<   2011年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

野菜は無農薬、鮮魚は天然で決まり!

無農薬野菜を求めて田舎に入ると、

やっぱりね

無農薬野菜はとっくに売り切れてました

農薬で作った野菜や米は、農家も敬遠していることが分かります


農薬の散布中は、親は子どもに田畑に近寄るなと命令します

それだけ人体に有害な薬品なのです

そんな薬品を吸い上げて育った米や野菜が、安全なわけがありません


転じて、じゃあ鮮魚類はどうか?

養殖と天然

養殖で育った魚は、小振りで色味もイマイチ

大量生産と安価だけが取柄

栄養価は若干劣るぐらいですが、やっぱ天然は活きが違います

下の写真は、日本で一番水質のいい川“川辺川”で取れた天然鮎

d0015306_18143945.jpg


スーパーとかで売られている鮎とは比べ物になりません

色味良し、肉質良し、味良し、ボリューム良し


養殖と比べて3割以上は高いけど

この味に代わるものはありません


食べ物の選び方は、優先順位とメリハリです

安く済ませられるものは思いっきり安く抑え

体に良いもの

心がときめくもの

そんな食材は、一日一回は摂りましょう


今日はこの鮎と無農薬有機栽培で採れたセロリとレタスが色を添えます
by MUKUZAIKENKYU | 2011-07-31 18:13 | リッチな人生

今日も、なしか福岡へ

今日は、ゆるりと産地直売所を巡ります

しかしその前に、野暮用が…野暮用が…


物流がトラブルとは、困ったもんです

金曜に届くはずのサンプルが、いまだに届いていないと

昨夜電話が入ってきた


おいおい冗談だろ!追跡するにも、土日は休みで連絡の取りようがない

商品を送り忘れたか、宅配がミスったのか

原因はどうであれ、今日中に何とかせねばならん…


てなことで、今日の全ての予定を飛ばして、資料をそろえ

福岡に走るしかないようです


でも私は転んでもタダではおきない

だから用事を済ませた後は、途中を思いっきり楽しんできます(笑)


皆さん、緊急時でも冷静に対応するためには、体を健全に満たしましょう

無農薬有機野菜は、値段の高い安いではない

自分と自分の子孫のためにです

農薬や化学肥料で汚染された田畑を、少しずつでも自然に回復させましょう


(以下再送)

来週は8月

ゲインのオリジナル製品が、グイッと動き始めます


ところで、あなたは普段どんな食べ物を摂ってますか?

ワタクシ、最近は無農薬野菜に懲り始めています


無農薬野菜の薦め

スーパーに並ぶ野菜の殆どが、農薬と化学肥料で出来上がったものばかり

それはそれで当たり前の風景です

無農薬野菜は片隅に置かれていて、他のものより1割から2割は高い

毎日食べるものだから、安い方がいいのは良く分かります


でもね、一旦無農薬の有機野菜を食べてみてください

ホンナコト、ビックリするほど美味いんだよなあ

多少高くても、自分の肉体を形成する食物です

安全で安心、しかも美味いとなれば、多少高くても

将来の医療費のことも考えれば、今現在で体中を安全で満たすこと

今の得より、将来の健康を優先すべきでしょう


実は、今西日本新聞で連載されている聞き書き“一鳥万宝”

アイガモ無農薬野菜の実践者、古野隆雄さんの記事を読んでいて

感化されてしまったのです


理屈では分かるものの、いざ実際にそれを食べるという動機がイマイチでした

でもたまには良かろうっちゅう気楽な動機で手にした野菜

そして米

食べてみたら、これまでの農薬漬け野菜とは、まるで違う食感

身はしっかりしているし、甘いやら濃いやら、おうワンダフルでした


こげんうまかとに、なしか~!今まで、なんしよったとか?


