<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ゲインの無垢の木たちに本格的な動きが、そろそろ…

今日は、中秋の名月

ですが、恐らく残念ながら観ることができそうにありません

台風17号は紀伊半島の南西を通過中で、北部九州には余り影響はありませんでした

でも雲の量は広範囲に及び、九州全体を覆っています

仕方ないですね…


10月から、やっと動き始める気配です

7月段階からの案件が、二三件を残して

ほとんどの物件が2ヶ月から4ヶ月繰り下がってしまい

相当しんどい思いをしています


ゲインが本格的に活動を始めて15年

完全自立してから5年が経過しましたが

お蔭様で多くの共感をいただき、順調に進展してきましたが

今年のようにほとんど全ての案件が

消滅する 半分以下に減額変更になる

工期が1ヶ月(ぐらいなら折込済みだけど)3ヶ月から半年も繰り下がる

こんなことはかつてありませんでした


これもお天道様が私の隙に対してお試しをいただいているのだと

ありがたく真正面から受け止めるしかありませんね…



その間、多数の案件をいただいて、ありがたい限りですが

これらが動き出し時期が、どうも一緒になりそうな雰囲気です

そうなると、通常の営業活動ができなる恐れあり

来月の10月からは、これまで以上に先の先を見越した活動が不可欠な情勢です


しかしこのままいけば、11月から1月にかけて

十数件の案件が集中しそうです


10月から、まず口火を切るのは

「樅の木」の壁材

d0015306_15361017.jpg


写真は床材の12mmですが、白木の良いとこを全て体現したといっても過言ではありません


その次が、先月から販売を始めた床材「ロッジポールパイン」

d0015306_15393011.jpg


18mm厚 幅120mm

相当印象に残るようで、更に価格を聞いて二度びっくりで

販売開始して1週間で4件の問合せをいただき、2件の内定となりました


11月からは、「北のから松」と「皇杉」

ゲインの二枚看板が、いよいよ本格的に動き始めます


ホームページはこちらから
by MUKUZAIKENKYU | 2012-09-30 15:44 | 木の家 国産材 無垢材

ラガヴーリンと日本栂(つが)

酒は

d0015306_195515.jpg


そう「ラガヴーリン」

上の写真は、その工場

英国のアイラ島

アイラ・スコッチは、そのピート臭とヘビー級の重厚さ

そして深みのあるのど越しは、秀逸です

まさにシングル・カスク

ピュアモルトの真骨頂です


…なんで、突然こんな話を?

仕方なか~!呑みたくなったとです


真面目な話は時々でいい

啓発記事は、しょっちゅう書かなくては…

でも人間は生身だから

光に向かって、時々点検する意味で、その影も見てみる

「陽極まれば陰。陰極まれば陽」


でも陰気な人間が、とことん陰気になっても陽気にはなりません

バランスを失っているからです

おっと~!脱線…


d0015306_1961918.jpg


この木は「日本栂」

樹齢はかるく200年を超えています

日本の木の中では、白木の極致といえる栂(ツガ)

産地は西日本で、主に九州と四国に分布していて天然林しかありません

写真のでかい節は嫌味に見えますか?

節の中にもたくさんの年輪が詰まってますね

これが無垢の木の醍醐味なのです


久しぶりに販売を再開したら

忽ちたくさんの問合せをいただき、嬉しい限りです


ホームページはこちらから
by MUKUZAIKENKYU | 2012-09-24 19:07 | 木 無垢材 自然

建築家のインテリジェンスとは

d0015306_19202081.jpg


上の写真は、とあるマンションのリノベーションの一景

床は「皇杉(こうすぎ)」をライト系で塗装しました


国産無垢材にこだわって、早15年以上が経過しました

時代は変化しますね

リーマンショック以後、どうも需要動向が微妙に変化し始めています


地方によって差があるでしょう

ゲインの地元福岡では、これまで以上に国産の無垢材にこだわる傾向と

予算とのバランスなのか、新規の輸入材を採用する建築家もいます


ユーザーさんの嗜好にも影響されますが

それを啓発するのが建築家の役割のひとつです


単純に見た目がいいとか安いという理由で

これまで実証されたことのない目新しい輸入材を提案することには

ゲインとしては、一種の危惧を抱いています


輸入材には、その成分や生活貢献度が認証されていないものが多い

そのため、安易に利用すると、

そこに住む人の健康を5年殺しのようにジワジワと侵食することがあります


無垢の床は食品と同じなのですよ

目新しいとか安いという理由は、正しいインテリジェンスを持っていれば

選択の優先順位では最下位です


そのとき安直に薦め採用させた建築家は、どうやって責任を取るのでしょうか?

しかもその怪しげな輸入材の販売元が、シンガポールの華僑となると

問題が発生しても、絶対に責任をとることはありません

検証することもないでしょう


安い、見栄えがいい…そんな動機で採用するのは安直過ぎませんか?


by MUKUZAIKENKYU | 2012-09-22 19:21 | 木の家 国産材 無垢材

神社と鎮守の森

あまりに凄いスピリチュアルに満ち満ちた写真

FB友の「東条英利」さんがアップしたものです



彼は「神社人」というブログを主宰されていて

今回の写真は、伊勢神宮を参拝しての帰途に撮ったということです

d0015306_1924224.jpg


皆さん、この写真に映し出されているモノが見えますか?

