内舎ゲイン
by MUKUZAIKENKYU | 2010-11-27 13:48 | リッチな人生

ジャポニカパネルは、九州オリジナルぜ

日本の住まいを良くする無垢材研究会(日本フォレス党)

                 住まいの木案内舎ゲインのゴトウです



 11月に入ってから、一気にダッシュ模様です。

 毎日交互に福岡と北九州を行ったり来たり、・・・年末に向けて、どんどん勢いがつきまくりになるでしょう。


 ゲインの「無垢の木」たちを指定していただいた現場が、次々と建ち上がっています。

 今月は「公園前の家」。


 ジャポニカパネルは、二年前から本格的に販売を開始してきたのですが、今年は当たり年なのかな?

 一軒一軒、数枚から数十枚の使用率が、ここに来て、一気に100枚単位になってきました。


 有島忠男設計工房さんならではのデザインで、大きく広がってきました。

 全国版の家族誌、プレジデントファミリーの今月号に掲載されています。

d0015306_19201839.jpg

 ちょっと画像が傾いていますが、これは愛嬌と思って、・・・九州の優秀な杉を厳選して利用したパネルですよ。

 写真は、ドア用に作った赤白柾目横張りのジャポニカパネル。

 現し風の天井材や壁板はもちろん、建具や家具にも応用できるという優れものです。

 しかも価格は、他の類似品と比べて、間違いなく安価だから、引く手数多なのです。


 それにしても、この世界は、ビジネスであっても、ヤッパ人と人ですね。

 良い物を想像してデザインできる人と、その思いに応える木の産地(メーカー)がピッタリとマッチした時、忽然と新しい次元の住まい空間を創造してしまう。

 私の役目は、そういった人間同士の営為が奇跡を生む場をコーディネートすることです。

 建築家然り、産地のメーカーさん然り、良い木をお探しのユーザーさん然り。

 それぞれの想いがクロスオーバーする世界に、初めて「交感」(コレスポンダンス)が生まれます。

 本当の意味で、しっかりとした木への想いを持つ者同士がシンクロしなくては、こういう場は生まれなかったでしょう。


 11月も終わりが間近ですが、北九州では、人間味溢れる、それでいてデザイン力に優れた建築家の方が、最低でも五名はいらっしゃいます。

 その内、お二人は、すでに計画が実現しつつあります。

 他のお三方は、図面が出来上がって、これから実現に向けて、お互いに煮詰める予定です。


 さあ、今日も午後から博多です。

 博多は12月に入ると、突然様変わりする街です。

 師走というものが、街を凄まじい勢いで賑わわせます。

 私も、その勢いを借りて、福岡と北九州を走り回りますよ。


住まいの木案内舎ゲイン
by MUKUZAIKENKYU | 2010-11-26 12:37 | 木の家 国産材 無垢材

就職できなきゃ創業しよう

日本の住まいを良くする無垢材研究会(日本フォレス党)

