人気ブログランキング | 話題のタグを見る

北の赤松は、木の美しさを体現しています

下の写真は「北の赤松」の壁板(天井板)

福岡市東区の現場でした

北の赤松は、木の美しさを体現しています_d0015306_10102480.jpg


赤松は日本全国に自生あるいは植林されています

節有もありますが、上小無節の壁板には、清楚な上品さがあります


ただ全国であっても、生産技術については偏りがあるため

しっかりしたメーカーを選ぶ必要があります


ただしこの製品は、伐採期に一年分を採り、売切れ次第

他の杉や桧と異なり、水の吸い上げが止まっている時期にしか

伐採しません


そのため、一年分の販売を開始する年末頃から翌年の3月頃には

売切れてしまうのです

それほど人気のある製品「北の赤松」なのです


ホームページはこちらから
# by MUKUZAIKENKYU | 2016-07-12 10:11 | 木の家 国産材 無垢材

新たな製品が近々デヴューできるかも

久しぶりのアップになりました。

人生は山あり谷ありマサカありで、思ったとおりにことが運ぶのは

滅多にありませんが、今年も3月頃からナシカ?と思うようなコトばかり


それでも一所懸命に生きる

愚図る暇があれば、自分の仕事と生活を「世のためヒトのため」に

貢献できるようにグレードアップする以外にありません


そんな中、素晴らしい出会いや発見もあります

それを見落とさない感性を常に磨いておかなければなりませんね


今回は、久しぶりの力が漲った製品が生れようとしています


新たな製品が近々デヴューできるかも_d0015306_1140172.jpg



まだ名前は決まっていませんが、新しい杉の床板です

杉は国内では250種類以上ありますが、それぞれに個性があり

同じ樹種とは思えない表情豊かな木でもあります


この杉は、芯材に該当する「赤み」部分がチョコレート色をしています

黒芯といって、芯が真っ黒で強度の劣る杉もありますが、

今回紹介する杉は、芯部分がチョコレート色をしていて

良い香りを放っています


7月中には、詳しく説明できると思います

それまでしばしお待ち下さい


ホームページはこちらから
# by MUKUZAIKENKYU | 2016-06-22 11:41 | 木 無垢材 自然

本当に八幡図書館を解体するのか?

下の写真は、市立八幡市民会館
本当に八幡図書館を解体するのか?_d0015306_949936.jpg


戦後北九州市ではなく、まだ八幡市であった頃に、建築家の「村野藤吾」氏が設計した建物です。

当時の八幡駅から、ほぼ真正面に見える復興の象徴ともいえる建物でした。

これを今の市議会で、解体する決議が決まり、今では立入禁止で封鎖されています。


そして、次の写真は、八幡図書館

本当に八幡図書館を解体するのか?_d0015306_9525153.jpg


この図書館は、当時の八幡製鐵所から出た鉱滓で作ったレンガで外壁が覆われています。

色合いの違いを、デザインとして組み込んで、優しい雰囲気に仕上がっています。

この建物も、今の市議会は、隣の市立病院の移築を名目にして

解体することを決定しました。

市民に、何のアセスメントも行わず、東京や全国各地から有識者が

解体に異議を唱え、解体反対の大合唱が起きているにも拘らず、

決まったことだからと、解体を強行しようとしています。

市の方では、レンガの一部は残すといってますが、そんな技量を持つ解体業者は

北九州には存在しません。

壊してしまった「文化」は、二度と復活することはありません。

人口減少に歯止めが掛からない、少子化と高齢化が進行している北九州市に

果たして議会のいうような大規模市立病院が、文化財を壊してまで

建設する合理性があるのでしょうか?

