人気ブログランキング |

<   2012年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

諦めません、伝わるまでは!

今日で3月も終わりです

いろいろあったけど、しっかり反省して、

目線をしっかり維持しよう

絶対に下を向かないことです


ひとつひとつ乗り越えてきたけど

ホッとしたのも束の間、またしても悩ましいことが…


今度は、ゲインの無垢の木たちのひとつ

「皇杉」のリクエストが多すぎて…


納期がただでさえ3週間だったのが

一ヵ月後のゴールデンウィークを見込んでなのか

注文が殺到して、納期が一気に1ヶ月を超えてしまった


そりゃ、この「皇杉」は美しい木です

私が日本全国を見て回った結果選んだもの

オンリーワンの美の輝きを放つ「皇杉」です

一度使っていただければ、必ずリピートになるのです


それはありがたいことなのです

でもあんまり一気に注文が来ると

製材所のキャパを越えてしまう

必然的に、受注制限をしなくてはならなくなるし

待っていただける方には、1ヶ月以上の辛抱をお願いしなくてはならない

辛いもんです


これまでは工期の順延や手待ちなどは起こしたことはないけど

お客さんが望む納期に応えられないのは残念で仕方がない

仕方ないのは仕方ないんだけど、やっぱり無念さが残ります


そんなことが発生しないように

ゲインでは相当しつこく事前情報を、相手に送ります

現場では、ある意味段取りが最優先だからです

後は、使用される無垢の木の特性を説明

その施工方法まできっちり伝えます

まれに「あんたに施工指導は頼んどらん」と拒絶されることがあります

でもね、そんなことで引くワタクシではあ~りませんよ!


ホームページはこちらから
by MUKUZAIKENKYU | 2012-03-31 19:46 | 木の家 国産材 無垢材

正念場

負けてたまるか!

今は、そんな気持ちでいっぱい

今は、開き直ったせいか、妙に冷静な気分に浸っています


えええ?何が?って?