私には龍神が二体、それにククリ姫の様なお姿が…見えます

それだけじゃありませんよ


彼のこれまでの業績を喜んでいらっしゃるようです


かくいうワタクシは、お伊勢さんを中心にして

日本全国の神社にある鎮守の森をこよなく愛するものの一人です

…鎮守の森がない神社もありますが

明治政府が神社の統廃合の名目で、多くの神社を取り潰しました

その時代的な背景もあるのでしょうが、実に残念なことです


換言すると、鎮守の森のない神社には

人間の念が積み重なるばかりで、清浄化されない

生命の漲る力がない


でも鎮守の森があれば良いというわけではありません

やはり神主さんらが定期的に手入れをしてこそ

森は更新されて、澱みが浄化されていくものです


だから社務所がない神社は、…どうしても…ですね


お伊勢さんは、2000年以上の歴史の中で、最大の鎮守の森を持ち

そこではすべての生命の生成死滅が繰り返されています

神が宿る森には、すべての生きとし生けるものへの慈愛があふれています

時々怒ることもありますが、それは「目覚めさせる」ためであって

滅ぼすためではありません


ホームページはこちらから
by MUKUZAIKENKYU | 2012-09-14 19:03 | 木 無垢材 自然

最近流行のフローリングに思うこと

最近、どうも納得がいかないことがある

建築業界には、流行というのがある

建築デザイン

設備 電化製品

クロス

木材、とりわけフローリング


これはある程度は仕方がない現象です

時代に応じた嗜好の変化や

ユーザーの年齢層や取得者層

これに応じた提案をしていくのがプロの仕事でもあります


ただいわゆる設備などは、発売されて2年しないうちに

廃版になることが多い

競争原理が働いて、目先のちょっとした工夫で新鮮さを演出する

でもそれが人の生活とライフスタイルにマッチしたものとはいえない


むしろ「便利さ」や「安さ」、「見かけ」ばかりが先行して

人の健康やリレーションシップを無視したり

「健康」を売りにして、産業廃棄物を増やすような建材が

毎月のように「開発」「販売されています


人間の嗜好の傾向は変化しても、人間そのものは変わりませんよね


最近アフリカ産の広葉樹フローリングがいろんなところに出回っていました

見た目は、チークと花梨を足して二で割ったような表情です

値段は、1平方メートル当たり6,000から7,000円らしい

比重は0.6以上で、どちらかというと硬い方に入ります


確かに見た目は床が締まって見えるけど

この木は結晶が噴き出して、表面は小さな粒々が出ます


価格面でも、国産の広葉樹が僅かに高いぐらいで大差はありません


まあ品質やその硬度のせいで、一日そこで生活する人やペットにとって

関節が痛みやすい、疲労度が増幅します、床が冷たくて裸足には向きません

土足歩行で店舗用に利用するならまだしも

人が生活する、しかも裸足文化の日本の住宅で利用するのは

寿命を縮めるだけですよって

そんなこといっても、使う人は使うし、好きな人は好きでしょうから

止めることはできません

まあ10年、20年経過すれば、自分の体で思い知ることになりますから


本物っていうのは

硬い床、頑丈な床を指すのではありません

デザイン先行では、いずれ嗜好が変わって陳腐な床になってしまうでしょう


本物を犠牲にしたデザインほど楽なものはありません

本物を意識しつつデザインに集中するとき、初めて感動が共有できるかも


建築家もビルダーも

人同士の横のつながりと縦のつながりを考えて

流行を追わないことが、そこに住む人々への思いやりではないでしょうか?


伝統を見失った家や文化には、縦のつながりを分断することはあっても

そのときその場に人は集まっても、つづかないでしょう

その点を肝に銘じて欲しいと強く思う日々です



ホームページはこちらから
by MUKUZAIKENKYU | 2012-09-11 18:33 | 木の家 国産材 無垢材

博多の町の日でした

つい衝動的にアマゾンから購入してしまった

気にはなっていたが、今更ね!なんて気持ちでいたのに、

2曲だけ気になっていた

たったそれだけの動機か

思わず注文!


昨日到着しました

桑田の最新アルバム「I LOVE YOU」


木の話ではないけど、たまにはヨカでっしょ!


d0015306_15265935.jpg


昨日は、たまたま訪問先が、福岡の博多区に集中

大博町から、冷泉町、そして祇園町

移動時間が節約できた分、十分に話ができました


ここに来れば、避けては通れない「櫛田神社」にも表敬訪問しました

ある切願を送りました

d0015306_15272670.jpg



途中、付き合いはそれなりなのに、どういうわけか

今まで訪ねたことがなかったチャ〇〇社福岡営業所に寄りました

撮影はしてないけど、撮影するに値する女性スタッフばかりでしたよ!


ホームページはこちらから
by MUKUZAIKENKYU | 2012-09-08 15:28 | 木の家 国産材 無垢材

今月の木は「樅の木」です

やっと…終わった

終わりました。…毎度のこととはいえ月末月初は多忙を極めます


愉快なこともあれば、実に不愉快なこともあり

しかし不愉快なことは一過性

愉快なことは楽しみが増えていきますね


でもやっと事務所に戻ったときには、9月らしい夕暮れが美しかった


$住まいの木案内舎ブログ

今月から動くのは、まず


$住まいの木案内舎ブログ

樅の木の床です

もうひとつは、樅の木の壁

これからジワジワッと動き始めます


ホントに上質といえるニッポンの「無垢の木」の床壁

「贅沢は好まない。だが上質にはこだわりたい」

そんなキャッチコピーのCMが、かつてありましたが

ゲインも、そんな動機で始めました


長年いわゆる「材木屋」をやってて、一番痛感したことは

あまりにもいい加減で三流品ばかりが出回っていて

本当に上質のいい無垢の木が、市場の片隅に追いやられている


いくら市場原理が優先しているとはいえ

こんな本末転倒なことが横行していてはイカンでしょう



ホームページはこちらから
by MUKUZAIKENKYU | 2012-09-01 19:33 | 木の家 国産材 無垢材