                 住まいの木案内舎ゲインのゴトウです


 11月も、残すところ1週間を切りましたね。

 師走の用事も満タン状態で、これからが正念場です。

 大晦日になって、今年を振り返るとき、何ができて、何ができなかったか。

 いろいろ考えることも沢山あるでしょう。


 私の今年は、想像以上の多くの出会いをいただきました。

 結果も、その通りに付いて来ました。

 でも欲が深いのか、目標と比較したら、これくらいはまだまだです。


 日本の政治状況はダメダメばかり。

 だから大手企業は、サッサと海外に拠点を移しています。

 でもそんなんじゃ、国内の雇用状況は改善するどころか、悪化する一方になるでしょう。


 若者が可哀相です。

 何の努力もせずに、甘い汁だけ欲しがって、甘い汁がもらえなければ、勝手にモラトリアムを決め込む連中は論外です。

 一所懸命に勉強して、いざ社会に入って、自分を最大に生かし、希望と感謝の気持ちに燃えている若者は、どこに行けばいいのかと思うと、暗澹たる気持ちになってしまいます。


 私の若い時分でも、やはり不況のど真ん中で大変でした。

 でも友人と一緒に仕事を起業しました。「何とかなる会社」でした。

 自分の学歴や才能を生かすというよりも、今しっかりと生活できるように汗を掻きました。


 学歴なんか、社会に出たら、何の役にも立ちません。

 ましてや成績がどうのなんてのは、まったく斟酌の対象になりません。

 要はやる気があるか、とことん汗を掻く覚悟ができているか、そう、心構えがすべてです。


 与えてもらうと考えることは、何かを当てにすることです。

 この発想は逆立ちしています。

 大切なのは、自分がその世界で何ができるのか。どれだけ当てにされる存在になるか。

 報酬や評価は、その後からしかやってきません。そしてその逆はありません。


 「智慧のある者は智慧を出せ。智慧のない者は汗を出せ。汗も出せぬ者は、ここから出て行け」

 そんな標語を掲げている会社がありました。その通りだと思います。


 ええカッコしいは、自分のことしか考えていないから、誰からも好かれない。

 でもええカッコしいは、人の評判ばかりを気にするから、自分というモノを持てない。

 これって、小学生から高校生の間にはびこっている「イジメ」の元凶じゃないかな。


 そんな弱い心構えだから、本当だったら助けてあげなくてはならないような人を、集団でよって集って「いじめる」のでしょう。

 経済的に貧しいのは、努力次第で乗り越えることはできます。

 でも心が貧しいのは、救い難い。

 ましてやそれが子どもの時から貧しい心しか持てないのでは、将来、まず誰も助けてあげる度量も勇気もない社会人になるのは目に見えています。

 そんな社会人ばかりが日本の中枢に入ると、日本がどうなるか考えなくても分かります。


 ・・・おっと、今日は話が脱線しっ放し。・・・こげなときも、あるったい!


住まいの木案内舎ゲイン

※テーマの「創業」は、「起業」に対する疑義です。起業は尻切れトンボで、あまりに軽い。だから甘い見込みで起業して、二年も経たないうちに、経済社会の餌にされてしまうのです。創業を求めましょう。
by MUKUZAIKENKYU | 2010-11-25 08:05 | 不況克服

活性化する習慣づくり

日本の住まいを良くする無垢材研究会(日本フォレス党)

                 住まいの木案内舎ゲインのゴトウです



今日は休日です。

ゆっくり休養しましょう。

私も、今日一日どっぷりと読書に耽るつもりです。


10月から積読本が4冊溜まってしまった。

そのどれもが、私にとって大切な世界です。

今進行中のプロジェクトのヒントが満載です。


後で修正するのが大変なので、できるだけ早めに読み込んでおかないとね。

哲学書が1冊、ノウハウ本が2冊、人間学が2冊。

12月には10冊読書予定が決まっているので、ぼんやりしていられません。


住まいの木だけでなく、木材全般、ひいては日本の森林そのものへの想いを深めるために、多分野に渡って、見識を深めなくてはなりません。

よく日本の木にこだわった自称材木屋や「建築コンサル」を標榜する業者がいますが、惜しむらくは知識の裾野が狭い人が多すぎます。


木を考える、木のメッセージを伝えることは大切ですが、そのためには伝える本人の質を高めることが不可欠です。

ある意味、専門知識や技術以上に、必要なのが見識を高めるための努力が、何よりも優先します。

その道のプロを自称するならば、誰よりもその専門分野だけでなく、人間としての幅や深みを築くための時間は、絶対に確保しなくてはならないでしょう。


もうひとつ大切なことは、無心な努力は、必ず多くの人との出会いを引き寄せます。

ビジネス上であれ、たまたまの出会いであれ、より多くの人との交流は、人間の情味を増してくれます。


専門知識は、プロとして絶対不可欠ですが、それは職人の技術や経験のようなものです。

職人は、自分の道具を、何よりも大切にします。表現手段の要だからです。

良い道具を持つと、必然的に良い仕事をするために、人知れず切磋琢磨します。

その過程が、人間としての見識や胆力を磨いてくれます。


これがコンサルティングともなると、直接何かのものづくりに携わるわけではないので、更に高度な知識が必要になります。

だから毎日、必ず一定の時間を読書や研究のために確保しなくてはならない。

ぼんやり音楽を聴いたり、目を閉じてるようなヒマはありません。


でもそれだけに、そのまま没頭していると、つい頭が偏って柔軟性を失ってしまいやすい。

月に一回以上は、そんな習慣をドカ~ンとひっくり返して、異空間に飛び込む必要があります。

そんな意識的なメリハリが、凝った肩から、余計な力を抜いてくれますよ。



住まいの木案内舎ゲイン
by MUKUZAIKENKYU | 2010-11-23 08:01 | リッチな人生

買い物は楽しい

日本の住まいを良くする無垢材研究会(日本フォレス党)

                 住まいの木案内舎ゲインのゴトウです



 今日は、あいにくの雨ですが、運がいいから大丈夫。

 朝起床してから、ちょっとガタガタしながらも、ウォーキングを楽しんできました。


 昨日の満月が美しかった。

 満月を見上げると、何やらムクムクと感情が高まってきます。

 まだまだ若いぜ!



