人気ブログランキング |

<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

勇気の本質


本日ご紹介する言葉は、私にとって至上の励ましとなったものです

神様に見守られていると実感できました

勇気の本質をつかんだら、二度と手放すなといわれているようです

ビジネスに、人生に教えられます



人は不合理、非論理、利己的です。
気にすることなく、人を愛しなさい。

あなたが善を行うと、
利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう。
気にすることなく、善を行いなさい。

目的を達しようとするとき、
邪魔立てする人に出会うでしょう。
気にすることなく、やり遂げなさい。

善い行いをしても、
おそらく次の日には忘れられるでしょう
気にすることなくし善を行い続けなさい。

あなたの正直さと誠実さとが、
あなたを傷つけるでしょう
気にすることなく
正直で誠実であり続けないさい。

助けた相手から
恩知らずの仕打ちを受けるでしょう。
気にすることなく助け続けなさい。

あなたの中の最良のものを
世に与え続けなさい。
けり返されるかもしれません。

気にすることなく、
最良のものを与え続けなさい。
気にすることなく、
最良のものを与え続けなさい…。


マザー・テレサ
< /font>
by MUKUZAIKENKYU | 2013-02-27 09:16 | リッチな人生

はらほろひろはれ

はらほろひれはれ

この言葉を知っている方は、なかなかの漫才通だと思います


何でこんな言葉から始めたのか

2月に入ってからダラダラと忙しく、お蔭様で多くの現場からお声を掛けていただいています


ただそんな中でも、好事魔多しというか

オタメシが突然顔を出すこともあります

ないに越したことはないのですが、でも発生すれば

心をしっかりと落ち着けて、とことん冷静に対応するのみですね


内容については公開しません


2月の第3週までは好調の一本道だったのですが

第4週は、見事に足を掬われました

1週間の予定がすべてぶっ壊れてしまった


これをどう受け止めるか、です


予定が壊れたことを嘆くのか

逆にこのお試しを、自分の心と意志を更に研ぎ澄ますチャンスにしてしまうか


問題点のレベルが異様に低次元だと

疲れるばかりで、得るものはほとんどありません

今回は、空しい疲れが溜まるばかりでした


しかし結果的に得られたことは、いついかなる場合でも

インフォームドコンセントの手を抜いてはならない、ということです


こちらからすれば常識中の常識であっても

相手は自分のレベルから思い込んで、とんでもないことを想像しているかも知れないのです


だから一字一句を丁寧に確実に伝え切る努力は怠ってはならない

私たちは「木」という自然の賜物をご紹介していますが

自然とはまさに森羅万象

一見同じものでも、あらゆる様相を呈するものです


しかしそんな自然のありのままの姿を理解できる人は

年々少なくなっているようです


同じものはこの世にひとつとしてないのに

それをまるで合板に塗装したような製品の延長線上に想定する方も

いるにはいるのです 稀ではありますが…


プロを名乗っていながら、意外と知らないままで

思い込みだけで「分かった」つもりになっている人もいるものです


ゲインの役目を改めて見つめ直す機会になりました

相手の自尊心を傷つけないようにしながら

正しい方向へと軌道修正してあげるのも、ゲインの使命のひとつなのです
by MUKUZAIKENKYU | 2013-02-23 11:17 | 木 無垢材 自然

やっとトンネルを抜けました

最近はブログの更新が侭なりません

何かダラダラと締りなく忙しい日々がつづいています

メリハリがないと、あれもしなきゃこれもしなきゃの用事が増えて

にも拘らず、全然捌けていかないのです


とはいったものの、2月に入ってからというもの

運気が高まっているのを実感できることが連続しています


やっと長い暗闇が晴れました

暗闇といっても、そんなにひどいことではなかった

むしろ良い縁を創るための必然的な篩掛けがあったといった方が的確です

腐れ縁を私からまたは相手から断つ

ある意味意図しない場合は、相当に腹が立ちますが

よ~く考えてみれば

腹が立っている内は、いまだに同じレベルでものを見ているということです

むしろ縁を切っていただいてありがとうと感謝できてこそ

醜いステージから脱出して、真の自由を獲得できるのです


なんでこんなことをいうのかって?

いやあ、このことは単なる人間関係だけじゃなくて

自分自身の内面の問題でもあるのです


人は本当の意味で成長すれば、生き方が変わります

生き方が変わるということは、これまでの環境との関係も必然的に変化します


それは障害や軋轢といった形をとることが多い

そのときは実に不快なものですが、実は克服するためのお試しなのですね


損得勘定ばかりの人間は、より得をするために、欲を満たすために

人間関係をたやすく変えていきますが、それは成長ではない

実態は精神の退化に拍車がかかり、もっと激しく変転するようになる

当の本人は「欲」に目が眩んでいるため気づくことがない

気づいたときには、自分の浅はかさに泣くことになり、もはや修復は不可能になってしまっているものです


志のある環境の変化は、人間関係も若干は絡みますが

むしろ環境全体の様相がガラッと変わっていくため

眼前の不快感より、はるかに充実する孤高の爽快感の方が勝ります

努力の次元が決定的に異なるからです


そんな人間には、福祉関係や慈善事業の仮面を被っている者が多いので要注意です

志のある人か打算だけの人間かを見分けるには

あなたに近づいて来る態度やオファーの内容を吟味すれば、すぐに分かるものです

後は、相手と下心でつながらないこと、それだけです

打算で生まれる縁は、打算で終わる

それも裏切りや詐欺、騙し、反故という形を必ず取るものです

皆さんも、気をつけましょう



近日中に、ゲインらしい記事をアップしていきます


by MUKUZAIKENKYU | 2013-02-08 18:54 | 倫理