無農薬野菜に嵌まり始めて2ヶ月が過ぎましたが、

何となく体がしっかり締まった感じがする

夏のだるさも、殆ど感じなくなってきた

それに酒が美味くなってきた


当然でしょう、肴が無農薬有機野菜が主体だから、血液サラサラなのです

明日は無農薬野菜を中心に販売している産地直売所回りです

…しっかし、俺も変わる時は変わるもんバイ



まずはお問合せください

住まいの木案内舎ゲイン
by MUKUZAIKENKYU | 2011-07-31 11:08 | リッチな人生

無農薬野菜の薦め

本日は、久しぶりに日が明るい内に帰社できました

すべての事務作業も、打合せも完了して、余裕かましてます

まあ、土曜ということもあってか、電話が殆ど鳴らなかったのが幸いしました


来週は8月

ゲインのオリジナル製品が、グイッと動き始めます


ところで、あなたは普段どんな食べ物を摂ってますか?

ワタクシ、最近は無農薬野菜に懲り始めています


無農薬野菜の薦め

スーパーに並ぶ野菜の殆どが、農薬と化学肥料で出来上がったものばかり

それはそれで当たり前の風景です

無農薬野菜は片隅に置かれていて、他のものより1割から2割は高い

毎日食べるものだから、安い方がいいのは良く分かります


でもね、一旦無農薬の有機野菜を食べてみてください

ホンナコト、ビックリするほど美味いんだよなあ

多少高くても、自分の肉体を形成する食物です

安全で安心、しかも美味いとなれば、多少高くても

将来の医療費のことも考えれば、今現在で体中を安全で満たすこと

今の得より、将来の健康を優先すべきでしょう


実は、今西日本新聞で連載されている聞き書き“一鳥万宝”

アイガモ無農薬野菜の実践者、古野隆雄さんの記事を読んでいて

感化されてしまったのです


理屈では分かるものの、いざ実際にそれを食べるという動機がイマイチでした

でもたまには良かろうっちゅう気楽な動機で手にした野菜

そして米

食べてみたら、これまでの農薬漬け野菜とは、まるで違う食感

身はしっかりしているし、甘いやら濃いやら、おうワンダフルでした


こげんうまかとに、なしか~!今まで、なんしよったとか?


無農薬野菜に嵌まり始めて2ヶ月が過ぎましたが、

何となく体がしっかり締まった感じがする

夏のだるさも、殆ど感じなくなってきた

それに酒が美味くなってきた


当然でしょう、肴が無農薬有機野菜が主体だから、血液サラサラなのです

明日は無農薬野菜を中心に販売している産地直売所回りです

…しっかし、俺も変わる時は変わるもんバイ



まずはお問合せください

住まいの木案内舎ゲイン
by MUKUZAIKENKYU | 2011-07-30 18:43 | リッチな人生

やっと被災地応援が形になってきた

朝は晴れやかな気持ちのいい幕開けでした

今日も、コマーシャルの「南国白熊」のようにイケイケばい


今週の残務を一気にこなします

建築家からのリクエストに応えることは、ゲインにとって当たり前のこと


たとえば節有の壁板

サンプルとはいえ、無垢の木だから、狙って節が出るわけじゃない

だから節有といっても、サンプルは「たまたま」節のない部分になることもあります


でも、それで納得しない方もたまにいらっしゃる

「節有なのに、なし節がないと~?節のあるサンプルやないと、ユーザーさんが勘違いするかも知れんやん」

そげん言われると、「仰せは、ごもっとも。」(内心は、想像すりゃ分かろうもん…、カタログ写真に載っとろうもん…)

