<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

6月のオープンハウスの主役は…

北九州で久しぶりのオープンハウスでした

小倉は足立山の麓でした


設計は陶山設計工房さん

想いがひしひしと伝わってくる良い家でした



d0015306_2262595.jpg



まず一階の床には「オーヒノキ」が採用されました

なかなか予算がタイトだったのですが、諸々脳みそに汗をかいた結果

何とか12mm厚、90mm幅の上小の床が、何とか収まりました

針葉樹でも広葉樹でも、使う材の厚さが薄くなればなるほど

芯材は遠のき、どうしても白太が多くなってしまいます


白太が多くなると、杉や桧では品質が劣化する傾向にありますが

ゲインのお届けするものには、そんな心配は無用です


写真を見て分かるように

オーヒノキの白太部分は、九州のヒノキのように真っ白ではありません

生成りなのですね

だから床全体が優しく包み込むような柔らかさに満たされます



他にもご紹介する写真がありますが

今日のところは、ここら辺で失礼します



ゲインのホームページはこちらから
by MUKUZAIKENKYU | 2013-06-27 22:02 | 木の家 国産材 無垢材

木賀設計の服巻(はらまき)さんを紹介します

何だかバタバタしていたら、あっという間に2週間経ってしまってました

まだまだやり足らないことばかりで

毎日が気持ちの焦りとの競争です


さてやっと3回目の建築家ご紹介にたどり着きました

今回は、北九州市小倉北区にある「木賀設計」にお勤めの服巻(はらまき)さんです


この方の名前を知っている建築家は多いでしょう

中堅クラスからは特に多いはずですが、目利きの勘には驚くべきものを持たれています

そして多くの方がお世話になったことがあると思います


ゲインのRC型枠兼用焼杉浮造り板「杢魂(もっこん)」を

最初に認め採用していただいたのが、木賀設計の服巻さんなのです


それがきっかけとなって、北九州、福岡を中心に爆発的に利用度が高まっています

日本で五本指に入る有名な設計事務所から、毎年指定が来るようになりました


昨年では10件以上、今年に入ってからも、3月段階で、すでに4件現場に納めました

規模的には、関東に比べて5~10分の一ぐらいですが

単なる部分的なアイデアではなく

もっと斬新なデザインとして一棟分単位で使っていただければ

「杢魂」の本当の価値が発揮できると思います


昨日は一日雨でしたが、

小倉北区のオープンハウスが開催されました

とても参考になると同時に、実に気持ちの良い日になりました

詳しくは、後日ということで…



ゲインのホームページはこちらから

by MUKUZAIKENKYU | 2013-06-24 09:37 | 建築家

土曜の昼下がりは有閑マダムならぬおっさんでした

梅雨空がつづいています

大した雨にはならないまでも、ずっと湿気の高い日が続いていますね


先々週から引き摺っている腰痛は、いまだ完治せずっていうか

毎朝のウォーキング程度はできるのですが、車の乗り降りが

滅茶苦茶苦痛であります

そのためか、出張の量を若干減らして、治療に専念しています



本来なら、外回り営業が大好きなワタクシとしては

相当焦るのですが、神の采配なのか

腰痛を患った頃から、多くの方々から問合せをいただき

サンプルの郵送など対応に追われていました


そのひとつに、先週は三組の方が事務所のサンプルルームを

訪問していただき、相当楽しい一週間になりました


しかし最後の土曜だけは別

8日の土曜は、ユーザーさんから電話をいただき

是非サンプルルームを訪れたいとのことで、午後から待っていました


しかし約束の時間になっても、何の音沙汰もなし

んんん?まさかドタキャンよりもっと悪い無断キャンセル?か~?

今までドタキャンもありましたが、すべて電話の連絡が入っていました

でも今回は、まったく梨のつぶて…


他にも仕事が詰まっていたので、すぐに他の仕事に振りましたが、

それでも準備をした時間や待った時間は戻ってきません


私は木の産地と建築家またはユーザーさんを結びつけることが仕事の中心ですが、

お互いに敬意を払って接してこその関係です


そういった最低限の礼儀を弁えていただけないのは

非常に残念で仕方ありません


さてさて今回のエクセレント建築家は

北九州市の小倉北区にある木賀設計の「服巻(はらまき)」さんのご紹介ですが

今回はちと紙面が足りそうにありません

次回に改めてご紹介いたします



ゲインのホームページはこちらから
by MUKUZAIKENKYU | 2013-06-10 15:13 | 倫理

山歩きの準備は足元から、です!

本格的な梅雨に入り、青空を見ることがほとんどなくなっていますね

私は天気とにらめっこしながら、山歩きを月一回実践中であります


しかし先週に起きたアクシデントのせいか、ちょっと調子が狂ってしまった

先週の日曜は朝からいい天気で、山歩き日和

それほど高い山ではなく、山道も均されているので楽チン


準備万端で、予定通りに登り始めたのです

最初の内はそよ風に気持ちよく歩いていたのですが、途中

突然右足が軽くなった…んんん?

右脚を見てみると、靴のソールが無くなっているじゃあ~りませんか!


d0015306_17152725.jpg


これ以上前進は不可能。諦めて下山しました

靴の調子まで下調べしていなかったことを悔やみながら

出発地点の駐車場に戻ると、靴を履き替えて

このまま帰るのは悔しいので、ダム湖周辺の道路を3週して帰ったのです


それから4日後に、何かしら腰に違和感が出始めたと思うと

木曜辺りから段々と痛みが増してきました


下山中は足の長さが違った状態で歩いたのが悪かったのか

しかし裸足で歩くわけには行かないし、どうしようもない

その後のフテクサレウォーキングを強行したのが悪かったのか

しかしそのまま帰るには、あまりにグラグラこいてた。これも仕方ない


てなわけで、土曜から痛み止めの貼り薬のお世話になっております、トホホ…


次回は再びエクセレント建築家ご紹介シリーズに戻ります

次回は「木賀設計」さんの服巻(はらまき)さんのお話です

by MUKUZAIKENKYU | 2013-06-02 17:15 | リッチな人生