私には、予算取りのためと土建屋を喜ばす市議会議員が暗躍している

としか思えません。これが進んでしまうと、市は後世のために

何を残そうとしているのか分からなくなります。

高度の福祉施設は、子供や若者の将来のためにあるのではありませんよ。
# by MUKUZAIKENKYU | 2016-06-10 10:04 | リッチな人生

不本意ながら、輸入複合フローリングを紹介します

最近福岡の地であっても、床暖房対応の床材のリクエストが多くなってきました

秋から冬の間は、どうしてもそんな要望が増えるのですが、ゲインでは高品質の無垢材しか提供しませんが、いわゆる床暖房対応として生産している製品はありません

ゲインとしては、床暖房とは、その表現上誤解を生じやすいため、「床温熱」と呼称しています

通常の「床暖房」は、布団をしなくてもポカポカ暖かい床を連想させるものばかりで、そんな床は不健康そのもので、室内が過乾燥して、住人の体力を削いでしまうものです

ゲインの推奨する「床温熱」は、床表面温度が25度前後で一定するものを指します

それが「冬温かく、夏涼しい」健康的な床になるのです。



不本意ながら、輸入複合フローリングを紹介します_d0015306_1421656.jpg


不本意ながら、輸入複合フローリングを紹介します_d0015306_1422533.jpg


上の写真は、低温床暖房対応として生産されたもので、上が「チーク、2㎜厚単板」、下が「ブラックウォルナット 2㎜厚単板」


ホームページはこちらから
# by MUKUZAIKENKYU | 2016-03-22 14:03 | 木 無垢材 自然

本物の塗料を使いましょう

ゲインでは、床を始め壁材やその他木製品の保護塗料として、木蝋ワックスや蜜蝋ワックスをお薦めしています

いわゆる自然塗料ですが、欧米産の塗料も相当量が輸入されています


有名な製品としては、リボス、シッケンズ等があります

オスモも、よく建築雑誌で紹介されていますが、私は個人的に好きになれません

まあそれはいいとして、今回はゲインが一番お薦めしている「木蝋ワックス」について、より詳しく説明します

自然塗料としては、荏ごま油(荏油ともいいます)や亜麻仁油もありますが、これをそのまま使うのではなく、補助的な溶剤として利用するのが一般的になっています

この溶剤の化合率で、いわゆる塗料の伸びが相当変化します

あるメーカーでは、スプーン一杯で畳一畳分塗れると宣伝している会社もありますが、あまり感心しませんね

溶剤の量を多くして、本体塗料を経済化しているのでは、塗料本来の目的が果たせるのか疑問が残ります


蛇足ですが、「イソパラフィン」という石油系溶剤を化合している見せかけの自然塗料が横行しています

これは要注意です。イソパラフィンは「蝋のようなもの」という意味ですが、欧州では内臓を傷めることが証明されています

たとえ米国のFDAなる組織が認可しているといっても、判断基準をいわゆる「権威」に委ねては本末転倒といえるでしょう


木蝋ワックスは、日本が一千年以上前から海外に輸出している日本独自のジャパンワックスとして有名です

縄文時代から漆の原料として利用されてきました

和ろうそく、びんつけ油にも利用されてきました

木蝋ワックスは、乾燥すると一種の漆皮膜を形成します

漆そのものほどではありませんが、生活場面に支障が出ない程度に緩和されていますが

その有効性は、すごいものがあるのです


漆の食器では顕著ですが、漆は酸やアルカリ、更には熱にも強い耐久性を持っています

固く光沢のある丈夫な皮膜を形成します

さらに塩分、アルコールに対して耐薬性もあり、また防水・防腐性も併せ持っています

電気に対する絶縁性もあります

漆そのものではないとしても、木蝋を主成分とした塗料には

経済的にも性能的にも抜群の自然塗料と断言できます


いろんなメーカーがお金をかけて、独善的な宣伝を、こぎれいな建築雑誌に載せて、

イメージラッピングに余念がありません


でも本当に優れた塗料はお金をかけて宣伝するものではなく、

丁寧にまめに、客観的なインフォームドコンセントを地道に展開することが大切なのです


無垢の床壁材をしっかりと保護するだけでなく、

人やペットの健康を害することなく、同時に環境を汚さないことが

人間の生活環境に利用できる基本的な条件なのです


見掛けの良い宣伝に騙されないようにしましょう

権威と呼ばれる人物が勧めるからと、安易に依存してはいけませんよ



ホームページはこちらから
# by MUKUZAIKENKYU | 2016-01-24 18:14 | 木の家 国産材 無垢材