人気ブログランキング |

<   2014年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

樅の木が選ばれるわけ

d0015306_14524339.jpg


写真は「樅の木」18㎜厚

ゲインのご紹介している「無垢の木たち」の中で

もっとも高価な製品のひとつです


単価が高いので、注文が少ないかというと

そうでもありません


年間にコンスタントに動いています


この理由は、やはり品質の圧倒的な存在感にあります

ホームページにも掲載していますが、

樹齢は150~500年という高樹齢木のため

年輪の目がびっしりと詰まっています

見た目にも、その緻密さに圧倒されるでしょう


さらに成分として、アルファピネンの消臭効果で

臭いがこもるような環境下で、その機能を十分に生かすことができます


テルペンという成分は、全ての木に含まれていますが、

樅の木は、その量が多いため

床や壁に張っているだけで、空気を清浄化します


その成分は、通常の人工乾燥に掛けると

水分と一緒に取り除かれてしまいます

そのため大切な成分を失わないために

自然乾燥によって、じっくりと時間をかけて水分だけを蒸散させています


他にも色んな機能や色相の良さなど特徴があります

そんな木そのものの高品質と

生産上での丁寧な工程は、値段の問題ではないことを

知るユーザーさんや建築家から

狙い撃ちのご注文をいただいています


もちろん予算の問題は避けて通れませんが

一生使う床材です

数十万円の予算の差は、あってないようなものです

建築家と相談して、メリハリのある予算作りをして

「樅の木」を是非手に入れてください



d0015306_14531139.jpg


ホームページはこちらから
by MUKUZAIKENKYU | 2014-11-17 14:53 | 木 無垢材 自然

原発と太陽光発電はよく似ている

11月に入りましたね。今年はあと2ヶ月の残すのみとなりました。

政治経済の問題として、心に刻んでおかなくてはならないと思える

ことを羅列してみたいと思います


日本のエネルギー源としての電力は

2011年3月の福島原発事故後、原発は一基も稼働しないまま

3年が経過しました


その間電力会社とその族議員が

このままでは日本経済に深刻な打撃を与えるからという理由で

原発再稼働のキャンペーンを張りました


その後どうなったでしょうか?

この3年間で、電力不足で社会や産業が混乱したでしょうか

日本には原発がなくても問題ないことが証明されています

一部の権益会社が、自身の利権を守るために大金を投じて

世論誘導を図ったことだけが明白になっただけです


ただし将来的な見込みを考えたら、やはり再生エネルギーの

開発は絶対不可欠です


そこで次の問題としてサスティナビリティを前提とした

エネルギー開拓で、いろんな提案がなされました


水力発電や地熱発電は実績があるので

そのまま継続利用されていましたが、新たな設備として

「太陽光発電」が取り沙汰されて、すぐに換金できるという旨味もあって


多くの企業が「太陽光発電」事業に飛びつきました


表の自然エネルギーを利用したクリーンエネルギーと聞こえは良かった


そして九州電力が先鞭を切って、買取中止を表明した挙句

条件付で戸建発電などの微細電力については買取を再開しました

これは政府と行政の無策を突いたしたたかな商取引といえるでしょう


しかし本当の問題は、原発誘致と同根の深刻な悪影響にあります

それは原発が立地するところは、

決まって疲弊しきった過疎僻地自治体ということです


太陽光発電は、メガソーラーなどの大規模設備では

平地の遊休地や放置地を開拓します

しかしその事業主体の多くは、地元の企業でもなければ自治体でもありません

一企業のビジネスであり、そこには地域に還元されるものがありません


森林バイオマスとは次元が違うのです

市域の活性化やサスティナビリティではなく、投資としての事業です


投資が悪いわけではありませんが、その地域と何の関係もない

企業が、広大な土地を買い取ることで、お金が動くことは

それが循環しなくては意味がありません


ところが太陽光発電用地では、半永久的に植物などの成長が排除されます

それはひいては山間地での自然の循環が削除されるだけの自然破壊になります


自然エネルギーを利用するために、大地の自然を破壊するとは皮肉なものですね


原発建設と稼動が、過疎地を永久にお金で溺れさせて、

地域の地力を奪い取ってしまうのに対して

太陽光発電は、直接的に土地の再利用や利用転化を不可能にしてしまう

その意味では、地域にお金を還元しない分、もっとたちが悪いと

いわざるを得ません

by MUKUZAIKENKYU | 2014-11-02 10:18 | コラム 政治・経済・社会