時々やってくるのです


何か得体の知れない圧力が

自分ひとりの非力さに

先が見えない不安さに…


しかし思い起こします

私がたった一人になってもやり遂げると決意したときを

どんなことがあってもあきらめない

心ひそかに「正義は、我に在り」と自分に誓ったことを


奇跡などは期待するものじゃない

この世に偶然なんてありえない

すべては「我が鏡」 すべてが自分が引き寄せたもの


幸も不幸も、すべて必然なのだ

ただどんなことがあっても生きていかなければならない


家族の物心両面の幸せを実現するために

疲弊した産地に経済的な豊かさを少しでも多く還元するために

それが実現できる自分を造る 磨く 鍛える


その過程には、想像だにしていなかったハプニングやトラブルもある

そんなときは試されているのです

神様に ご先祖様に 

ここが本領の発揮のしどころなのです


逃げるのではなく

戦うのではなく

無論何かのせいにするのでもない

真正面から受け止める そんな覚悟ができてこそ

乗り越えられると思います


さあ素晴らしい天気の朝です

太陽が眩しく 暖かい

太陽は分け隔てなくどこまでも公平に照らします

今日も「ありがたい、ありがたい」と感謝しながら邁進します


ホームページはこちら
by MUKUZAIKENKYU | 2012-03-29 10:00 | 倫理

皇杉の鮮やかさ

やっと雨が上がりましたね

今朝はマイナスイオンが満ちる近くの小川沿いに、しっかりウォーキングを楽しみました

普段はチョロチョロしか流れていないのに、ゴーゴーと音を立てていました

d0015306_14382736.jpg



今月も、あと一週間を残すだけとなりましたが、

まあ、いろんなことがありました 

結構心労気味です

何とか窮地を脱することができそうです



来月からは、この一ヶ月間の鬱屈した気分を吹き飛ばすことが連続します

今月は、ゲインの“皇杉”を使っていただいた現場が二件竣工しました

そしてまた、これから始まる物件の施主様との顔合わせ会が二回開催されました


それぞれ想いのある施主様でしたが、やはり施主さんのお顔を知っておくのと知らないとでは、仕事への姿勢が大きく異なりますね

これから三ヶ月以内に、一気に動きます


今月竣工した現場の一件は、北九州市の戸建て

d0015306_1439753.jpg


“皇杉”の赤味がちのピンク色の色味が鮮やかに生きています


ホームページはこちら
by MUKUZAIKENKYU | 2012-03-24 14:40 | 木の家 国産材 無垢材

いよいよ春分、太陽が温かくなります

今月は彼岸の月ですね

17日から彼岸の入り、20日の春分を中日として

23日が彼岸の明け


毎年掃除を兼ねて、墓参りをするのですが

17日は急用で、18日は体調不良 20日は仕事…

このままでは墓参ができないので

本日、午後からの用事を切り上げ、墓参を強行しました


今日は終日曇天ですが、なぜか墓参中は

墓地の上空はカラッと晴れ上がりました


亡くなった妹や父親への労い

そしてご先祖への感謝の念を捧げます


お勤めは果たしたので、ちょっとホッとしています


明日建築家のSさんにお届けするヒノキの床板サンプルが着きました

思ったとおりの美しさでした


木には、価値を決める基準として「等級」ってのがあります

一等、特一等、上小、無節…細分化すれば、後3種類増えます

この基準は、節の大きさと一定面積の中にある節の量です

これで何が違ってくるかといえば、単純に価格です


価格が高いものが「良質」ということになっています


でもこれはあくまでJASという日本農林規格に従ったもので

木そのものの価値や品質を決定付けるものではないのです

ゲインでは、そんなお上から押し付けられた等級基準は二の次です


ゲインの求める価値の優先順位は、まず何といっても「美しいこと」

次に「木の樹齢」 そして「乾燥率」(含水率)です

節の有無などは、それを使う人の感性の問題だから、一切問題にしません


ゲインの一押しのヒノキは、残念ながら九州産ではありません

種類が違うし、樹齢などが安定していません

それにオイル分が少ないと、本来のヒノキらしさが出ません


節がないから価値があって値段が高くなるのはちょっとおかしい

ヒノキならではの特性を十分に持っているのが価値があるのだと思っています


ホームページはこちら
by MUKUZAIKENKYU | 2012-03-19 18:53 | 木 無垢材 自然

繁華街で打合せでした

先日、何とも表現しがたい人と会ってきました。

現在進行中の店舗についての打合せでした

場所は…

d0015306_12593570.jpg


こんなビルがごろごろ建っている地区

福岡市の「南新地」界隈です

実際の南新地は、写真に写っているビル側の一角にあります

打合せ現場は、中洲という九州随一の繁華街

昼間に行くと、見事に静かな世界です


まあ内容はともかく、その方の生き様を聞くにしたがって

一種の嘆息が漏れてきた…ていうか、唖然としてくるというか…


この方は2年前まで東京で、それなりに名を馳せた方でした

こちら福岡に来て、あるプロジェクトを進めていらっしゃる

でも不慣れな土地柄もあってか、やることなすこと障害だらけで

ついに、ある人伝で私に相談が舞い込んできた


相談の内容が深まるにつれて、一種の疑問と呆れるような嫌悪感も…

とはいえ、ある人の紹介だから、ここはプロとしてじっくり話を伺いました


内容については秘守義務です

ただこの方のお話を聴くうちに見えてきたのは

「如何に、お金が人を変えてしまうか」良くも悪くも、必ず変えてしまう


その方のこれまでの人生は、ある意味成功の連続です

事業に成功して、収入は年間で億単位だったのかな

