人気ブログランキング |

現実を正面から受け止めて、できることをやり抜くのみ!

d0015306_16331273.jpg


昨日と今日にかけて、読み直してみた三冊。

心に落とし込むには、ヤッパ一冊三読だな~。


昨日ワタクシの症名は「脊柱菅狭窄症」と判断されました。

50メートル置きに腰を屈ませなければ、疼痛が止みません。

困ったもんだ。でも必ず治しますよ。


・・・ただしばらくの間は、長距離を走りにくくなっています。

縁をいただいている建築家の皆様!ご迷惑をお掛けしますが、

暫くは電話とネットでのやり取りが中心になります。

よろしくお願いいたします。トホホ・・・ハア~!


ホームページはこちらから
# by MUKUZAIKENKYU | 2015-03-29 16:36 | リッチな人生

水にも負けず、今日もゲインの無垢の木たちが採用されています

先月の25日未明に、ゲインの事務所が

漏水事故の被害に合いました。

たまたま泊まっていたら、夜中の3時過ぎに

雨音が聞こえてきました。・・・んん?


外が雨なのだと思い、二度寝しようとしましたが、

目を瞑っても、何かミョウーに鮮明に聞こえるし

すぐ近くで降っているような感じがします


何もないはずだけど、とりあえず点検するつもりで

ベッドから降りて、リビングに出てみました


すると、・・・そこは「洪水」状態でした

LDKの火災報知器やシーリングライトから

滴が連なって降っているではありませんか!