 昨日は、・・・ぶっ壊れた洗濯機の代わりを探しに、・・・


 洗濯機を探しに 街に出よう

 街に出たなら リサイクルに

 一軒じゃつまらない 二軒 三軒回ってみたら

 出モノはみんな似たような

 それでも一円でも安いものがいい


 やっと見つけた掘り出し物は

 定価の半額 今年の製造品

 洗うものは知れているから

 なんちゃってで使いこなします

 何か一人モンに戻ったような


 それでも家電が部屋に入ると

 何だか ウキウキするものです

 一万円で 得した一日

 一万円で 便利な毎日がやって来た


 洗濯機一台で 一日が明るくなりました



住まいの木案内舎ゲイン
by MUKUZAIKENKYU | 2010-11-22 10:15 | スローライフ

人生、楽しむにかぎります

日本の住まいを良くする無垢材研究会(日本フォレス党)

                 住まいの木案内舎ゲインのゴトウです



 爽やかな朝を迎え、今日はやるべきことを楽しんでこなしています。

 いやあ、一昨日に観た加川良コンサートから、何か肩の力が抜けて、リラックスしまくりの日々好日を楽しめています。


 昨日は、3年ぶりに、ゲインのご提案した“木の家”に住まわれているTさん宅にお邪魔しました。

 来週から配布する予定の11年カレンダーを持っていきました。

 
 “南部クリ”が、程よく経年変化して、艶のある褐色に変わりつつありました。

 床用の塗料も、私がアドバイスしたとおりに定期的に塗布されていました。

 だからいよいよ美しくなって、こちらまでつい嬉しくなってしまった。


 一日一日、同じようなことの連続ですが、やっぱり定期的に脳みそと身体を刷新しなくてはなりませんね。

 自覚できない内に、結構灰汁が溜まってしまうものです。

 これからは1ヶ月に一度は、良きオーディエンスとなるべく、ジャズとカントリーの生演奏を聴きに行くことにしました。

 単にサウナとか絵画鑑賞とかじゃなくて、耳から入る刺激の方が、そのまま脳みそを揺り動かしてくれます。


 それから門司の施工現場に向かいました。

 良い写真が撮れるといいなあなんて思いながら、・・・辿り着くと、んんん?目を疑いました。

 北のから松を張った外壁で、今まで数十件福岡県内に納めてきました。


 今回は、建築家が指導していたのに、現場サイド(施工業者)で、勝手に塗料を厚塗りしてしまったということでした。

 そのため、外観は、無垢の木を張った壁とはとても思えない、まるでサイディング。

 木目が全く見えません。当然、どんな木を使っているのかも分からない。


 呆然としながら事務所に戻ったのですが、そんな沈んだ気持ちを取っ払うかのような電話が!

 なしか、加川良の歌が甦ってきた。「あ~した、天気になあれ」、・・・

 すると、勝手に独り言のような詞が浮かんできました。


 僕の旅は、まだまだつづく

 こんなところじゃ終われねえっていったところで、目の前の電車をやり過ごす

 ホームを横切る風に聞こう



 通り過ぎる娘の髪から、すがしい香りが漂って

 おばちゃんたちの 不細工な笑顔も愛嬌に見え

 高校生の恋人同士が 初々しくて仕方がない



 僕は、荷物を背負いなおして

 ゆっくりと右足を前に出し

 後は左の繰り返し 歩くと夢が甦る



 僕の旅は、街の中 川沿いのような

 道を歩いて、自分の手で時間の扉を

 押し開ける そんな街角に日が暮れる



住まいの木案内舎ゲイン
by MUKUZAIKENKYU | 2010-11-21 12:15 | スローライフ

加川良のコンサート、良かった~

日本の住まいを良くする無垢材研究会(日本フォレス党)

                 住まいの木案内舎ゲインのゴトウです



 昨日は、ホント ホント 久しぶりにコンサートを聴きに行きました。

 北九州の小倉にあるカントリービレッジにて

 加川 良

 
 誘ってくれたのが、また縁の不思議さというか、何というか、・・・


 一年ぐらい前に、澱みの街クロサキで、全く偶然でバッタリ出遭って、それっきりだったのが、・・・


 「先輩、コンサート観に行きませんか?」

 もうたいがいいい歳のおばちゃんM君、人妻とはいえ、電話口から聞こえる声は、昔とあまり変わってない。

 実質30数年ぶりの再会ではありました。

 その場が、加川良の、言ってみれば年寄りコンサートに鑑賞デートだから、・・・

 彼女は、カントリービレッジでは立派な顔になってました。


 しっかり2時間ほど、懐かしい声に聴き入ることができました。

 目を瞑って聴き入ると、もう一人の顔が浮かんできました。

 その名は“高田 渡”

 彼は、今年「自転車に乗って」、どっかに行ってしまいました。・・・


 コンサートが終わって、焼き鳥屋で、昔の四方山話に花を咲かせました。

 演劇部の面々、S次、S田、T田、Y本、M木、N野、・・・

 そして、どうしても聞きたかったN吉のこと。

 M君は、粗方知ってました。貴重な情報でした。


 でも加川良の話と歌を聞いていて、なんか肩の力が良い感じで抜けました。

 心の栄養ってのは、意外なところからいただけるものですねえ。


住まいの木案内舎ゲイン
by MUKUZAIKENKYU | 2010-11-20 10:14 | スローライフ