…いやいや、そのままにそのままの対応をすること。これがいっちゃんヨカ

今頃は、メーカーから直送で、バッチリ節の入ったサンプルが届いているはずです


見積が3件溜まっています

これを1件1時間で完成させなきゃなりません

それだけじゃありません。北九州のある材木屋さんに、「北のから松」サンプルを郵送することも…


昨日は月末ということもあって、大量のお金を振り込んだり振り替えたり、資金を移動したり…


あれよあれよという間に、資金が減っていく

いずれは回復することは分かっていても、先にお金が出て行くのは、正直あまりいい気持ちはせんもんです

減るのは嫌、増えるのが大好き

だったら、増やすことに専念しよう

さあ猛烈に集中しますよ


d0015306_1049158.jpg

岩手クリの原木の山、一部分です


まずはお問合せください

住まいの木案内舎ゲイン
by MUKUZAIKENKYU | 2011-07-30 10:50

山にもない、マサカという坂

やっぱり月末が近づくと、いろんなことが起こるものです

上り坂、下り坂、そしてマサカ



昨日の朝から、その対応に追われ、同時に規定のスケジュールを

きっちりこなし、事務所を出たり入ったり

北九州から福岡を行ったり来たり

やっと一段落したのが、今日の5時半でした



アンビリーバブルなこと、…



ゲインのお届けした「樅の木」は樹齢150年から500年という稀少材

ユーザーさん自ら、ゲインの事務所に訪ねてこられ

いろいろ検討した結果、最高級の「樅の木」に決定


諸々の経過があって、やっと工事に入りました

床工事が終わり、次の日は塗装工事という段取りになっていました


ところがユーザーの旦那さんからメールが入って

「床に節の抜けた跡が、何箇所かあるんですが、…」


早速写真が送られてきて、良く見ると、…

そう何度もよくよく見ました。んんん?

床の表面は、どうみても裏面にしか見えない


まさか、やろ~!

