人気ブログランキング |

<   2012年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

梅雨の前には、爽やかな無垢の木を

d0015306_17591669.jpg


フォーカスがいまいちですが

「尾鷲ヒノキ」節有の床


ヒノキは日本では大別すると2種類ですが

産地によって、表情がかなり変わります

杉ほど多様な表情はありませんが、独特の美しさがありますね


尾鷲のヒノキは、木曽ヒノキの兄弟分

九州などのヒノキと比べて、成長が遅い

そのため年輪が詰まって、ヒノキオイルの含有量が多くなります


一部の業者が、九州のヒノキは「サクラヒノキ」

本州のヒノキを「ホンヒノキ」と呼んで分別しています


この呼称が正しいかどうかは別として

九州産のヒノキは、確かに赤みが強い

本州産は、赤みといっても、ほんのりピンクがかっています

それに前者はその分白太部分が目立ち、その範囲も広く感じます

後者は白太部分は淡黄色で、赤みと色合いがつながっています


もうひとつの違いは、九州産は成長が早いためか枝の跡でもある節が多い

また死に枝があるため、節は死に節(抜け節)が多くて

節の跡を埋め木などで補修しなければ使えない傾向があります


それに比べると、尾鷲産は節があっても死に節が少なくて

節の量もそんなに多くありません


好みによりますが、そんなニッポンのヒノキを床に使うと

部屋全体が明るくなるだけでなく、上品な色合いに染まります


そして独特のヒノキの香りに、思わず深呼吸したくなるでしょう


これから夏の季節、暑い日々が続きます

夏に入る前には、日本独特の気候である「梅雨」を迎えます

そんなとき無垢の木の調湿性能を実感していただけます

エアコンなしでも爽やかな空気に満たされた部屋で

快適な生活が実現できます



ホームページはこちら
by MUKUZAIKENKYU | 2012-05-29 18:32 | 木の家 国産材 無垢材

外壁にお奨めの無垢の木

d0015306_15442158.jpg


木が生きる 木を生かす家

上の写真は、ちょっと出しゃばり過ぎかな?

でも無垢の木に包まれた家の玄関の前に立つと

絶対に癒されますよね


この外壁に使われている無垢の木は、カナダ産のウェスタンレッドシダー

樹齢が高い木が多く、300年を優に超える木が一般的です

見た目は褐色で、濃淡差が大きく、いい意味でブチ模様、グラデーションが楽しめます


本当にいい家ってのは、無垢の木を適材適所に利用すること

窯業系のサイディングや鉄板には絶対にない、ホンモノの高級感が際立ちます



それにね。

国産無垢材の鬼を自称するワタクシですが

この木の耐候性や防腐性、防蟻性という性能は半端じゃない

外部に使えて、細工もしやすい


もういっちょ!

独特のシロップのような香りが、ヒトをホッとさせてくれるのです

いつも香るわけではなく、雨などに濡れた時フワッと香ってきます


欠点というのは見当たりませんが、強いて言うなら

強度を要するような場所には使えません

日本の杉や桧のような粘りがありません 弾力性がない

要は適さない使い方をしなければ、全く問題なしです


今年に入って、引合いが10件以上来ています

ちょっと流通市場が荒れているため、私のような

きっちりと案内ができる「材木屋」がほとんどいない

にも拘らず、材料だけは販売したがるナンチャッテ業者が多い

ユーザーさんや建築家が、そんなナンチャッテ業者に騙されないことを祈ります



ホームページはこちら
by MUKUZAIKENKYU | 2012-05-26 15:47 | スローライフ

樅の木で遊ぶココロ

d0015306_10215193.jpg


樅の木 床の施工例写真(別のサイトから拝借しました)

