<   2014年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

完全復活、間近どえっす!

本日、平日も休日もない患部のガーゼ付け替えがずっと続いていましたが、やっと終わりを迎えたようです

ホッとしました

なんせ、最初に病院を訪ねてから1ヶ月間経っていますからね

この間、好きなお酒も断ってきました

焼酎、地酒、ビール、スコッチ、…ぜ~んぶ断って、我慢してきました


十中八九、明日の診療がラストとなるでしょう


酒を20日間断つだけで、4kg痩せました

酒って、相当カロリーが高いのです

ただ患部が肩に近い背中だったため、肩を激しく動かす運動は禁止

汗をびっしょり掻くのもダメ 患部にばい菌が入る可能性があるからです


明日の結果次第では、火曜から思いっ切り運動を再開しますよ


さて本題ですが、残念なことが時々発生します

建築家の方が折角図面に指定しているゲインの製品を

「同じスギやろ。スギなら、どこにでもあるし、安いスギを知っているから」

という理由で、ゲインに問合せさえしないというゼネコンが

たまにいます


そんなゼネコンに限って、木を知らない

国産の無垢の木の何たるかについて、全く無関心且つ無知です


建築業界というのは、損得勘定は当たり前で

あらゆる倫理観や良心やプロ意識に優先して

無難と無関心と右顧左眄、そして打算が支配します


幸いゲインがお付合いいただいている工務店さんは

建築家との関係が良好なのでしょうね。ほとんどが紳士的です


でもたまにいるんですね~

自分の無関心から来る不勉強を棚に上げて

同等品さえ探し出せば、何でも通るという考え方です


ゲインも、散々このタイプの納品妨害に出くわして

現場をつぶされることもありました


ゲインは、でもこんな妨害には絶対にくじけることはありません

私には、そんなちっぽけな損得勘定をはるかに超えた視点で

活動する志があるからです


これまでも同志と思って一緒に活動していた関西の会社の社長に

裏切られて、1千万円以上の損失をこうむったことがあります


その会社は、今も神戸と東京事務所も経営して、何事もなかったかのように

営業していますが、殴った方は忘れることはあっても

殴られた方は、一生忘れることができませんから


当時のスタッフは、その社長の嘘やでっち上げを信じ込まされているため

どうにもなりませんでした


でもね、この世は「捨てるカミあれば、拾う神あり」です

一時的に失意に陥りましたが、多くの仕入先と建築家の方に励まされて

今日のように復活することができたのです


だからこそ、業界にまかり通る間違った考え方に対して

本物の無垢の木をお届けする者としての矜持と志を貫き通すことができるのです

またそうしなければ、これまで私を支えてきてくれた人々に対して

義理が通らないでしょうからね


さあて、明日の診察結果は大丈夫でしょう

再び、私の松明に火を燈し、その一燈を頼りに

弛まず結果を出すために行動してきます



ホームページはこちらから
by MUKUZAIKENKYU | 2014-06-22 21:47 | リッチな人生

完治まで、あと数日かな?

段々とシャバの感覚を取り戻しつつあります

…なあんてことはありません。常にシャバ感覚を持っていますから

入院中も通院中も、容赦なく電話やメール、返信作業等々連続しています

そんな雑務というかオシゴトが、気持ちを萎えさせませんから

反ってアリガタイものでした


病院内ではパソコンが使えない点が辛かったけど、

ある意味パソコンのない世界を数日間体験して、反って

リフレッシュできました


…ただ一旦退院したは良かったが、ばい菌が入ったのか、二日後に

急激に体温が上がり、救急車を呼ぶ一歩前までいってしまった

そのときの数値がCRP 25.75、WBC 24.7…体温38,5


この数値で、私は自分で車を運転して、若干きついながらも

普通に先生と話している。

先生曰く、普通の人なら、とうの昔に卒倒している数値ですよ、だって


本日の数値はCRP 1.94 WBC 7.4 体温35.4


見事に治りつつあります。

ただまだ抜糸ができないため、いまだに酒断ちのまま

風呂にも入れないため、毎日蒸しタオルで体を拭いています

でも頭だけはバシャッと洗いたい


ホントは二度目の入院になりそうでしたが、

先生の気遣いで入院は免れました

入院したら、またしてもあの「大いびき往復ビンタ合唱団」部屋に

戻るぐらいなら、面接室で一人で寝ていたいと思ってました

…とにかく寝られんのだから~



ホームページはこちらから
by MUKUZAIKENKYU | 2014-06-16 18:58 | スローライフ

20年ぶりの入院そして手術

5日ぶりに下界に戻ってきました

…ていうか、やっと退院できました


まあ、どうしたものか。その患部に気がついたのは

けっこう大きくなってからでした


なんせ、首のほぼ真後ろで、、しかも肩甲骨の間のくぼみに

できた腫瘍だから

ある程度大きくならなきゃ気がつかないのです


いつできたのかは分かりようがない


そして気がつくほど大きくなったときは

深さ2センチ 横5センチ 縦7センチ


医師はMRIを撮ってからがベストだけど

予約しても3ヵ月後になるという

もし腫瘍部分が悪性だと、3ヶ月間は危険な期間になる


…どうする?

そりゃあ早速摘出するしかないでしょう!

もし悪性だったら、3ヶ月間の放置は致命的な期間になるかもしれませんからね



即刻入院手続に入り、諸検査を済ませました

入院してから、いよいよ明日が手術というときになって

「俺の判断は正しかったのだろうか?」なんて考え出す始末


今更悩んでどうするの?

もう入院しているのに、…


入院は4人部屋でした

ここからおもろいことが連続して発生します



つづきは、また明日にでも



ホームページはこちらから
by MUKUZAIKENKYU | 2014-06-09 21:28 | スローライフ