交際費はほとんどポケットマネーからだから税金の掛かりようがない

月に数百万円は使っていたようで


お金を使う方も、その恩恵にあずかるものも、いずれもが

本人たちが気がつかないまま、人間性が変質してしまう


この方は、これまではすべて「お金に物を言わせて」すべてを動かしてきた

ご本人はいたって淡々としているのですが、周囲は相当ギラギラだったのでしょう


そこで一旦お金がなくなると、どうなるか…

現実的なルールや常識的な手続き、人間の分業と尊厳が皆目理解できない

でも今までのやり方しか知らないから、同じことをしようとして

必然的に壁にぶち当たる

ある意味、すごいヤツ。でも別の意味で、今まで何の世間知を得てきたのか

お金がなければ何の役にも立たない知識ってのは、実に儚いものです


ゲインのホームページはこちら
by MUKUZAIKENKYU | 2012-03-18 13:00 | リッチな人生

繁華街で打合せでした

先日、何とも表現しがたい人と会ってきました。

現在進行中の店舗についての打合せでした

場所は…

d0015306_12593570.jpg


こんなビルがごろごろ建っている地区

福岡市の「南新地」界隈です

実際の南新地は、写真に写っているビル側の一角にあります

打合せ現場は、中洲という九州随一の繁華街

昼間に行くと、見事に静かな世界です


まあ内容はともかく、その方の生き様を聞くにしたがって

一種の嘆息が漏れてきた…ていうか、唖然としてくるというか…


この方は2年前まで東京で、それなりに名を馳せた方でした

こちら福岡に来て、あるプロジェクトを進めていらっしゃる

でも不慣れな土地柄もあってか、やることなすこと障害だらけで

ついに、ある人伝で私に相談が舞い込んできた


相談の内容が深まるにつれて、一種の疑問と呆れるような嫌悪感も…

とはいえ、ある人の紹介だから、ここはプロとしてじっくり話を伺いました


内容については秘守義務です

ただこの方のお話を聴くうちに見えてきたのは

「如何に、お金が人を変えてしまうか」良くも悪くも、必ず変えてしまう


その方のこれまでの人生は、ある意味成功の連続です

事業に成功して、収入は年間で億単位だったのかな

交際費はほとんどポケットマネーからだから税金の掛かりようがない

月に数百万円は使っていたようで


お金を使う方も、その恩恵にあずかるものも、いずれもが

本人たちが気がつかないまま、人間性が変質してしまう


この方は、これまではすべて「お金に物を言わせて」すべてを動かしてきた

ご本人はいたって淡々としているのですが、周囲は相当ギラギラだったのでしょう


そこで一旦お金がなくなると、どうなるか…

現実的なルールや常識的な手続き、人間の分業と尊厳が皆目理解できない

でも今までのやり方しか知らないから、同じことをしようとして

必然的に壁にぶち当たる

ある意味、すごいヤツ。でも別の意味で、今まで何の世間知を得てきたのか

お金がなければ何の役にも立たない知識ってのは、実に儚いものです


ゲインのホームページはこちら
by MUKUZAIKENKYU | 2012-03-18 13:00 | リッチな人生

一隅を照らす意味

「独自な作家とは、誰をも模倣しない者ではなく、誰にも模倣
できない者である」
(シャトーブリアン)


みんな、自分のやっていることで成功したいと思っています

「成功」とは、自分の行いが、より広く正当に評価されることだと思います


単に経済的な「成功」とか「名声」という結果を思い描きますが

本当に成功している人は、そんな結果だけを追い求めてはいません

むしろ自分のやりたいこと すべきことに全神経を集中して

まったくぶれない

「一所懸命」なのです 逃げないのです


だからその分、人以上の苦労を背負う

そんなことは百も承知で、敢えて挑み、決してへこたれない

だから人真似ではない知恵を掴み取ることができる

同時に勇気と自信も培われることになる


そうしてある日突然のような結果が生まれる

でもそれは突然でも偶然でもない、必然なのですね


人のふんどしで相撲をとるような

人に言われるままに追従・服従するような生き方では

見かけだけは「裕福」だとか「成功」しているように見えても

基礎がない 絶対経験がないから

つづかないし、いつも「隣の田んぼ」ばかりが気になる

人との出会いを打算でしか考えられなくなります

勇気も自信もない人の生き方です


物まねは当初は必要であっても

物まねが目的化してしまうと、階段のない高みに飛び上がるようなもの

すぐに自分の立っていた低い場所に戻ってしまうものです


自分自身を信じるってことは、結構勇気がいるのです

でもそれを乗り越えない限り、ご褒美はいただけません


日本全国に、同じ志を持って一所懸命に努力している人はたくさんいます

目立たない 地味なことであっても 小さな営為であっても

一隅を照らす行いこそが 人を鍛え育ててくれます



ホームページはこちら
by MUKUZAIKENKYU | 2012-03-15 11:36 | リッチな人生

報われること、報われないこと

最近は、止め処もなく忙しい毎日がつづいています

止め処もなく…ていう表現はおかしいかも知れません


でも間断なく、しかもダラダラと、…つまりは、メリハリがないんだよなあ!


その中には、ギョエッとするほどストレスがたまるものがあり

今度は、ああ今まで一所懸命やってきて良かった…

目に見えないものに心から感謝するうれしいハプニングもあり


2年前から、いつ決まるとも分からずしぶとく営業してきたことが

やっと実を結んだ

小躍りしてしまうような 

空に舞い上がるような 天井を突き破るような


しかもそのためにかけてきた資金が、もう底をつくという直前で決まるという

まさに最大の不安を味わった途端に、最高の安堵を得る!