ゲインの施工例にもあるにはあるのですが、現場がちょっと遠かったため

撮影に間に合いませんでした


樅の木の床は、平柾無節 浮造り仕様だから

この柾目を利用して、面白い幾何学模様を演出できます


床が想像力溢れる、心ワクワクの楽しい表情に変身します


オーソドックスに真面目に張るのもいいものですが

遊び心もタイセツですよね


d0015306_10234161.jpg


そんな樅の木のサンプルが、先日事務所に到着しました

ニッポンの木ではありません ドイツのシュヴァルツバルト産です

でもこの木を熱く深い思いを以て製品化している人々が九州にいます


ゲインのもうひとつの姿は“日本の住まいを良くする無垢材研究会”

日本は、一千年を軽く超える「木の(建築)文化」を持つ素晴らしい邦(国)です

日本人の遺伝子には、その文化が根付いていますが、

いつの間にか去勢されたかのように、木や自然を疎かにしてきました

ゲインは微力だけれど、木の文化を復活させるべく

市場原理や経済原理優先の流通に敢えて反旗を翻しました


いつの日か、日本人の内面に眠る遺伝子を呼び覚ますことができる

日本中に、目覚めた日本人が続出し、荒廃した日本を乗り越え

新たな世界中から尊敬される日本を作り直すと信じています


ホームページはこちらから
by MUKUZAIKENKYU | 2012-05-22 10:24 | 木の家 国産材 無垢材

口に入れるモノの保管まで考えてナンボです

d0015306_1220618.jpg



上の米びつは、昨日も紹介しました樅の木という素材でできています

米びつ、そう、米を保管するための容器ですね

虫が入らない、簡単に合単位で米を取り出せる

場所をとらない等々、いろんな機能の米びつが販売されています


便利な機能ってのは、大体ユーザーにとって「楽」ちんを目的にしていますね

そしてそのために犠牲にするものがあるのです

それはユーザーの健康です

米に虫が付かないための薬剤付きってのもあります

虫は付かないけど、同時に米にその薬剤も浸透しています


「人体に影響はない」と謳っているけど、生物を殺すのに

絶対に安全なものなんてありません


ゲインが販売している「樅の木の米びつ」は、どこが違うのか

ダニやゴキブリが寄り付かないだけじゃなく

人体にも、全く影響がないから、です


それだけじゃありません

米が長持ちするのです

その理由は、無垢の木ならではの「調湿性能」です

容器の内部を、適正な湿度を保つため

米が乾燥しすぎることなく、鮮度が落ちないのです


木の臭い移りが心配かもしれませんね…

でもそんな心配も無用

樅の木は、ほとんど臭いがない木なのです

それどころか、この木には独特の消臭成分が含まれていて

米独特の咽るような臭いまで取り除きます


まだまだ、ありますよ

市販のプラスチックや金属性の容器は、米を冷やしてしまいますが

自然素材の無垢の木だから、米を冷やしません

だから内部での結露が発生しないのです


私は、お米は無農薬有機栽培のものしか相手にしません

米は日本人の主食でもあり、それだけ最も安全なものとして

無農薬が大前提なのです


農薬を使用した米は、米びつに入れると、しばらくすると

独特の異臭がこもりますが、無農薬米は全くの無臭のままです


ご自分だけでなく、ご家族の健康を思うならば

米の品質だけでなく、米を保管するウツワにも気を使うのは

常識中の常識ともいえます


この機会に、是非「樅の木の米びつ」を検討してみてください



ホームページはこちら
by MUKUZAIKENKYU | 2012-05-20 12:21 | スローライフ

お米の保管は万全ですか?

明日は5月20日、中米のメキシコでは、古代マヤ宮殿では「太陽の日」ですね

年に一度だけ、宮殿の横から当たる日の光の影が巨大な蛇の姿を浮かび上がらせます


そして5月21日は、日本では金環日食が見られます

日食だから、その日は当然新月です

先日からの太陽の巨大黒点現象による電磁波の影響が

否が応でも強まります

地球上の異変に気をつけなければ…なんて思っています



最近思った変なこと…

ある人が言ってました

医食同源のお話ですが、日本人が当たり前に飲む緑茶


このお茶の等級の決め方って、相当変なのですね

日本の農業のほとんどが農薬を使用することを前提にしています

JAの指導ということらしい

農薬を使って、虫が付いていない、腐らない、形が良い

色身が良いを優先した格付けは、見た目で売れる商品作りということなのでしょう


だから無農薬で作った作物は、形が悪かったり、ちょっと虫食い痕がある

それらはすべて低等級あるいは格外となって

JA主導の市場では価値が認められない

農家も食べていかなくてはならないから、農薬を使うのです


…これって、本末転倒ではないでしょうか?