裏面は表面に影響のない程度の小さな節はあります

でもこの床、浮造り仕上げっていって、表面を冬目を残して

わざと凹凸に仕上ている床なのだが、凹凸がひとつもない


それからどう対応したかは割愛しますが、本来納期が一ヶ月かかる製品です

新たに揃えるだけでも大変なのです

それをメーカーと必死で交渉した結果

他にまわす予定の同材を優先的に回してくれることになったのです


これだけでも大変だった

竣工検査は一週間後でしたが、当然延期となりました


その職人さんは、長年床工事専門でやってきたとのこと

なのに「表面が凹凸だったんで裏面かと思った」と言い訳こいた

もはや怒りを通り越して、脱力してしまいます


この工事に入る前に、どこの工事業者がいいか依頼されました

現場のすぐ近くにいい仕事をしている中堅ゼネコンがありました

またそこを良く知っている建築家とも懇意にさせていただいていた

渡りに船でした


建築家の紹介で工事業者も決まり、工事は恙なく進行していくはずでした


そんなこんなの経緯なのです


ゼネコンさん、こんな場合は、事情がどうであれ、

ゲインにこれ以上付けを回すのは筋違いですよ

本来なら不可能なことをやってのけたのです

それもこれも、現場がどうであれ、施主さんを絶対に失望させてはならない

その一点でやり切ったことなのです


感謝の言葉ひとついただいていません

なのに、ああそれなのに、…


新規に入れた材料を安くしてくれとか

支払いは1ヶ月繰り下げさせてくれとか

私は、逆に仕事の紹介料をいただいて良い立場なのですがね


仕事はお互いプロ同士、情に棹差す部分は、ここでは必要ありません

たとえ一見不可能に見えても、智慧を絞って、苦境を突破する

自分自身への誇りと現場への気配りを全うする

お金は、そうした後から筋の通る形で動くのでなければならんでしょう


月末は、お金を扱うたくさんの事務作業が集中します

そんな中、いろんな問合せや資料請求に応えながらの数日間でした

さすがに、今日はドッと疲れが出てきた



明後日登る計画の山が、東に見えます

今日は暑いながらも、空と空気はすっきり澄んでました

こうなりゃ何が何でも、気分一新のために、トレッキング実行です



まずはお問合せください

住まいの木案内舎ゲイン
by MUKUZAIKENKYU | 2011-07-29 18:01 | 倫理

プロにとっての情報の価値

今日も予定がグチャグチャでした

優先順位を間違えないように、何とかギリギリやりこなすことはできました


昼から高校野球の福岡大会決勝が始まり、終了するまでは仕事が途切れ途切れ…


普段野球ファンでもない人が、こんなときだけは盛り上がる

不思議な現象というか、心理というか…

かくいう私もその一人、高校野球は文句なしに面白いんです

しかも今回は、同じ地続きのお隣さん同士の闘いだった

次男坊が通う「九国大付属高校」と

隣の西区の「東筑高校」…別に私の出身校でもないから関係はない

やっぱ九国大に甲子園に行ってもらわんとですね

圧倒勝ちでした


最近は、なしかレッドシダーの問合せが集中しています

そのひとつは、熊本の現場

まだ決まったわけじゃないけど、建築家のKさんに紹介されて

蓋を開けてみると、工事の段取りだけは進行中でした


まあ見積だけでもとお願いして始まったのですが、

その内容を確認すると、その商品は、現在欠品中。

次の入荷まで3ヶ月を要することが判明


当然情報は知っているだろうと尋ねたら、初めて知ったらしくて…

建築家から元請の工務店さん、協力会社の大工も建材屋も

だれも、その事実を知らなかった…ウソだろ!


このまま建材屋ルートでことを進めていたら、現場はパニックになっていたでしょう

肝心のリアルな情報を知らない。単価さえ見積れば、それで終わり

そんな世界なのです、木材や建材の商流の実体は…


誰がどのように見積ったのか知りませんが、無責任な連中が多すぎますね


その道のプロを自認するなら、常にリアルな情報を仕入れておくことは

プロの常識ですよ


これができないのは、商流に余計な中間業者(搾取の寄生虫)が多すぎるからです


後は、私が提案する方向で話が進行しています

そのため、またしてもやるべき仕事が増えました

いいことではあるけど、予定外で増えると、とにかくスケジュール全部が押してくるのです

毎度毎度のことですがね…(笑)



まずはお問合せください

住まいの木案内舎ゲイン
by MUKUZAIKENKYU | 2011-07-27 19:21 | 材木・建築業界

もっと山を歩こう

日曜の山歩きは楽しかった

d0015306_18255122.jpg



中学生の頃は、友人も多かったせいか、いつも友人たちと

近くの山を歩き回ってました

今では、当時の友人たちはバラバラで、わずかに片手分の数が残っているだけ


家族も、子どもたちが大きくなると、親とは遊ばんものです

こんなことになるなら、もっとあちこち引っ張りまわしとくんだった


でも私も、けっこう独り、いやいや《独(ドク)》を楽しむ男なのです

友人たちとワイワイガヤガヤしながら歩くのは楽しい

その友人たちがいないなら、ドクを楽しむしかありません


山歩きの快感を思い起こしました

近い内に、皿倉山から尺岳、そして福知山の縦走を計画しています


その前に皿倉山を登って、息切れしないようになるまで体力づくりから

明日は山地図を買います

等高線を見ながらヘラヘラ笑顔の私がいることでしょう


まずはお問合せください

住まいの木案内舎ゲイン
by MUKUZAIKENKYU | 2011-07-26 18:26

近くの山を歩こう

やっぱり月曜の朝は忙しい

10時半まで、やること、電話の打合せ等々、切れ目なく、だ!


野暮用ばかりではないが、先週の土曜から飛び込んできた案件

脳を使い、神経を使い、口を使い、指先を使う


まだまだ後4件残っている

やるしかない

その先のことを考えてみても始まらない

「今あることのみ、ただ思え。過去は及ばず、未来知られず」

中村天風師のお言葉だが、いつもいつもお世話になっている


土曜日曜の内にやっておければいいが、すべて相手の返事から始まることばかり

だから月曜は、四方八方に忙しいのだ



昨日は、天気も良く、気温もさほど上がらなかったので

近くの山というか、北九州のシンボルのような山、皿倉山・帆柱山

麓からゆっくりと登って来た

途中の雑木の林が、木漏れ日を通して、明るく輝いていた

(息が上がってたせいか、多少手振れコイタ)