床は、すでにビショビショで、テーブルやキッチンも被水して

手の施しようがない


視線の向きを変えて、玄関方向を見ると

そこはリビングよりもっとひどい有様で

ダウンライトはシャワーとなって降り注ぎ

隣の部屋や洗面室はプール状態

玄関にある下駄箱や靴はビショビショでした


原因は上の階の住人の過失でした


その後2件の保険会社から査定訪問がありましたが、

事件後2週間近くが経過しようとしているのに

いまだに玄関ドアや窓ガラスが結露し続けています

d0015306_13523111.jpg


今後のリノベーション工事や保証内容は未定のまま

目には見えない夥しい湿気のために

パソコンやファックス複合機などの電気製品が

故障し始めました


原状回復というより、補修工事は間違いなく1ヶ月以上

かかるでしょう

ビジネスの進行に支障が出始めていますが

通常の生活もまともにできそうにありません


困ったモンです


さてそれとは別に、ゲインの製品が新たに採用される物件が

この1ヶ月間で5件増加しました

ホンモノの木(無垢)の製品がどんなものなのか

少しずつながら確実に

真のインテリジェンスを持たれている建築家の方々に

認められ浸透しつつあることを実感できています



ホームページはこちらから
# by MUKUZAIKENKYU | 2015-03-10 13:53 | 木の家 国産材 無垢材

やっぱり「アヤスギ」の皇杉ですね

昨日は、有島さん設計のT様邸のオープンハウスの見学に行ってきました

d0015306_16243290.jpg


床はアヤスギの「皇杉」です

節有材ですが、この床は、私が十数年間関東まで探し回って

結局九州の地で発掘できた秀逸な杉の床です。



日本中で植林されている杉林は、もっともありふれた存在ですが、

だからいわゆる材木屋も、当たり前なものとして利用していますが、

ある意味日本の木の家をダメにした木のひとつでもあります


この20数年間で、各地での活動の結果、品質が向上して

杉も梁にも柱にも内装材にも、どこでも対応できるほどになりました


でもすべてが良い製品かというと、そうでもない

相変わらず何の思想も持たずに、杉だから使うという

無知なヤカラが、材木屋の顔をして

街のあちこちで、ネットでお金をかけたホームページで

多くの誤解と知ったかぶりを拡大しています


困ったもんです


ゲインでは、そんな無知と損得勘定だけでユーザーを騙す

有害業者を駆逐するためにも

ホンモノの知識と情報をお届けするために

一所懸命に頑張っています

これがトップページにも掲載している「一燈照隅」の意味の一つなのです



ホームページはこちらから
# by MUKUZAIKENKYU | 2015-02-22 16:25 | 木の家 国産材 無垢材

愚痴も、たまには出ます

今週は、若干空振り気味の一週間でした

どうしてかな?と分析してみる

計画性は保ってはいる だが突発的な用事が連続発生すると

ものの見事に計画が崩壊してしまう


私のビジネスは、まず人と会うことから始まるため

アポイントは極めて大切な要素です


でもそのために、スケジュールをあまりタイトにしないことが

肝心で、そのときの会話の盛り上がり方に応じて

時間を割り振るのでないと、大切なことを聞き逃すことになります


こちらから予想しないことが発生することは日常とはいえ

それが単なる時間の無駄になると、実に悔しくなるのです


今週は、先週の土曜から連続してユーザーさんからの問合せが

ありました それ自体は大変ありがたいことです


金額の多少は関係なく、一二度のやり取りで、ご注文をいただく

ことは

ゲインのホームページをしっかり読んでいただいた結果である

ことが多い


北海道から九州各県に至るまで、全国のユーザーさんから

問合せやご注文をいただいて、心より感謝しています


でもね、たまにですが・・・

あれこれと質問して、サンプルをリクエストされ

それなりの時間とお金(サンプルと発送費用)をかけて

最後にはメールの返信もないことや気が変わったということで

キャンセルになることがあります


ゲインに打診してこられるユーザーさんや建築家は98%

確実に注文につながっています


でも「やりっ放し」ユーザーさんほど、多くの時間をかけさせる

ことが多い。悩ましい問題です。


ゲインは他のネット販売業者と決定的に異なる点があります

とことん丁寧に付き合います

分からない点を分かるように、言葉を砕いて伝えていきます

だから多くのユーザーさんから支持されるんでしょうね


でもね。やっぱり分かってほしいんですよね、・・・


一回で済むことを、二度三度と繰り返し要求されると

日常的に複数の建築家やユーザーさんとの打合せを行っているため

面会やフェイス・トゥ・フェイスの仕事に割り振る時間が

なくなってしまうのです 


メールでのやり取りは、ある意味「書きっ放し、やりっ放し」

だから相手の時間を尊重しなければ、メール打合せはできません


・・・今回は若干愚痴っぽくなってしまった

今から4件のユーザー相談会が待っています

建築家との打合せも3件あります

来週は、それにプラス5件の訪問を予定しています

頑張っていきましょう



ホームページはこちらから
# by MUKUZAIKENKYU | 2015-02-07 11:24 | リッチな人生

土台はヒノキばかりじゃありません。クリこそを使いましょう

皆さん、如何お過ごしですか?