本当に人体に安全で、しかもそれを作るために

農薬作物の倍以上の労力を使った作物が二束三文とは…


物の価値を決める基準が商業主義や市場主義に犯されていては

本当に安全で良いものは、消費者の手には届くことがない


ゲインは農家ではありませんが

こういった矛盾を感じて、独自の路線を突き進む企業のひとつです

良いものは、高い倫理観こそを基準にしたところからしか手に入らない

「安かろう悪かろう」を当然にした現行の市場には期待できません


これからもゲイン独自の視点から、良い製品を紹介していくつもりです


これもそのひとつ

d0015306_1218916.jpg


「樅の木の米びつ」です

詳しい説明は、明日です


ホームページはこちらから
by MUKUZAIKENKYU | 2012-05-19 12:18 | スローライフ

無関心を発信するメディア

今日は5月15日 40年前の今日

米国に占領されていた沖縄が、日本に返還されました

朝からちらほらとテレビを見ていたけど

見事に報道されない


新聞には特集記事が掲載されていたけど

テレビなどの媒体は、全くの無視

テレビほど影響力のあるメディアはないのに…


日本のマスコミは、忘れてはならないことを忘れさせ

覚える必要のないことを、しきりに騒ぎ立てる


その結果、日本人の良心に訴える内容は欠落して

卑しき野次馬根性や人の不幸を喜びたがる覗き見趣味ばかりを

刺激し続けているようです


夜は夜で、つまらん芸人が主役の下らん番組が

ゴールデンタイムを占拠して、視聴者をひたすら愚民化する


これが一年前に東日本大震災と福島原発事故を経験した

同じ日本人なのかと目を疑います


…といって嘆いたところで、何が変わるわけではない

だから自分だけでもしっかりと意識を堅持していようと腹に決めました


公約の真反対を突き進む卑劣な民主党政権と

それをあざ笑いながら官僚主義行政を浸透させる省庁役人

何の役にも立たない野党勢力

ここでもやるべきことはできるだけ後回しにして

今しなくても良いことを急いでやろうとする


これじゃ震災や原発事故で、命や財産を奪われた方々が浮かばれません

国民は政府と官僚のための家畜じゃないってことを

行動で示さなくてはダメでしょう


あらゆる意味で「無関心」は

人間から良心を消し去り、疑問心や好奇心を奪い

人間らしい人生から喜びや共感を

とりわけご先祖や周囲への感謝心を根こそぎにします


無関心からの「思考」とは、目に見えない他人の思考に誘導されてしまう

家畜の思考なのだということを覚えておいた方がいいでしょう

by MUKUZAIKENKYU | 2012-05-15 16:51 | 倫理

沖縄、あれから40年

今日は5月13日

明後日の5月15日は、沖縄が米国から返還された日である

1972年から40年になる


沖縄の歴史は江戸時代の島津藩の侵略から悲劇の連続といえるだろう

明治時代の「琉球処分」より、琉球国は「令制地」とされ

太平洋戦争で日本が敗北した後

旧琉球は、沖縄と奄美とが分断されて、現在に至っている


そんな歴史からか…

敗戦後、米軍に占領された沖縄は、米国のアジア戦略の要の地となった

とりわけベトナム戦争においては、重要な兵站地であった


米国はベトナム戦争の泥沼化から敗戦色が濃くなると

日本はその戦略的な条件(ベトナム戦争継続のための後方基地として)を丸呑みする格好で「返還」を勝ち取った

返還後は、米軍基地はなくなるどころか、逆に強化される

当時は、70年安保反対闘争や原爆を装備した空母や爆撃機の日本常駐化反対闘争が必然的に盛り上がる

日本(ヤマト)では、学生を中心に全国的な反対闘争が先鋭化していた


そして運動が下火になると

沖縄は「補助金」漬けの「自治体」へと馴らされていく


日本政府は、そんな歴史に目を瞑ったまま、形だけで「保障」しようとすればするほど

沖縄住民の本当の意識から遠ざかってしまう

駐留米軍の横暴が問題になっても

日本政府は本気で抗議して現状を改善する努力をしたつもりでも

沖縄の住民から見れば、まるで縁の薄い遠い親戚のような接し方に

改めて絶望感に襲われるという繰り返しだった


もし日本が沖縄を日本の国土であり領土として真剣に考えるならば

米軍米国との駆け引きの材料とせずに

自国の住民を守り国土を保全する気概で

もっと速やかに、かつ強行に交渉できていただろうと思う


40年前の今日は、沖縄が返還されるまでの最後の抵抗の日だった

その戦術の幼稚さは如何ともし難いが

当時の学生や知識人たちの命懸けの闘いは

このまま無駄にしてはならない


沖縄のアイデンティティからしっかりと読み解き

かつ共感と共同行動は、日本人のアイデンティティとしなければならない

by MUKUZAIKENKYU | 2012-05-13 19:59 | コラム 政治・経済・社会

毎日が注意一秒トラブル一生です

気がつけば、あっという間に週末!

ハプニングの連続で、落ち着いたと思ったら、到頭最後の最後になって


…なんか虫の知らせというか

好事魔多し…油断できんぞ!と、今週を再チェックすると

仕入先に問合せをしてみる。第2土曜のせいか連絡が取れない

…んんん?来週納品予定の商品の出荷伝票が送られてきていない

いよいよ怪しいと、担当者の携帯に電話をして、やっとつながった

確認をしてみると、来週予定を再来週と思い込んでいて(ファックスには来週と明記しているのに)