d0015306_1144541.jpg

しっかり汗も掻いたが、清々しい半日を過ごせたようだ

しかし今日は、下り坂が利いたのか、太ももが若干筋肉痛、…

普段ウォーキングで使う筋肉ではない


でも癖になりそうな予感がする

私は中学生の時から山岳部にいて、九州のいろんな山に登って来た

歳も歳だから、近場の低い山を上り下りするぐらいが、丁度いいのかもしれない


昨日もそうだったが、山を歩く者たちのマナーは、

すれ違う相手に、必ず挨拶をすること

昨日は数十回挨拶をした

何とも気持ちがいいものだ


セキュリティを考慮すれば、北九州なら皿倉山と帆柱山

南では、尺岳と福知山

福岡は、気楽ペースなら油山、ちょっと頑張るなら宝満山だろう
by MUKUZAIKENKYU | 2011-07-25 11:45 | スローライフ

「目に見えないもの」を想う

今朝の西日本新聞は、いいことを記事にしていました。


私が勝手に思っていることなので、当然普遍性はありませんが、

日本人の心性の内奥をつまびらかにしていました


それも太宰府天満宮の権宮司による提言でした

テーマは「目に見えないもの」を想う


その中にあった西行の句

「なにごとの おはしますかは 知らねども

             かたじけなさに 涙こぼるる」

伊勢神宮にお参りした際に詠んだ句だそうです

目には見えない神だが、しかしその神の存在を感じてしまう


d0015306_11113665.jpg



実際に、涙が勝手に流れる経験をした人は沢山います

別に特別なことではありません

日本人だけでなく、外国からの観光客も、です


それほど、伊勢神宮に在る神域は、誰にでも慈愛を以て迎え入れてくれるところなのです


ただ人が生きるのは、この世

この世で、己の魂を磨くために生まれ活かされていることに気づかず

単に感動しただけで、日常に帰ると平気で無神経なことをやっている

そんな人もまた多くいることは事実でしょう


だから良いものを見た 良い経験をした ありがたかった…

ではなく、見えない神様の前で、己の未熟さを痛切に感じること

心底から、活かされていることに感謝すること

そして日常の中で、

より多くの人の役に立つ自分へと昇華する努力をすること


それは損得勘定をはるかに超えたところにあるモノです

損得勘定で「ありがたい」と「感謝」した振りをしていても

実は反って自分をだめにしてしまうこともありなのです


福岡県では、私の直観ですが、太宰府天満宮と櫛田神社

そして北九州の若松区に在る恵比寿神社には、あるつながりを感じます

いろんな人のいろんな想いが集まる神社ですが、

逆に神社の色を見分けることができれば、神社に相応した想いを

届けることで、人生が変わるような経験ができるかもしれませんね
by MUKUZAIKENKYU | 2011-07-24 11:12 | リッチな人生

全否定ではなく今あるモノを活かす

d0015306_1221493.jpg


アヤスギの郷では、整備が毎日のように行われています

だから森全体が整然として美しい


でも欲をいえば、もっと広葉樹があってもいいかな

単一林というのは、日本が商業経営の一環として自然の森を作り変えたものです

生命の多様性が失われるのは、森も田んぼも商業原理が優先されているからです


自然をめでる日本の心性を大切にしたいですね


グッと南下して、弊立神宮の裏山では、杉自体がいろんな表情をしていました

下の写真は〇〇?杉

d0015306_12225578.jpg


とはいうものの、一旦人の手が入った森は、人が森を維持する責任を遂行する義務が生じます

だから人工的であっても、整備を怠ることはできません

d0015306_12213389.jpg


そんな努力を継続する中から、人の住まいを作り、また守る木が生まれてきました


今ある物を、その動機がまずいから止めるのではなく

あえてそれを全否定せず、新たな自然を生かす方向を示しながら活かす

そうしないと、自然も人間も、人工的なその場しのぎの歪な未来を招いてしまうでしょう


人が過ちを犯すことは防ぐことはできません

だから過ちそのものを攻め立てるのではなく、どうしたらもっといい世界を作り出すことができるか

人は自然相手には、腰をすえて時間をかけて取組むしかありません


まずはお問合せください

住まいの木案内舎ゲイン
by MUKUZAIKENKYU | 2011-07-23 12:23 | 木 無垢材 自然