年も明けて、半月が過ぎました。


私は、5日から始業しましたが、のっけからトップスピードです

打合せはもちろん、新規の建築家との面談が連続して

年明けからワクワクの毎日です


これまでゲインでは、供給する木材は床壁材がほとんどでしたが、

建築現場を訪問して、いつも思うことがありました


木造建築では、建物の本体を最下部で支える木材は

「土台」と呼びます


地域によって多少の差はありますが、「桧」や「松」が

中心ですね。耐久性があるからという理由ですが、

材木屋も建築家も疑うことがありません


でもね、私はいつも疑問に思っていたのです

確かに「ひのき」は耐久性の高い木ではあります

でもそれって「桧」という言葉に依存しすぎていないかと思うのです


桧の耐久性の科学的な根拠は、桧に含まれる樹脂分です

いわゆる「ヒノキ精油」で、カジノールという成分です


そしてどの木にも当てはまることですが、その成分は

主に芯部分に集中して存在しています

白太部分は辺材に当たり、木が成長する部分のため

こういった精油成分は少ないのが一般的です


それゆえ土台ならヒノキだということは正しい面もあれば

間違っているわけでもあるのです


いつの時代でもそうですが、コスト優先で、建てる工務店が

同じヒノキであれば、一円でも安いものを欲しがることは

見た目だけで、本来の性能を骨抜きにしてしまうという

罪を犯してしまうことにつながるのです


精油成分の少ないヒノキを使うぐらいなら、松や杉材の方が

はるかに耐久性も強度も優れるケースも多くなるのです


良いヒノキは確かにありますが、材木屋の95%が無知である

事実として、価格に応じた製品というより、目の前で流通している

ヒノキを疑いもなく流通させています


樹齢が50年もいかないヒノキは利用価値がありません


さてそこでゲインがお薦めしたい木が「クリ」なのです

d0015306_13582651.jpg
 

上の写真は、クリの原木の山です。地域は岩手県

その理由と説明は、また後日ということで・・・



ホームページはこちらから
# by MUKUZAIKENKYU | 2015-01-17 13:59 | 木の家 国産材 無垢材

新年明けまして、おめでとうございます

明けまして、おめでとうございます

皆様にとって、今年がより良い年になることをお祈りいたします


昨年の最後の更新が11月21日でしたが、その直後から

猛烈に忙しくなり、更新できないまま、気が付くと

年が明けてしまっていました

d0015306_1532575.jpg


d0015306_15323240.jpg


今年の初詣は、氏神神社と崇敬神社である「宗像大社」でした

宗像大社は、昨年12月に拝殿と本殿の屋根の葺き替え工事を完了して

こけら葺きですが、まるで自然の黄金色とはこういう姿を指すのだと

実感納得できる美しさと神々しさを湛えていました


境内には第二宮と第三宮があります

ここに使われたヒノキは、伊勢神宮の前々回の遷宮の際に分けられた材で造られています


今年は、ゲインとしては、宗像大社の湛える自然の真の美しさを

言葉に替えながら、無垢の木の豊かさと美しさを

さらに力強く伝え、

またより多くの場面に使っていただけるように、より丁寧に

よりまめに行動展開していく決意です


今年も、よろしくお願いいたします



ホームページはこちらから

# by MUKUZAIKENKYU | 2015-01-03 15:33 | 木 無垢材 自然

樅の木が選ばれるわけ

d0015306_14524339.jpg


写真は「樅の木」18㎜厚

ゲインのご紹介している「無垢の木たち」の中で

もっとも高価な製品のひとつです


単価が高いので、注文が少ないかというと

そうでもありません


年間にコンスタントに動いています


この理由は、やはり品質の圧倒的な存在感にあります

ホームページにも掲載していますが、

樹齢は150~500年という高樹齢木のため

年輪の目がびっしりと詰まっています

見た目にも、その緻密さに圧倒されるでしょう


さらに成分として、アルファピネンの消臭効果で

臭いがこもるような環境下で、その機能を十分に生かすことができます


テルペンという成分は、全ての木に含まれていますが、

樅の木は、その量が多いため

床や壁に張っているだけで、空気を清浄化します


その成分は、通常の人工乾燥に掛けると

水分と一緒に取り除かれてしまいます

そのため大切な成分を失わないために

自然乾燥によって、じっくりと時間をかけて水分だけを蒸散させています


他にも色んな機能や色相の良さなど特徴があります

そんな木そのものの高品質と

生産上での丁寧な工程は、値段の問題ではないことを

知るユーザーさんや建築家から

狙い撃ちのご注文をいただいています


もちろん予算の問題は避けて通れませんが

一生使う床材です

数十万円の予算の差は、あってないようなものです

建築家と相談して、メリハリのある予算作りをして

「樅の木」を是非手に入れてください



d0015306_14531139.jpg


ホームページはこちらから
# by MUKUZAIKENKYU | 2014-11-17 14:53 | 木 無垢材 自然

原発と太陽光発電はよく似ている

11月に入りましたね。今年はあと2ヶ月の残すのみとなりました。

政治経済の問題として、心に刻んでおかなくてはならないと思える

ことを羅列してみたいと思います


日本のエネルギー源としての電力は

2011年3月の福島原発事故後、原発は一基も稼働しないまま

3年が経過しました


その間電力会社とその族議員が

このままでは日本経済に深刻な打撃を与えるからという理由で

原発再稼働のキャンペーンを張りました


その後どうなったでしょうか?