何と手配もしていないとの回答


慌てましたが、任せっ放しにせずに良かった

急遽、次善の策を指示して、休みであろうと関係なし、です

今日と明日中に、何とか対処するようになりました


今週はほとんど飛び込みの見積依頼が連続していました

図面ばかりだから、拾い出し~積算~清書

ワタクシ、図面を見ると、無性に燃える性分で

ウキウキしながら、ニヤニヤしながら打ち込めました


ちょっと集中しすぎたせいか、脳みそが痺れてきました

目もショボショボ

いろいろあったけど、遣り甲斐のある一週間でした


そんなこんなで、喉が渇いたのでビールを買いに、

近くのコンビニに行くと、

…どこかで見たようなオトコが…ああ、あれはSではないか

人をだまして、小金を稼いで、新車を購入したヤツ

私も同情心で付き合って、まんまとだまされた一人でした


Sは、私を見つけると、バツが悪そうな顔で

引きつった笑顔で近づいてきました


私は、一瞬睨みつけ、後はシカトしました


人を我欲のために踏み台にするようなヤツは

私の友達には成れません

自分だけの「裕福」のために、友人の懐にたかる

たいがい世話になっていながら、恩どころか仇で返す

自分で人をそそのかしておいて、陥れる

そんな人間と付き合うほど、私はヒマではないのでね


今週は、ホント最後の最後まで

光と影が、それもかなり濃厚な形となって現れた一週間でした


私も感謝すべきは心から感謝し

決別すべきはしっかりと決別し

信頼しあえる、心を置ける仲間と友人を大切にしていこうと

改めて心に刻み込みました

by MUKUZAIKENKYU | 2012-05-12 19:58 | リッチな人生

連休の後始末

連休が終わりましたね

街に、いつもどおり活気が戻ってきました

さあ、これから本格的に事業展開です


私は連休の間、学ぶために映画を観て

次にお客さんとの打合せ

そして博多のとある場所で修行してきました


残念ながら読書に没頭することはできませんでしたが

心の波動は相当高めることができました

これから1年間で大きな結果となって実現するでしょう



話は替わりますが、今年の黄金週間は

自然災害が突出しました

とりわけ関東と東北方面では、豪雨と落雷、そして竜巻と

…自然現象といってしまえば、それまでですが

果たして単なる自然現象として片付けていいものだろうか…


多くの人々は、連休を満喫できたと思いますが

昨年の東日本大震災と福島原発事故は絶対に忘れてはいけない

日本人の多くが、この歴史的な事件に無関心になると

これからは「これでも、まだ分からんか!」と

新たな災害が発生するのではないかと思います


別に新興宗教やカルトのような「天罰」を強調するつもりはありません

ただ来年は伊勢神宮の式年遷宮の完結歳です

来年に向けて、日本人のすべてが心をひとつにする必要がある

ご先祖に感謝の念を送る

日本を守ってくださる目に見えない存在に心より感謝することが肝要です


現代の日本人の悪い習癖である無関心からは