でも心臓に悪い…ドッと疲れが出ます


この原因は、ホントはこれだけじゃないんです

またしても、ああまたしてもの世界もあるんです


建築家のMさんが設計して、先月に入札

何とか業者は決まったのですが、打合せのためにその工務店を訪ねたら

予算が厳しいからという理由で

建築家にちゃんと相談もせずに、指定の材料や設備を勝手に変更


おいおいそりゃないぜ、ベイビー!


落札してしまえば、こっちのもんみたいにより安価な材料に切り替える

でもそれは許されないことなんです

そんなやり方がまかり通れば、入札なんて、ただの儀式になってしまう

落札したんだから、どんなに予算が厳しくても

指定されている材料設備で施工する義務があるのです


さてさて今週中に白黒がはっきりするでしょうが

思いやられます


ホームページはこちら
by MUKUZAIKENKYU | 2012-03-14 17:24 | 木の家 国産材 無垢材

鎮魂の祈りを捧げます

うばい合えば足らぬ

分け合えばあまる

うばい合えば争い

分け合えばやすらぎ


うばい合えば憎しみ

分け合えば喜び

うばい合えば不満

分け合えば感謝


うばい合えば戦争

分け合えば平和


うばい合えば地獄

分け合えば極楽


相田みつを


今日は祈りの日。
2万人の魂への鎮魂


♪ 一年前の悲劇を 予想し その後の 歩みを 示唆してくれる歌です。



上の相田みつをの詩は、今朝FB友の投稿から引用しました

私は、どちらかというと、相田みつをさんの言葉には

ある点から、少し抵抗を持っていた人間です


でも今日は、そのまんま素直に受け止めることができました

一年前に起こった日本人の悲劇

図らずも命を奪われた被害者の方々に

鎮魂の意を捧げます


そして今なお政治と行政の無能のために

苦渋を強いられている方々に

私なりの精一杯の「お役に立てられる」ことを実行し続けます



無垢の木 住まいの木案内舎ゲインのホームページはこちら
by MUKUZAIKENKYU | 2012-03-11 10:55 | 倫理

やっぱり上質の無垢の木は美しい!

本日ひとつの物件が、引き渡しになりました

建築家の要望に応えるべく、着工するまでの半年間が

ある意味、ゲインの最も神経を使う期間でもあります


建築家の意匠を感じ取るには、単に図面に描かれている内容だけではなく

建築家自身の性格や性向も含めて知っておかなければなりません


ゲインは一見「無垢の木にこだわった材木屋?」ですが

適当な表現がないために「住まいの木案内舎」と名乗っています


建築に関する専門的な知識は、材木屋といえども

建築家やユーザーさんの要望に応えるためには絶対不可欠です



でも現実の材木屋を名乗る材木屋の99%は、木のことも満足に知らない

事実上のブローカーか、単なる材木専門運搬業者ばかりです

だからバカにされるのです

私も、今まで多くの屈辱的な目にあったことがあります


いくら同業者に「材木屋の社会的地位向上のために…

地域貢献はもとより、建築に関する専門知識を身につけ

本物の木を提供できるように勉強会や社会活動を呼びかけましたが

彼らには、そんなことに興味がないことが分かりました

彼らの関心事は、いくら儲けるか、仕入れを安く買い叩くことばかり


こんなんじゃ同じ建築関連の業者からバカにされても仕方がないでしょう


社会貢献ができる「材木屋」

ユーザーや建築家から頼りにされる「材木屋」

無垢の木の専門家として、常に向上を図る「材木屋」

上質の情報を 豊かな情報を発信して信頼される「材木屋」

木の産地から尊敬される「材木屋」


これは「材木屋」を営むための絶対条件だと思います


このことを唱え始めたら、本来共鳴してくれるはずの同業者から

最も激しいバッシングを受けてしまいました

挙句の果てには、ある事件の濡れ衣を着せて、

ゲインを社会的に葬ろうという動きさえありました


…見限りました。そして私の信じる本物の「材木屋」となるために

「材木屋」の業界と決別したのです


d0015306_19142125.jpg


本日引渡しが完了したN園

使用された製品は「皇杉」

木材用オイルを下地に塗装した上、木蝋ワックスで仕上げました

建築家のお名前はALP建築工房の柳さんです
by MUKUZAIKENKYU | 2012-03-08 19:15 | 木の家 国産材 無垢材