この3年間で、電力不足で社会や産業が混乱したでしょうか

日本には原発がなくても問題ないことが証明されています

一部の権益会社が、自身の利権を守るために大金を投じて

世論誘導を図ったことだけが明白になっただけです


ただし将来的な見込みを考えたら、やはり再生エネルギーの

開発は絶対不可欠です


そこで次の問題としてサスティナビリティを前提とした

エネルギー開拓で、いろんな提案がなされました


水力発電や地熱発電は実績があるので

そのまま継続利用されていましたが、新たな設備として

「太陽光発電」が取り沙汰されて、すぐに換金できるという旨味もあって


多くの企業が「太陽光発電」事業に飛びつきました


表の自然エネルギーを利用したクリーンエネルギーと聞こえは良かった


そして九州電力が先鞭を切って、買取中止を表明した挙句

条件付で戸建発電などの微細電力については買取を再開しました

これは政府と行政の無策を突いたしたたかな商取引といえるでしょう


しかし本当の問題は、原発誘致と同根の深刻な悪影響にあります

それは原発が立地するところは、

決まって疲弊しきった過疎僻地自治体ということです


太陽光発電は、メガソーラーなどの大規模設備では

平地の遊休地や放置地を開拓します

しかしその事業主体の多くは、地元の企業でもなければ自治体でもありません

一企業のビジネスであり、そこには地域に還元されるものがありません


森林バイオマスとは次元が違うのです

市域の活性化やサスティナビリティではなく、投資としての事業です


投資が悪いわけではありませんが、その地域と何の関係もない

企業が、広大な土地を買い取ることで、お金が動くことは

それが循環しなくては意味がありません


ところが太陽光発電用地では、半永久的に植物などの成長が排除されます

それはひいては山間地での自然の循環が削除されるだけの自然破壊になります


自然エネルギーを利用するために、大地の自然を破壊するとは皮肉なものですね


原発建設と稼動が、過疎地を永久にお金で溺れさせて、

地域の地力を奪い取ってしまうのに対して

太陽光発電は、直接的に土地の再利用や利用転化を不可能にしてしまう

その意味では、地域にお金を還元しない分、もっとたちが悪いと

いわざるを得ません

# by MUKUZAIKENKYU | 2014-11-02 10:18 | コラム 政治・経済・社会

福岡県遺族連合会の英断

昨日、福岡県遺族連合会が下した結論

「A級戦犯14名の靖国神社からの分祀を乞う」

この決断に、私は最大限の敬意を以て全面賛同します


靖国神社は、元々日本のために命を尽くした全ての人々に対して

鎮魂と感謝を捧げるために生まれた社だったはずでした


ところが日本が先の大東亜戦争で連合軍に敗北して

その結果、戦勝国による敗戦国の処断が行われました


そのためその正当性を問うというより

一種のリベンジの舞台となったのが「東京裁判」でした


そこで戦犯として刑をかけられた人々が多くいます


同じ敗戦国として、その後自立を果たしたドイツとは異なり

日本は東西に分断されることはありませんでしたが

それまで所有していた多くの領土を手放しました


占領軍が撤退して以来、天皇は靖国神社への参拝を欠かしませんでした

しかしその天皇の意思を確認することなく

A級戦犯として預かりになっていたものを

ひとりの宮司が勝手に靖国神社に合祀したため

コトは複雑になり、また諸々の利害が衝突する切っ掛けとなってしまった


そして天皇陛下は、それ以来靖国神社への参拝を中止しました

昭和天皇に限らず、今生天皇も然りです



時々見る光景ですが、靖国神社の境内は

まるで「右翼」と称する強面の連中のメッカになってしまった

実に閉鎖的な象徴的な神社です


私から言えば、これは異常以外の何ものでもない


神社は全日本国民に開かれた存在でなくてはならないはずです

ましてや日本人の生き死にに関わる象徴的な神社である靖国は

とりわけその使命を果たさなくてはならない存在でしょう


それを一部の利害のために閉鎖的で、

天皇陛下を愚弄したものであってはならないはずです


日本は、戦後占領された期間もあり

ちゃんと戦争の総括を自らの手で行ったことがありません

それをしっかりと遂行してから

あの「東京裁判」での戦犯指定を見直すことが順番というものでしょう


そのためには、まず靖国神社に合祀されているA級戦犯を

一旦以前と同じく「宮司預かり」として分祀する方向で

靖国神社を日本人のために解放すべきだと思います

一日も早く、天皇の靖国参拝が実現することを切に望みます

# by MUKUZAIKENKYU | 2014-10-28 12:07 | 倫理

憎悪が引き寄せるものは

憎悪が引き寄せるものは

敵意と暴力

孤独と無知

あらゆる非人間的な破壊です


日本では「在〇会」なる集団が

東京と大阪で、その通りの結果を惹き起こしています


マスコミにも由々しき問題があります

こういった憎悪の連鎖を断ち切るためにあるべきメディアが

逆に煽るような「他人事」報道を繰り返しているうちに

人々の心にはエモ知れぬ不穏な感情が植付けられていくからです


最近you tubeで見たものが、中国での動画でした

ウイグル族の、多分六七歳ぐらいの一人の子どもが

漢族の大人たちに囲まれて暴力を受けていました


男の子が泣き叫んでいるのに、誰も止めようともせず

ただ傍観していました


事の次第は分かりません。原因も分からないので

どうしてそうなったのか理解できないまま、動画は終わりました


しかしその光景は、まさに憎悪と暴力は

その子の心にしっかりと植え付けられたでしょう


子どもがいたずらをして迷惑をかけた後で

その当事者の大人たちから「仕置き」をされていたのかも知れません

しかし


弱い者いじめをする者は、どんな立派な言い訳があっても

絶対に正当化できない


悪意と卑怯で、狡猾な悪知恵を身に付けたところに

正義も生まれない 誰も救われない

そして自分がやった不正義は、やがて数倍になって

自分の身に戻ってくることを思い知る日が必ず来ます


まともな大人であれば、そんなことは常識で知っているものです

それを知らない 人生の無知という暗闇に生きていては

彼らにもいるはずの家族や子どもに

何を残し、伝えることができるしょうか?


憎悪や暴力、そして無知というものも

つながっていくことを忘れてはならないでしょう


そんな陰気なメッセージをバトンタッチされた次世代に

幸福が訪れることはありません

# by MUKUZAIKENKYU | 2014-10-27 16:55 | 倫理