人間として最低の波動が放射されます

この碌でもない波動が、束となり重なると、最悪の波動となって

私たちが住む日本に甚大な悪影響を及ぼす


そう考えることは、非科学的でしょうか?迷信でしょうか?

私はそうは思えません

私はニッポンの無垢の木を紹介し、販売していますが

それだけにニッポンの森や木には、特別の想いを持っています

神聖な森や神域というのは、間違いなく存在することを知っています


人間が、自分が生まれ育った土地や海を感謝をこめて大切にすることは

人間としての義務でもあります


それを究極の便利さを追求するあまり

お金を手段ではなく目的にしたりと、倒錯した考えを持つと

必ずその「お返し」が来るのです


連休中の自然災害の意味をじっくり省みることは

決して無駄ではないでしょう



ホームページはこちら

by MUKUZAIKENKYU | 2012-05-07 09:22 | リッチな人生

霊的なルーツを感じるとき

d0015306_15182122.jpg


上の写真は、福岡県庁の横にある崇福寺の境内の墓地

黒田(福岡)藩の藩主「黒田家」の墓地です

何ともいえない荘厳さを感じます

そして300年近く家を守るための努力には

そのための知恵と人事に腐心するだけでなく

権力闘争に勝ち残りながらリーダーシップを維持する


伝統とは、単に世代をつなぐだけではなく

時の天下を握っていた徳川家とのやりとりには凄絶なものがあったのでしょう

それを乗り越えながら、家を繁栄させていくこと…


福岡藩(筑前藩)の東端の領土は、今の北九州市八幡東西区と若松区

明治維新後に廃藩置県によって領土が分割されてしまいましたが

今の北九州市が1963年に成立するまでは、五市が独立した行政区でした


有体に言えば、北九州市とは東半分の小笠原藩と西半分の福岡藩の統合でした

歴史と伝統までは統合されることはありませんから

その結果、北九州市の行政や地勢は、いまだに一体感がありません


私の両親は、父方は大分県日田市 母方は八幡市

私の中にある違和感は、おそらくそこら辺から生まれたのではないか


北九州に生まれ育っていながら 高校生のときから地元を脱出しました

それからそのまま福岡に居つき、延べ5年間を過ごし

ちょっと間が空いて、再び福岡へ

そして6年前から再び福岡との縁が深まりました


福岡にいると、なぜか懐かしさと安堵感を感じてしまいます

履歴上の祖先ではなく、

霊的な祖先には間違いなく福岡と縁の深い人がいると確信できます

明治維新前後の人物がいるはずです


生まれ育ってこその古里ですが、それとは関係なく

いつも気になる土地や地域、何かしら縁がある地域や土地の名前

行けば、母親の胸に抱かれたかのような安心感を感じるとき

それは間違いなく霊的に深いつながりがあるはずです


連休中、ちょっと一人になる時間があるとき

目を瞑って、想いを巡らせてみるのもいいかもしれませんね
by MUKUZAIKENKYU | 2012-05-04 15:18 | リッチな人生